S-TOOL
Photography: Loma Graphics/ Jani Mahkonem
Retouch: Loma Graphics/ Jani Mahkonen

INTERVIEW WITH VILLE LAIHIALA 【S-TOOL, SENTENCED, POISONBLACK】JAPAN TOUR 2018 SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH VILLE LAIHIALA OF S-TOOL !!

S-TOOL Photography: Loma Graphics/ Jani Mahkonem Retouch: Loma Graphics/ Jani Mahkonen
S-TOOL
Photography: Loma Graphics/ Jani Mahkonem
Retouch: Loma Graphics/ Jani Mahkonen

One Of The Best Singer In Finland, Ville Laihiala Talks About His New Band S-Tool, Upcoming Japan Tour, And Legendary Sentenced & Poisonblack !!

ABOUT VILLE LAIHIALA

SENTENCED で慟哭のノーザンメランコリックメタルを創成し、POISONBLACK でもより幅広い枠組みの中でその叙情を追求し続けて来た不世出のシンガー Ville Laihiala が、新たな旅路 S-TOOL で遂に日本へと帰還を果たします!POISONBLACK 以来8年振りとなるレジェンドの降臨は、かつてより硬質なエキサイトメントを誘うはずです。
変革は突然でした。1995年、IN FLAMES の “The Jester Race”、DARK TRANQUILLITY の “The Gallery”、AT THE GATES の “Slaughter of the Soul” と時を同じくして名盤 “Amok” を世に送り出し、メロディックデスメタルの骨格を形成した SENTENCED。しかし彼らがその領域へと留まったのはほんの僅かな期間のみでした。
EP “Love & Death” で変化の予兆を示したバンドは、デスボイスを廃し、新たに独特のダーティーボイスで悲壮を歌い紡ぐ Ville Laihiala を迎え入れる決断を下します。
振り返ってみれば、メインコンポーザー Miika Tenkula の音楽的ビジョンは “Amok” の時点から他のメロデスレジェンドに比べて一際洗練され拡散していたようにも思えます。そしてその天賦の才は Ville という漆黒の翼を得て、フィンランドの凍てつく空寂を縦横無尽に飛び翔ることとなりました。
1998年にリリースされた “Frozen” はバンドの全てが噛み合い理想が形象化したはじめての作品と言えるのかも知れませんね。
“The Suicider” が象徴するように、時にニヒルに、時にストレートに死や自殺をテーマとして扱う SENTENCED。シンプルでしかし印象深いギターメロディーに融和する悲嘆と失意の絶唱は、あまりに直情的に極寒の空気を切り裂きます。
ゴシックなイメージでアグレッシブに突き進む彼らの手法は恐らく HIM や NEGATIVE といった後続にも大きなインスピレーションを与えています。つまり SENTENCED はメロデスと並び二つのジャンルで先駆者の地位にある稀有な存在だと言えるでしょう。
同時に、勿論これはメタルですが Miika のメタルらしいリフワークから距離を置いたそのギターフィロソフィーには、確かにパンクやグランジの奔放なアティテュードも滲んでいますね。
赤盤 “Crimson” の “Killing Me Killing You” で図らずも耽美と絶望があまりに紙一重であることを証明して見せた後、SENTENCED は完璧なる傑作、メランコリーの洪水青盤 “The Cold White Light” を完成させます。やはりこのバンドが生み出すメロディーは衝撃的なまでに胸を抉ります。まさに絶頂期。しかしバンドの終焉も突然でした。
“暗闇で手を差し出すけど誰もいないんだ。なぜただ人生を生きるだけでこんなにも辛いんだろう。僕は絶望に駆られてそれでも必死で手を差し出すんだ。” (No One There)
永眠した SENTENCED についてはあまり触れたがらなかった Ville ですが、「僕はいつだって自分自身を表現したいと思っているし、その必要も感じているよ。自らの “ノイズ” と言葉でね。だから確かに時にはモチベーションを保つのに苦労することはあったんだよ。」 と語ってくれました。
解散後に立ち上げた POISONBLACK では、ギタリスト、コンポーザーとしてもその魅力を存分に発揮した Ville。恐らくは、クリエイティビティーを制限される SENTENCED での活動に限界を感じたのかも知れませんね。
とは言えバンドの墓標、自らを葬る “The Funeral Album” で回帰したラフ&メタリックな音像は “May Today Become The Day” や “Vengence Is Mine” が証明するように、充分に魅力的なものでした。そしてその悲哀を帯びた硬性は、近年の METALLICA や DISTURBED ともシンクロしながら確かに S-TOOL のデビュー作 “Tolerance 0″ にも引き継がれているのです。
今回弊誌では、Ville Laihiala にインタビューを行うことが出来ました。”No Reunion!!” 悲しいことに我々は病で Miika を失いました。当然です。どうぞ!!

517tIrf+EeL._SS500

INTERVIEW WITH VILLE LAIHIALA

2712_artist

Q1: Hi, Ville! Thanks a lot for giving us such a great opportunity. I’m so excited to have an interview with my metal hero. Anyway, S-Tool’s Japan Tour with Turisas is just announced! It’s first time in eight years for you to come to our country. How do you feel now? Have you decided set lists? Is there any possibility of playing Sentenced or Poisonblack songs?

【VILLE】: I`m fine, thanks for asking. Looking forward to come back to Japan and play. We are still rehearsing and playing all the songs, so the setlist is not decided yet but it will not contain any songs from those two bands. We play S-tool!

Q1: まずは S-TOOL の TURISAS, BEAST IN BLACK との日本ツアーが決定しましたね!あなたにとっては POISONBLACK 時代以来8年振りの来日となります。セットリストはもう決まりましたか?

【VILLE】: まずはインタビューをありがとう。日本に戻ってプレイすることを楽しみにしているよ。僕たちははまだリハーサルの最中で、アルバムの全ての楽曲をプレイしてみている段階なんだ。だからセットリストはまだ決めていないんだけど、SENTENCED や POISONBLACK の楽曲はやらないよ。僕たちは S-TOOL の楽曲をプレイするんだ!

Q2: So, last time you came to Japan was 2010, and it was with Poisonblack. Unfortunately, the band was broken up in 2015. What happened in the band at that time?

【VILLE】: The band came to its natural end for me. I did not have anything more to put into it so it was better to end it. It is full-on or not at all for me. But I remember really well that show in tokyo 2010, we had a blast. I know it will be great this time around too. We are full of energy and ready to spit it all out.

Q2: POISONBLACK は残念ながら2015年に解散してしまいましたが、バンドに何が起こったのでしょう?

【VILLE】: 僕にとってはとても自然な終焉だったんだ。もはや僕にはあのバンドに注げるものが何も無くなってしまったんだよ。だから POISONBLACK を終わらせるべきだと思ったんだ。僕にはバンドに全てを注ぐか、一切注がないかの選択しかないからね。
だけど、2010年の東京のライブはよく覚えているよ。本当に最高だったよね!今回も同様に素晴らしい夜になるはずさ。僕たちのエナジーは満タンだし、ぶちかます準備は出来ているよ。

Q3: In the same year, you started S-TOOL. Did you intended to get together with this member before Poisonblack was broken up? How did the band come to be?

【VILLE】: It all started more or less naturally, without rushing or forcing anything. I demoed something like 60 songs at home by myself and did not intent them to be on an album or be played with a band or anything. Just for myself. But those songs kinda started the fire again and as months went by I started to ask around for like-minded-people to maybe form a band with me and take this noise to the next level. It was actually Vesa Ranta who told me to call Aksu Hanttu, who is now the drummer of stool, when I was asking if he`d knew anyone to help me record an album and maybe even join the band I was forming. He was in somewhat immediately and through him we got Sami and Kimmo to join in. It all went so smoothly and naturally.

Q3: 同じ2015年に S-TOOL を立ち上げたことになりますね?

【VILLE】: このバンドも多かれ少なかれ自然に始まったと言えるだろうね。何を急ぐ訳でもなく、誰かに強いられることもなく。
僕は自宅で60曲ほど自分でデモを作っていたんだ。別にアルバムを作ったり、バンドでプレイするような意図もなくね。ただ自分のためだったんだよ。
だけどそういった楽曲がまた僕の心に火をつけてね。数ヶ月経つ頃には、気心の知れた周りの人にバンドをやらないかと尋ねるようになっていたんだ。この楽曲群ををネクストレベルに到達させようぜってね。
Vesa Ranta が Aksu Hanttu に電話をしたらと薦めてくれたんだよ。Aksu は勿論今では S-TOOL のドラマーなんだけどね。それで彼にも僕とアルバムをレコーディングしたり、バンドに入ってくれそうな人を尋ねてみたんだよ。彼はすぐに Sami と Kimmo を紹介してくれてバンドに加わることとなったんだ。全てはスムーズで自然に起こったんだよ。

Q4: Compared to your previous bands, S-TOOL is more straight-forward and more metal, sometimes I remind even Disturbed. But we can surely recognize your signature sounds like melancholy. Do you agree that?

【VILLE】: Yes, I agree that s-tool is more metal with a twist of oldschool thrash even but I still think that we do not sound-alike with those American bands you are referring to due to that Finnish melancholy in our music.

Q4: あなたの以前所属していたバンドに比べると S-TOOL はよりストレートなメタルらしさを備えていますよね?勿論あなたのトレードマークであるメランコリーも存在しますが、基本的には DISTURBED のようなアグレッシブなバンドを想起させますね。

【VILLE】: そうだね、同意するよ。S-TOOL はオールドスクールなスラッシュの感覚を持つよりメタルなバンドだよね。ただ、君が指摘したようなアメリカのバンドのようには聴こえないと思うんだ。それはまさに僕たちの音楽に存在するフィンランドのメランコリーのおかげでね。

Q5: The main songwriter of Sentenced was Miika and Sami. Off course, you also composed song like “Aika Multaa Muistot”, but not so many. In Poisonblack, you were guitar player at first and main composer. The fact made me seem you wanted to play guitar and compose more in the final period of Sentenced, right?

【VILLE】: I’ve always wanted and needed to express myself with my own noise and words. Sometimes I had to struggle to stay motivated indeed.

Q5: SENTENCED のメインコンポーザー/作詞家は Miika と Sami で、勿論あなたも “Aika Multaa Muistot” のような楽曲を制作はしましたが多くはありませんでした。一方、POISONBLACK で当初あなたはギタリストでメインコンポーザーでした。SENTENCED の終盤には、ある程度フラストレーションを感じていたのでしょうか?

【VILLE】: 僕はいつだって自分自身を表現したいと思っているし、その必要も感じているよ。自らの “ノイズ” と言葉でね。だから確かに時にはモチベーションを保つのに苦労することはあったんだよ。

Q6: When I first knew you was when you were the member of legendary Sentenced. Actually, “The Funeral Album” was one of my favorite record at that time. (and lt’s still favorite even now.) So, I was really sorry for that record became literary band’s funeral. Looking back now, why did Sentenced come to an end on that timing?

【VILLE】: I am sorry but I have said few years ago already that I am done talking about the end of sentenced and I am not going to start it again…

Q6: あなたをはじめて知ったのはSENTENCED でした。”The Funeral Album” は今でも私のフェイバリットレコードの一枚で、故に当時バンドの終幕は非常に残念でした。

【VILLE】: 申し訳ないけど、SENTENCED の終幕については数年前に語ってしまっているんだ。だからもうその話題にはあまり触れたくないんだよ…

cdceee72525737196329b4c33d631641

Q7: When I heard Miika was gone, I was really sad…Do you think all hopes about even one time reunion had gone with his passing?

【VILLE】: No Reunion!!

Q7: Miika の急逝は本当に悲しいニュースでした。SENTENCED の、例えば一夜限りの復活といった望みも絶たれたと言えますか?

【VILLE】: その通り、リユニオンはないよ!!

FIVE ALBUMS THAT CHANGED VILLE’S LIFE

METALLICA “RIDE THE LIGHTNING”

41S71EWF1ZL-3

KISS “DESTROYER”

220px-200px-Kiss_destroyer_album_cover

IRON MAIDEN “THE NUMBER OF THE BEAST”

220px-IronMaiden_NumberOfBeast

STONE “STONE”

Stone_debut_album_cover

SLAYER “REIGN IN BLOOD”

220px-Reign_in_blood-2

All of these albums are responsible for the passion and fire for music for me. They made me wanna pick up a guitar and learn how to play.

MESSAGE FOR JAPAN

Photography: Loma Graphics/ Jani Mahkonem Retouch: Loma Graphics/ Jani Mahkonen
Photography: Loma Graphics/ Jani Mahkonem
Retouch: Loma Graphics/ Jani Mahkonen

We’re coming to visit, check us out and we hope you’ll have a blast. See you at the shows!

S-TOOL で日本に行くよ。僕たちをチェックして楽しんでくれたらいいな。ライブで会おう!

VILLE LAIHIALA

961c5180091634c4723d4a0ca29f5cd5

SUOMI FEAST 2018 の詳細はこちら!! Evoken de Valhall PR
S-TOOL Facebook Page
S-TOOL Official Site
日本盤のご購入はこちら。王様ロック

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です