NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SPIRIT ADRIFT : DIVIDED BY DARKNESS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH NATE GARRETT OF SPIRIT ADRIFT !!

“There Is Nothing New Under The Sun. Pretty Much Everything In Rock Music Has Already Been Done. BUT I’m Providing My Own Interpretation Of The Things That I Love, So In That Way It Is New!”

DISC REVIEW “DIVIDED BY DARKNESS”

「SPIRIT ADRIFT は僕が音楽を書いている。GATECREEPER の音楽を書いているのは Chase と Eric だよ。つまり、僕が SPIRIT ADRIFT を運営し、Chase が GATECREEPER を運営しているんだ。」
2015年から、Nate Garrett は GATECREEPER と SPIRIT ADRIFT、二隻の船に乗船しています。そして、GATECREEPER がデスメタルの新たな地平を目的地とするのに対して、SPIRIT ADRIFT は Nate のカタルシス、すなわち、培った音楽的背景、溢れる感情、現代社会への想い、自らの成長、全てに舵を切っているのです。
「政府やメディアは僕ら全員にくだらないことで互いに争わせようとしているんだ。真の問題や崩壊したシステムから目を逸らさせるためにね。だから僕たちはヘイトや恐れ、分断を与えられている訳さ。”Divided By Darkness” はそういった策謀を、愛、知識、結愛、しかし必要ならば暴力的な革命で克服するストーリーなのさ。」
闇に分断される世界の分水嶺 “Divided By Darkness” に光明というコントラストを与えたのは、Nate 自らの内なる進化でした。現代社会の悪習、悪癖から距離を置き達成された4年間のソブライエティー、しらふ状態は Nate の自信と創造力を活性化し、皮肉にも近年世界を覆う不信感がテーマのレコードに光を注ぐ結果となったのです。
「ドゥームはいつも僕の血管に存在するよ。」総帥 BLACK SABBATH を筆頭に、SAINT VITUS, TROUBLE, PENTAGRAM, そして同郷ニューオリンズの誇り CROWBER まで、禍々しくも鈍重なドゥームの遺伝子は SPIRIT ADRIFT の根幹にして “Divided By Darkness” の文字通りダークサイドを司ります。
一方で、アリーナメタルの高揚感、メロディックメタルの旋律美、そしてプログロックの知性はアルバムの “愛、知識、結愛” を象徴しているのです。
「もはや新たに白日の下に晒されることはないよ。ロック音楽の本当に大部分はもう成されてしまっているからね。だけど僕は、自身の解釈を愛する音楽に加えているからね。だからある意味では新しいと言えるんだ!」
そう、Nate が SPIRIT ADRIFT において追求し、そのミステリアスな音の葉を斬新たらしめるものはクロスオーバーの個性と美学です。沈鬱で陰気な “Abyss” “深淵” に端を発し、Ozzy Osbourn のアリーナメタルや Tony Martin 時代の様式美サバスをイメージさせる “Angel” を呼び込む “Angel & Abyss” のコントラストには、Nate が解釈するロックの光と影が如実に投影されています。
それはロックやメタルに残された仄かな可能性なのかもしれません。賛美歌にも似た “Living Light” の荘厳は人生を照らす煌めき。さらにアルバムを締めくくるエピック “The Way of Return” では、BLACK SABBATH と PINK FLOYD, CROWBER と TANGERINE DREAM, そして MEGADETH と Roky Erickson といった、禁断でしかし魅惑の異種族間の交配が Nate の “パーソナリティーやスタイル” を基盤として行われ、”死んだ” と謳われるロックの先行きを灯台のような暖かい光で照らしているようにも思えるのです。
今回弊誌では、Nate Garrett にインタビューを行うことが出来ました。「僕は、過去に利用されてきた音楽の要素を取り入れ、それらを今までにない個性的な方法で組み合わせることによって、ユニークな何かが出来上がると感じているんだ。」その航路はきっと HAUNT や KHEMMIS とも交わるはずです。どうぞ!!

SPIRIT ADRIFT “DIVIDED BY DARKNESS” : 9.9/10

INTERVIEW WITH NATE GARRETT

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about the band and yourself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【NATE】: Spirit Adrift is an outlet for the music that I feel a deep desire to create. Jimi Hendrix made me want to play guitar. The first music I remember really connecting with was Jimi Hendrix, Lynyrd Skynyrd, and Credence Clearwater Revival. But when I heard Black Sabbath, it was a totally different feeling. I knew that I had found my purpose. Black Sabbath lead to Metallica, Slayer, Pantera, early Mastodon, EYEHATEGOD, Black Flag, Cro-Mags, Bad Brains, Death, Malevolent Creation, Neurosis, and from there even more extreme music. I’ve always loved all kinds of different music but I gravitate toward metal and old country music.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【NATE】: SPIRIT ADRIFT は僕が創造したいと深く願っていた音楽の捌け口なんだよ。Jimi Hendrix は僕にギターをプレイしたいと思わせてくれた。記憶にある最初の音楽との繋がりは、Jimi, LYNYRD SKYNYRD, CREDENCE CLEARWATER REVIVAL だったからね。だけど BLACK SABBATH を聴いて、完全に異なる感覚を感じたんだ。その時、僕は自分の目的を見つけたことを知ったんだ。
BLACK SABBATH は僕を METALLICA, SLAYER, PANTERA, 初期の MASTODON, EYEHATEGOD, BLACK FLAG, CRO-MAGOS, BAD BRAINS, DEATH, MALEVOLENT CREATION, NEUROSIS といったバンドへと導いてくれたね。そしてそこからさらによりエクストリームな音楽を掘り下げていったんだ。
僕はいつも異なる全てのジャンルを愛して来たんだけど、それでもメタルと昔のカントリーミュージックにはとりわけ惹きつけられたね。

Q2: It seems Spirit Adrift started as your solo project, right? But as time goes by, you invite some musicians to this project. How did the change happen?

【NATE】: Spirit Adrift did begin as a solo project. When I released the first album, I was asked to play Roadburn. I really wanted to do it so I put a live band together. The logistics didn’t work out that year, but hopefully we can actually play Roadburn sometime. Even though that didn’t happen, I am so grateful we were asked to play, because it gave me the push to put a proper band together. A lot of great things have happened since I decided to start playing live. It changed my life in a very positive way!

Q2: 仰るように、SPIRIT ADRIFT はあなたのソロプロジェクトとして始まりました。しかし徐々に他のミュージシャンを招くようになりましたよね?

【NATE】: そうだね。SPIRIT ADRIFT は僕のソロプロジェクトとして始まったんだ。ファーストアルバムをリリースすると、Roadburn でプレイしないかと誘われてね。どうしてもやりたかったから、ライブバンドを結成することにしたんだよ。結局、その年は実現しなかったんだけど、いつか Roadburn でプレイ出来たらいいね。
実現しなかったとは言え、あの打診にはとても感謝しているんだ。おかげで適切なバンドを結成するきっかけが出来たからね。ライブでプレイしようと決めてから、素晴らしいことが沢山起こっているんだよ。だから僕の人生をポジティブな方向へと変えてくれたよね!

Q3: You are also a member of Gatecreeper. Of course, there are musical difference between Spirit Adrift and Gatecreeper, but how do you manage both?

【NATE】: I write the Spirit Adrift music. Chase and Eric (other guitar player in Gatecreeper) write the Gatecreeper music. Of course Chase will contribute here and there to Spirit Adrift, and I will contribute here and there to Gatecreeper, but there is an obvious separation. I manage Spirit Adrift and Chase manages Gatecreeper. It keeps things running smooth. Also, both band have the same North American and European booking agents, so they are aware of scheduling and that sort of thing.

Q3: あなたは GATECREEPER のメンバーでもあります。もちろん、SPIRIT ADRIFT と音楽性は異なりますが。

【NATE】: SPIRIT ADRIFT は僕が音楽を書いている。GATECREEPER の音楽を書いているのは Chase と Eric だよ。もちろん、Chase は様々に SPIRIT ADRIFT に貢献してくれているし、僕も GATECREEPER に貢献するよ。(2人共両バンドに所属。) だけどそこには明確な線引きが存在するんだ。つまり、僕が SPIRIT ADRIFT を運営し、Chase が GATECREEPER を運営しているんだよ。
そうすることで、物事がスムーズに運ぶんだ。それに、両バンド共北米、ヨーロッパのエージェントが同じだからスケジュールや様々な問題も調整しやすいんだよ。

Q4: OK, let’s talk about your newest record “Divided By Darkness”. It seems you focused on hatred and fear in this modern society. Actually, I feel Internet and SNS is inevitable in our life now, but sometimes it grows our negative aspect, madness of our mind, right?

【NATE】: You’re totally right. There have always been forces that try to brainwash us. It’s easier now to brainwash the public than it has ever been. We are being fed bullshit 24 hours a day. Especially in the United States with our corporate-controlled media. Corporations control the media AND the government! It’s an evil system. They want us all to be fighting with each other over bullshit instead of recognizing the real problem and fixing our broken system. So we are fed hatred, fear, and division. Divided By Darkness is about overcoming that with love, wisdom, kindness, but violent revolution if necessary.

Q4: では、最新作 “Divided By Darkness” について話しましょう。アルバムは、現代社会の闇に焦点を当てていますね。
もちろん、SNS やインターネットは我々の生活にとってもはや不可欠な存在ですが、同時に人の心に潜む狂気やネガティブな思考を増長させる傾向にもありますよね?

【NATE】: 君は全く正しいよ。現代には常に洗脳に晒される危険が存在するんだ。大衆を洗脳するのは以前よりも簡単になっているんだよ。
僕たちは1日24時間常にクソみたいな情報を与えられ続けている。特にアメリカではコントロールされたメディアにね。つまりコントロールされたメディアと政府の謀略だよ!
これはとても邪悪なシステムさ。彼らは僕ら全員にくだらないことで互いに争わせようとしているんだ。真の問題や崩壊したシステムから目を逸らさせるためにね。だから僕たちはヘイトや恐れ、分断を与えられている訳さ。
“Divided By Darkness” はそういった策謀を、愛、知識、結愛、しかし必要ならば暴力的な革命で克服するストーリーなのさ。

Q5: Your previous record “Curse of Conception” was really well accepted. So, it seems there were heavy “Pressure” about making new record. How do you evolve as a person, as a musician?

【NATE】: There was definitely pressure for me to make a record that is better than the last one. I’m competitive with myself, not for other people. I wanted to prove to myself that I could do better. I practiced so much. I practiced guitar every day. I did vocal warmups and exercises every day. I quit smoking, quit nicotine entirely, started running all the time. I was completely obsessed with Divided By Darkness for over a year. Really, almost 2 years. Once the process started I was totally swept up in the creation of the album. It’s the only thing I thought about. When we were tracking the album, I was playing and singing for 10-12 hours a day in the studio. The whole process pushed the limits of what I’m capable of and I proved to myself that I can do anything I set my mind to. It’s a great feeling. It has given me so much confidence and happiness in myself.

Q5: 前作 “Curse of Conception” が非常に好評だっただけに、新作制作にあたり大きなプレッシャーもあったと思います。
故に、”Divided By Darkness” の完成度を見ればあなたが人として、ミュージシャンとして大きく成長を遂げたことが伝わります。

【NATE】: 前作より良いレコードを作らなければというプレッシャーは間違いなくあったね。他の人とではなく、自分自身と競う必要があったのさ。自分自身にもっと出来ることを証明したかったんだ。
練習も沢山積んだよ。ギターは毎日弾いていたし、ボーカルのウォームアップエクセサイズも毎日行ったね。タバコも止めたんだ。ニコチンを完全に絶って、ランニングを始めたんだよ。つまり1年以上、”Divided By Darkness” に取り憑かれていたんだよ。ほとんど2年だね。
プロセスが始まると、僕は完全にアルバムの制作に没頭したのさ。スタジオで1日に10~12時間は演奏して歌っていたね。プロセス全体が僕の可能性と限界を広げてくれ、おかげで僕は心に決めたことは何だって出来ると自分に証明することが出来たのさ。素晴らしい感覚だったよ。自信と幸福感を得ることが出来たね。

Q6: Spirit Adrift is tagged Doom, Of course, there is still DNA of Black Sabbath, St. Vitus, Trouble, Candlemass, Pentagram, but definitely “Divided By Darkness” is more diverse, more just “Metal” record, I think. Do you agree that?

【NATE】: I do agree. Doom will always be in my veins. Those bands you mentioned are some of my favorite bands. The music I grew up listening to is a part of who I am, and it will forever be imprinted in my sound. We get a lot of Crowbar comparisons too, which makes sense and is a wonderful compliment. It makes sense because I was obsessed with the New Orleans metal bands when I was a kid. I have my own style and I think it’s hard to put that style in just one genre. As I mentioned earlier, I love all kinds of different music, and it all has an impact on my own songwriting. That’s how you define your own style… you take everything you’ve learned and everything you love, and create something through your own perspective and experience.

Q6: SPIRIT ADRIFT にはドゥームのタグが付けられています。もちろん今でも BLACK SABBATH, SAINT VITUS, TROUBLE, CANDLEMASS, PENTAGRAM といったバンドの DNA は存在しますが、”Divided By Darkness” はもっと多様でただ “メタル” なレコードだと感じました。

【NATE】: 同意するよ。ドゥームはいつも僕の血管に存在するよ。君が挙げたバンドのいくつかは僕のフェイバリットバンドだしね。成長期に聴いていた音楽は自分の一部だし、それらは永遠に僕のサウンドへと表出しつづけるよ。
他にも、僕たちは CROWBAR ともよく比較されるんだけど、それも筋が通っているし素晴らしい比較なんだ。というのも、子供のころ僕はニューオリンズのメタルバンドにのめり込んでいたからね。つまり僕には確固とした自分のスタイルがあって、1つのジャンルにそのスタイルを押し込むのは難しいんだよ。さっきも言ったけど僕は様々に異なるジャンルを愛していて、そのどれもがソングライティングにインパクトを与えているんだ。
そうやってみんな自分のスタイルを築き上げていくものなんだよ。学んだこと、愛すること全てを取り入れ、自身の経験と見識を通して作品を作り上げるんだ。

Q7: I said just “Metal”, or Arena metal, because I remind Randy Rhoads from your guitar playing, especially “Angel & Abyss”. And regarding Sabbath, there are influences not only Ozzy era, but also Dio, and even Tony Martin era, I feel. I mean, you are not fanatic of original members of Black Sabbath, and have wide vision of music right?

【NATE】: Thank you! I love Randy Rhoads. Him and Dimebag Darrell were my two biggest inspirations for the solos on this album. I think that the original lineup of Black Sabbath has a magic and power that is very special. But the older I get, the more I love every incarnation of Black Sabbath. I can find something to appreciate about every album and every live lineup. I was watching some footage from Russia where the lineup is Tony Martin, Tony Iommi, and then the Whitesnake rhythm section of Cozy Powell and Neil Murray. That is an incredible band! Just incredible! The way Powell and Murray lock up and do all these subtle, cool things together is just amazing. So every lineup of Sabbath has its own magic. You can learn something from almost any band or type of music, even if it’s what NOT to do, haha.

Q7: 先程ただ “メタル” と言ったのは、”Angel & Abyss” は顕著ですが、あなたのギタープレイが時おり Randy Rhoads を想起させるからです。
それにサバスと言っても、Ozzy 時代だけではなく、Dio, そして Tony Martin 時代の感覚もありますからね。

【NATE】: ありがとう!僕は Randy Rhoads を愛しているんだ。実際、彼と Dimebag Darrell がこのアルバムにおけるソロプレイの二大インスピレーションなんだよ。
オリジナル BLACK SABBATH のマジックとパワーはとても特別だったよ。だけど年を取るに連れて、どの時代のサバスもより愛するようになったんだ。どのラインナップのどのアルバムにも賞賛すべき点を見つけることが出来るんだよ。
ロシアでのフッテージを見ていたんだけど、ラインナップは Tony Martin, Tony Iommi, それに WHITESNAKE のリズム隊 Cozy Powell と Neil Murray だったんだ。信じられないバンドだよ!ただ驚異的さ! Cozy と Neil が繋がってクールな連帯感を生み出す様はただ素晴らしいの一言だね。だから、サバスはどのラインナップも独自の魔法を持っていたんだよ。
どんなバンドやどんなタイプの音楽からも学べる点はあるはずさ。それがやってはいけないことであってもね。(笑)

Q8: Regarding diversity, “The Way of Return” is incredible. There is a vibe of prog rock like Pink Floyd, Uriah Heep, and even Tangerine Dream with Doom style. I mean, this is a proof of not just revival, but you are making something new, right?

【NATE】: Thank you! There is nothing new under the sun. Pretty much everything in rock music has already been done. BUT I’m providing my own interpretation of the things that I love, so in that way it is new! The only thing anyone can bring to the table at this point is their own personality and style, and that’s what I ‘m doing. Some of the specific parts in The Way Of Return have been done before… there is a really obvious tribute to Pink Floyd in there. However, no one has ever made a song that combines all of those elements in the way that I did. So by taking elements of music that have been utilized in the past, and combining them in a way that no one ever has, I feel that I made something unique. The ending riffs of that song to me are sort of like Megadeth and Roky Erickson at the same time, and I don’t think anyone has ever done that!

Q8: “The Way of Return” は驚異的ですね! PINK FLOYD や URIAH HEEP, TANGERINE DREAM 的なプログロックのヴァイブをドゥームと見事に融合させています。
バンドがただのリバイバルではなく、斬新さも追求している証明ですよね?

【NATE】: ありがとう!もはや新たに白日の下に晒されることはないよ。ロック音楽の本当に大部分はもう成されてしまっているからね。だけど僕は、自身の解釈を愛する音楽に加えているからね。だからある意味では新しいと言えるんだ!
今現在、ロックミュージックへ新たな要素をもたらせるとしたら、きっとそれは個人のパーソナリティーやスタイルで、僕はそれを実践しているのさ。
“The Way Of Return” のいくつか特定のパートは、明らかな PINK FLOYD へのトリビュートとなっているね。だけど、誰も僕のようなやり方で要素をミックスし楽曲を完成させることは出来ないはずだよ。
つまり僕は、過去に利用されてきた音楽の要素を取り入れ、それらを今までにない個性的な方法で組み合わせることによって、ユニークな何かが出来上がると感じているんだ。
僕にとってこの曲の最後のリフは、MEGADETH と Roky Erickson の融合だよ。そんなの今まで誰もやっていないでしょ?!

FIVE ALBUMS THAT CHANGED NATE’S LIFE

JIMI HENDRIX “ARE YOU EXPERIENCED?”

BLACK SABBATH “SABOTAGE”

DEATH “SPIRITUAL HEALING”

EYEHATEGOD “TAKE AS NEEDED FOR PAIN”

RWAKE “VOICES OF OMENS”

MESSAGE FOR JAPAN

From an outsider perspective, I think Japanese culture is so cool. I want to come play Japan more than anywhere else in the world. Hopefully we can make this happen soon. Thank you for the support and much love to the Japanese people! Arigatou!

外国人からみて、日本の文化はとてもクールだと思う。実際、僕は世界中のどこよりも日本でプレイしたいんだよ。出来れば近いうちに実現したいね。サポートをありがとう。日本の人たちに大きな愛を送るよ。ありがとう!

NATE GARRETT

SPIRIT ADRIFT Facebook Page
SPIRIT ADRIFT Official Site
20 BUCK SPIN Facebook Page
20 BUCK SPIN Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です