NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【CHELSEA WOLFE : BIRTH OF VIOLENCE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH CHELSEA WOLFE !!

“Gender Is Fluid, And There Is So Much Beauty In Making Space For All Kinds Of Voices In Music. It’s Happening, And It’s Amazing!”

DISC REVIEW “BIRTH OF VIOLENCE”

「昨年、私たちは沢山のツアーを行ったわ。8年ずっと続いてきたツアーに加えてね。だから休みを取って、スロウダウンし、自分自身の心、体、精神のケアを学びなさいと何かが語りかけてきたのよ。」
フォーク、ゴス、ポストパンク、インダストリアル、メタル…2010年、デビューアルバム “The Grime and the Glow” を世に放って以来、Chelsea Wolfe はジャンヌダルクの風姿で立ち止まることなく自らの音の葉を拡張し続けてきました。光と闇、激情と静謐の両極を司り進化を続けるカリフォルニアの歌姫は、しかし遂に安息を求めていました。
「私はただ自分の本能に従っているだけなのよ。そうして今の場所に辿り着いたの。」10年続いた旅の後、千里眼を湛えたスピリチュアルな音求者は、本能に従って彼女が “家” と呼ぶアコースティックフォークの領域へと帰り着いたのです。
Chelsea は最新作 “Birth of Violence” を “目覚め始めるレコード” と呼んでいます。
「批判を受けやすく挑戦的な作品だけど、私は成長して開花する時が来たと感じたのよ。」
ダークロックのゴシッククイーンとして確固たる地位を築き上げた Chelsea にとって、アコースティックフォークに深く見初められたアルバムへの回帰は確かに大胆な冒険に違いありません。ただし、批判それ以上に森閑寂然の世界の中に自らの哲学である二面性を刻み込むことこそ、彼女にとって真なる挑戦だったのです。
「私はいつも自分の中に息づく二面性を保持しているのよ。重厚な一面と衷心な一面ね。それで、みんながヘヴィーだとみなしているレコードにおいてでさえ、私は両者を表現しているの。」
逆もまた真なり。”The Mother Road” の暗静アメリカンフォークに醸造された強烈な嵐は、チェルノブイリの蜘蛛の巣をも薙ぎ払いダイナミズムの黒煙をもうもうとあげていきます。
“Little Grave” や “Perface to a Dream Play” のトラディションに蠢めく闇の嘶き。 PJ Harvey とゴスクイーンが手を取り合う “Be All Things”。何よりタイトルトラック “Birth of Violence” の平穏なるプライドに潜む、咽び叫ぶ非業の祈り。そうして作曲パートナー Ben Chisholm のアレンジとエレクトロの魔法が闇と光の二進法を優しく解き放っていくのです。
アルバムに根ざした仄暗く重厚な影の形は、世界を覆う不合理とピッタリ符合します。無垢なる子供の生まで奪い去る銃乱射の不合理、平穏な暮らしを奪い去る環境の牙の不合理、そしてその生い立ちのみで差別を受ける不合理。結局その起因はどこにあるのでしょう。
ただし変革を起こすのもまた人間です。”目覚め始めるレコード” において鍵となるのは女性の力です。
「そろそろ白か黒か以外の考え方を受け入れるべき時よ。”ジェンダー” の概念は流動的なの。そして全ての種類の声を音楽にもたらすことで沢山の美しさが生まれるのよ。今まさにその波が押し寄せているの!素晴らしいわ!」
長い間会員制の “ボーイズクラブ” だったロックの舞台が女性をはじめとした様々な層へと解放され始めている。その事実は、ある種孤高の存在として10年シーンを牽引し続けた女王の魂を喚起しインスピレーションの湖をもたらすこととなったのです。
安息の場所から目覚める新たな時代。今回弊誌では Chelsea Wolfe に2度目のインタビューを行うことが出来ました。「私の古い辞書で “Violence” とはある一つの意味だったわ。”感情の力” という意味ね。私はそれと繋がって、自らの力に目覚める人間を思い描いたの。特に力に目覚める女性をね。」 日本盤は世界に先駆け9/11に Daymare Recordings からリリース!どうぞ!!

CHELSEA WOLFE “BIRTH OF VIOLENCE” : 9.9/10

INTERVIEW WITH CHELSEA WOLFE

Q1: In our last interview about “Hiss Spun”, you said “This is a heavy record, and I wanted to write some rock songs with Jess”. But this time, you’ll release an acoustic record “Birth of Violence”. It seems this change of direction is kind of counter about “Hiss Spun”. How about that?

【CHELSEA】: To be honest, I can’t always explain the direction of my music, I simply follow my instincts, and doing so has led me to this point in my career. We toured a ton last year, and that was on top of about 8 years of consistent touring, so there was something whispering and nagging me to take a moment, slow down, learn to take care of myself in mind, body, and spirit. I was beginning to feel tired physically, and drained spiritually. I had also begun writing acoustic songs while I was home for a moment, or while strumming my acoustic guitar in the back of the bus on tour, and wanted to find home and get those songs recorded.

Q1: 前回 “Hiss Spun” のインタビューであなたは、「これはヘヴィーなレコードよ。Jess とロックした曲を書きたかったの。」 と仰いましたが、今回の “Birth of Violence” はアコースティックな作品に仕上がりましたね?

【CHELSEA】: 正直に言うけど、私はいつも自分の音楽の方向性を上手く説明できないのよ。私はただ自分の本能に従っているだけなのよ。そうすることで、私のキャリアにおいて今の場所に辿り着いたの。
昨年、私たちは沢山のツアーを行ったわ。8年ずっと続いてきたツアーに加えてね。だから、休みを取って、スロウダウンし、自分自身の心、体、精神のケアを学びなさいと何かが語りかけてきたのよ。私は身体的に疲れ始めていたし、精神力を吸い取られているように感じていたわ。
気がつけば、しばらく家にいる時はアコースティックな楽曲を書き始めていたわ。ツアーの間はバスの後部座席でアコギをかき鳴らしてしたの。安息の地を見つけて、アコースティックの楽曲をレコーディングしたいと思いながらね。

Q2: Compared with “rock style”, we can appreciate your raw, organic performance in this new acoustic record. What is “To rid of rock ornaments” to you?

【CHELSEA】: I have always had both sides living within me: the heavy and the intimate, and I express them even within a record everyone sees as heavy. For example Abyss had “Crazy Love” and Hiss Spun had “Two Spirit” and “Twin Fawn.” But I also think heavy can be intimate, and acoustic folk music can be heavy. I love to play with genres and within genres, and I love to parallel and contrast sounds and moods that don’t typically go together.

Q2: 今回のアコースティック作品 “Birth of Violence” では、これまでの “ロックスタイル” と比較して生々しく、オーガニックなパフォーマンスが堪能出来ますね。”装飾” を極力取り除いたとも表現出来そうですが?

【CHELSEA】: 私はいつも自分の中に息づく二面性を保持しているのよ。重厚な一面と衷心な一面ね。それで、みんながヘヴィーだとみなしているレコードにおいてでさえ、私は両者を表現しているの。
例えば、”Abyss” には “Crazy Love” が収録されていたし、”Hiss Spun” には “Two Spirit” や “Twin Fawn” があったわよね。ただ、重厚は衷心と繋がり得ると私は考えているの。逆に言えば、アコースティックのフォークミュージックだってヘヴィーになり得るのよ。
私はジャンルを股にかけてプレイするのが大好きなの。それに平素なら一緒にならないような、平行と対比のサウンドやムードを合わせるのもね。

Q3: But on the other hands, your partner Ben Chisholm added really nice atmosphere and arrangement. What’s your perspective about his arrangement this time?

【CHELSEA】: We’ve been collaborating such a long time now that our musical landscapes come together quite naturally. For this record, I wrote all of the songs to be able to be played simply as acoustic guitar and voice, but as the recording progressed, the production Ben (Chisholm) was doing became these meadows and mountains around the cabin of the songs I had written. It really felt like he gave my songs a place to live.

Q3: 確かに、”Birth of Violence” はアコースティック作品ですが、作曲パートナーの Ben Chisholm が素晴らしいアトモスフィアとアレンジメントを加えていますね?

【CHELSEA】: 私たちはとても長い間コラボレートしてきているから、実に自然に音楽的な風景が重なるの。
このレコードのために、私は全ての楽曲をシンプルにアコースティックギターと声だけで表現出来るように書いたんだけど、レコーディングが進むに連れて Ben はその楽曲という小屋の周りに草原や山脈を作りあげたのよ。本当に、彼が私の楽曲に生きる場所を与えてくれたように感じたわ。

Q4: In the climax of title track, “Birth of Violence”, you sing like whisper in really high note. I feel it’s the most emotional voice in 21 century, haha. But what made you sing like that?

【CHELSEA】: The way I sing is very driven by the subject of the song, in an almost feral way – I follow what’s coming out of me naturally and build on that. For “Little Grave,” a song about a child who dies in a school shooting, my voice came out very gentle and quiet. For “Birth of Violence,” most of that song is very confident and like, “fuck you, I know what I want and who I am, back off” – but the ending is a very vulnerable longing, like in actuality you really need this person; you’re really deep in love with them and don’t want to lose them: “baby, you’re the only one.”.

Q4: タイトルトラック “Birth of Violence” のクライマックスで、あなたが聴かせるハイノートで囁くようなボーカルは実にエモーショナルですね!

【CHELSEA】: 私の歌い方は、楽曲の主題にとても左右されるの。ほとんど野生的とも言えるやり方なんだけど…私の中から自然に出てきたものに従い、構築するの。
“Little Grave” は学校で起きた銃乱射で犠牲となった子供についての楽曲なんだけど、だからこそ私の声はとても優しく静かなのよ。
“Birth of Violence” は大半はとても自信に満ちていて 「ファックユー!私は自分の欲しいものが分かっているし、私が誰なのかも分かっているの。お構いなく!」って感じなの。だけどエンディングではとても傷ついて祈っているのよ。本当に必要な人がいて、その人に深く深く恋しているの。絶対に失いたくないってね。「あなたこそがオンリーワンなの。」

Q5: “American Darkness” is typically, it seems “Birth of Violence” reflects the recent events in the world. What’s the meaning behind the title “Birth of Violence”?

【CHELSEA】: Well, the world is obsessed with violence, but I can barely stand it. I don’t watch horror films and I cry watching the news – I’m very sensitive. But in my old dictionary, the word “violence” had one definition: “strength of emotion.” I felt connected to that and it made me think of a person stepping into their own power; women stepping into their power. The cover photo evokes Joan of Arc and witchcraft, which is very much into following the cycles of Mother Nature. Mother Nature can be violent in her own way, you know?

Q5: 先程、銃乱射の話が出ましたね。”American Darkness” は典型的ですが、アメリカや世界に蔓延する暗い部分、”暴力” に対峙した作品にも思えます。

【CHELSEA】: そうね、世界は暴力に取り憑かれているわ。私はもう我慢出来ないのよ。私はホラー映画は見ないし、ニュースを見ただけで泣いてしまうくらいとても敏感なの。
だけど私の古い辞書で “Violence” とはある一つの意味だったわ。”感情の力” という意味ね。私はそれと繋がって、自らの力に目覚める人間を思い描いたの。特に力に目覚める女性をね。
このアルバムのアートワークはジャンヌダルク (力で正義を勝ちとろうとした) と魔術を想起させるわ。そしてそれは母なる自然のサイクルに通じているの。なぜなら母なる自然は時に自らのやり方で暴力的になるでしょ?

Q6: Regarding recent events, there has been new wave of women power in the world. What’s the difference between the past and now about living in rock world as a woman?

【CHELSEA】: I’ve seen and felt the wave coming for a long time now. And this is barely the beginning, it’s so cool. There’s room for all of us. And it’s time for acceptance of the non-binary as well. Gender is fluid, and there is so much beauty in making space for all kinds of voices in music. It’s happening, and it’s amazing! I see older bands shifting in their language and opening up to having women on tours that are usually a boys club.

Q6: “女性の力” について言及されましたが、ロックの世界においても新たな女性の波が押し寄せているように感じます。

【CHELSEA】: ずっと長い間、私は女性の波が押し寄せるのを見て感じて来たわ。そうして今の状況も始まりにすぎないの。それってとてもクールよね。私たち全員にまだまだ開拓の余地があるのよ。
それにそろそろ白か黒か以外の考え方を受け入れるべき時よ。”ジェンダー” の概念は流動的なの。そして全ての種類の声を音楽にもたらすことで沢山の美しさが生まれるのよ。今まさにその波が押し寄せているの!素晴らしいわ!
だから最近ではベテランのバンドが考え方を変えて、女性をツアーに帯同するようになっているわね。元々は “ボーイスクラブ” だったのにね。

Q7: Could you please tell us about acoustic, folk, traditional musical backgrounds reflected in “Birth of Violence”?

【CHELSEA】: Well, I was very inspired by the American tradition of country, folk and blues for sure. It’s what I was raised on. My father had a country band while I was growing up called El Dorado with my step-mother, so I grew up watching them play shows and open for bigger country acts like Tanya Tucker. But at home I was introduced to Fleetwood Mac, Johnny Cash, Townes Van Zandt. As I grew up I got into Loretta Lynn, Joan Baez, Abner Jay, Roy Orbison. I can feel all of their influence in my own music.

Q7: “Birth of Violence” に反映された、あなたのアコースティックフォーク、トラディショナルミュージックのバックグラウンドについて話していただけますか?

【CHELSEA】: そうね、私はアメリカの伝統的な音楽にとてもインスパイアされているわ。カントリー、フォーク、それにもちろんブルースもね。そういった音楽を聴いて育ったのよ。
子供の頃、父は私の義理の母と EL DORADO ってカントリーバンドをやっていたわ。だから彼らがライブをやったり、Tanya Tucker みたいなビッグアクトの前座を務めるのを見て育ったのよ。だけど家では、FLEETWOOD MAC, Johnny Cash, Townes Van Zandt なんかを教えてもらっていたわね。
歳を取るに連れて、Loretta Lynn, Joan Baez, Abner Jay, Roy Orbison といったアーティストにのめり込んでいったわ。そして彼ら全ての影響を自分の音楽に取り入れているの。

Q8: So now, you are hard to pin down with elements of folk, goth, post-punk, industrial, metal and more. What do you think about your new destination?

【CHELSEA】: I feel like this album marks a new era for me. I say Birth of Violence is a “record of the beginning of an awakening.” So it feels vulnerable and challenging but like it’s time for me to bloom and grow. The heavy and the soft has always and will always exist in my art as a push-and-pull, and as I said before, I’m just following my instincts.

Q8: フォーク、ゴス、ポストパンク、インダストリアル、メタルなどあなたの音楽性はもはや一箇所に留まることはなさそうですね?

【CHELSEA】: 私はこのアルバムが自分にとって新たな時代の始まりだと感じているのよ。私は “Birth of Violence” を “目覚め始めるレコード” と呼んでいるの。つまり、批判を受けやすく挑戦的な作品だけど、私は成長して開花する時が来たと感じたのよ。
ヘヴィーとソフトの対比は私のアートにこれまでもこれからも存在するわ。そして私はただ本能に従い続けるの。

CHELSEA’S RECENT FAVORITE FIVE ALBUMS

NICO “REIMS CATHEDRAL DECEMBER 13 1974”

NEUROSIS “A SUN THAT NEVER SETS”

TOWNES VAN ZANDT “DELTA MOMMA BLUES”

THE SMASHING PUMPKINS “RARITIES AND B-SIDE”

NEKO CASE “HELL-ON”

MESSAGE FOR JAPAN

photo by Ben Chisholm

I really hope I get to come back and play some shows in your wonderful country again soon! Much love.

すぐにまたあなたたちの素晴らしい国へと戻ってショウを行いたいと切に願うわ。沢山の愛を込めて。

CHELSEA WOLFE

CHELSEA WOLFE Facebook Page
CHELSEA WOLFE Official Site
SARGENT HOUSE Official Site
日本盤のご購入はこちら。DAYMARE RECORDINGS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です