NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【PURE REASON REVOLUTION : EUPNEA】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH JON COURTNEY OF PURE REASON REVOLUTION !!

“First Time Labelled “Prog Rock” I Think We Were a Little Surprised. For Us It Was Mix Of Grunge, Fleetwood Mac Vox, Floyd, Massive Attack & DJ Shadow. So To Get Labelled With What Was Just a Small Section Of The Influences Felt a Little Odd. Now We’re Proud To Be Progressive.”

DISC REVIEW “EUPNEA”

「間違いなく、男女混成ボーカルは僕たちにとって鍵となる要素だし、このハーモニーが他のバンドと僕たちを区別化しているとさえ思うよ。おそらく、このスタイルを取るバンドは増えていくと思うよ。」
純粋な理性を革命に導くプログレッシブな哲音家 PURE REASON REVOLUTION は、めくるめく陰極陽極のハーモニーで沈んだ世界を緩やかに溶かします。
「最初にプログロックのラベルを貼られた時、僕たちは少し驚いたんだ。僕たちにとって当時の自らの音楽は、グランジ、FLEETWOOD MAC のボーカル、PINK FLOYD, MASSIVE ATTACK, DJ SHADOW をミックスしたものだったから。だからそんな影響の中からとても小さな部分だけを切り取って、プログロックとレッテルを貼られることは少し奇妙な感じがしたんだよ。まあ、今はプログレッシブのラベルを誇りに思っているけどね。」
PORCUPINE TREE や COHEED AND CAMBRIA を導火線にプログレッシブの新たなビッグバンが勃発した00年代。PURE REASON REVOLUTION が放ったデビュー作 “The Dark Third” の鮮烈さは明らかに群を抜いていました。
グランジオルタナティブの遺伝子を纏いながら、電子のレンズを通して映すPINK FLOYD のサイケデリック。さらにそこには、極上のフックとハーモニーが添えられていたのです。仮にモダンプログレッシブが、勃興したモダンなジャンルの音の葉を取り込む多様性の万華鏡だとしたら、まさに PURE REASON REVOLUTION こそがアプレゲールの象徴だと言えました。
「間違いなくデビュー作 “The Dark Third” と近い場所にあるけれど、同時に他の2作からも切り取ったような部分があるよね。だから、願わくば “Eupnea” が僕たちのデビュー作を少し思い返させながら、進化したようにも思えるサウンドであれば良いね。」
2010年の “Hammer and Anvil” 以来実に10年ぶりの復活作となった “Eupnea” はバンドの集大成にして出発点なのかもしれませんね。アルバムは “New Obsession” の緩やかな電子パルスでその幕を開けます。徐々に顕となる音建築、バンドの過去と未来を繋ぐ架け橋。
スペーシーでダークなエレクトロの波動を発端に、流動するギターのクランチサウンドとポップなハーモニー。そうして PRR は全ての出発点へと回帰しながら、シネマティックな “Hammer and Anvil”、ダークなシンセウェーブ “Amor Vincit Omnia” の情景を重ね、さらにサウンドの幅を広げていくのです。
ポストロックにも通じるアトモスフィアを主戦場としていた PRR ですが、プログのラベルに誇りを感じているの言葉通り、”Ghosts & Typhoons” では難解でアグレッシブなギタードライブ、BRING ME THE HORIZON のスピリットまで披露。一方で、SMASHING PUMPKINS の哲学を宿す “Maelstorm” や 7/4の魔法 “Beyond Our Bodies” ではさらにメロディーの流麗に磨きをかけてレコードの対比を鮮明にしていきます。
そうしてアルバムは、真の感情的ジェットコースター、13分のタイトルトラック “Eupnea” で PORCUPINE TREE や ANATHEMA に寄り添いながら、時代の激動と愛娘の吐息を遠近法で描写して幕を閉じるのです。
今回弊誌では、ボーカル/マルチ奏者 Jon Courtney にインタビューを行うことができました。「男女混成のハーモニーは、FLEETWOOD MAC, CSNY, THE BEACH BOYS からの影響だね。僕たちのメロディーは常に THE BEACH BOYS から本当に強力な影響を受け続けている。Brian Wilson こそがメロディーの王様さ。」どうぞ!!

PURE REASON REVOLUTION “EUPNEA” : 9.9/10

INTERVIEW WITH JON COURTNEY

Q1: 1. First of all, it’s really hard time now due to corona virus, especially musical industry. As a musician, and as a person, how do you spend your corona crisis days?

【JON】: It is a very difficult time with lots of gig cancellations etc plus I’ve had recording plans cancelled. I was meant to be heading to Portland Oregon end of April. At the moment I’m cycling to the studio each day & beginning new album demos. I’m very grateful we don’t have a complete lockdown here in Berlin.

Q1: コロナウイルスが世界を脅かし、特に音楽産業にとっては厳しい局面です。まず、ミュージシャンとして、1人の人間として、このコロナ危機をどのように過ごしているのか教えていただけますか?

【JON】: たくさんのライブ、さらに僕が計画していたレコーディングもキャンセルされてしまった。たしかにとても困難な時だよね。僕は4月の終わりにオレゴンのポートランドへ向かう予定だよ。
現在は、スタジオまで毎日自転車で通って、新作のデモを作り始めているところさ。ここベルリンは完全にロックダウンされているわけじゃないから、本当に良かったよ。

Q2: It seems your band name, Pure Reason Revolution is kind of homage of “Critique of Purereason” by Kant, right? What inspired you by his philosophy?

【JON】: I Looked at Kant (only fleetingly) for my university thesis. I looked at whether Brian Wilson was a genius or not. We stole the “Pure Reason” from Kant, the “Revolution” was symbolic to us, it represented new & exciting music creation. It was revolutionary music to us working away on demos in London back in 2002.

Q2: PURE REASON REVOLUTION というバンド名は、カントの著書 “純粋理性批判 (Critique of Purereason)” へのオマージュだそうですね?

【JON】: 僕はは大学の論文のためにカントをほんの少しの間だけ読んでいたんだ。その論文で Brian Wilson (THE BEACH BOYS) が天才かどうかを調べていたんだ。
たしかに僕たちはカントから “Pure Reason” を盗んだね。そして “Revolution” は僕たちの象徴であり、新しくて刺激的な音楽の創造を表しているんだよ。2002年にロンドンでデモに取り組んでいた僕たちの音楽は、自らにとっても革命的だったんだよ。

Q3: In your early days, definitely you were inspired a lot by grunge bands like Nirvana. But also, for example “The Bright Ambassadors of Morning” was taken by Pink Floyd’s “Echoes”, psychedelic rock was big inspiration for you, I feel. When you were labeled “Prog rock” at that time, did you feel uncomfortable somehow?

【JON】: Grunge was indeed my first obsession. My brother had borrowed a VHS of the 1991 MTV awards. I saw Nirvana take the stage & play Lithium & I just couldn’t believe it! The power of the music, how new it sounded, how cool Kurt Cobain was. From that moment I knew I had to do music. Pink Floyd grew on me & it was a record my dad always played. I struggled with the 70’s production to begin with, but then got past that.
First time labelled “prog rock” I think we were a little surprised. For us it was mix of grunge, Fleetwood mac vox, Floyd, massive attack & DJ shadow. So to get labelled with what was just a small section of the influences felt a little odd. Now we’re proud to be progressive.

Q3: PRR がシーンに登場した時、明らかに NIRVANA のようなグランジと PINK FLOYD 由来のサイケデリックをインスピレーションの源としながら、一律にプログロックのラベルを貼られたことに違和感は感じませんでしたか?

【JON】: 実際、グランジは僕が最初に取り憑かれた音楽だったね。兄が1991年の MTV アワードの VHS を借りてきてね。NIRVANA が “Lithium” をプレイするのを見てぶっ飛んだよ!あれこそがまさに音楽の力で、サウンドは実に新しく、Kurt Cobain は最高にクールだったんだ。その時、僕は音楽をやらなきゃって悟ったんだよ。
PINK FLOYD は僕を育ててくれたようなものさ。”The Bright Ambassadors of Morning” のタイトルを拝借した “Echoes” が収録されていた “Meddle” は父がいつも聴いていたレコードだった。最初は70年代の音質に手を焼いたけど、じきに慣れたね。
最初にプログロックのラベルを貼られた時、僕たちは少し驚いたんだ。僕たちにとって当時の自らの音楽は、グランジ、FLEETWOOD MAC のボーカル、PINK FLOYD, MASSIVE ATTACK, DJ SHADOW をミックスしたものだったから。
だからそんな影響の中からとても小さな部分だけを切り取って、プログロックとレッテルを貼られることは少し奇妙な感じがしたんだよ。まあ、今はプログレッシブのラベルを誇りに思っているけどね。

Q4: Also, Justice is typically, electronic music plays important roll in your music. It’s really surprising you were working DJ in club events. Do you think EDM is sometimes more adventurous than rock music?

【JON】: I really got into the Ed Banger scene from Paris in 2005. I think Justice are brilliant.
It was around 2005 I was DJing a lot, not so much now & I’m quite out of touch with that scene. PRR has a bunch of Electronic influences, from Massive attack to Kraftwerk, to DJ shadow to Justice, from Air to Gesaffelstein. I often reference EDM for certain sounds, that we can pilfer & incorporate into PRR.

Q4: クラブイベントなどで DJ のお仕事もされているようですが、JUSTICE のようなエレクトロミュージックからも大きなインスピレーションを得ていますよね? EDM はあなたにとって時にロックよりも冒険的な音楽ですか?

【JON】: 2005年に僕は、パリの Ed Banger Records のシーンにどっぷりとハマっていたんだよ。JUSTICE は素晴らしいね。
当時僕は何度も DJ をやっていたんだけど、今はそれほどでもないね。あのシーンからも距離を置いているんだ。でもたしかに PRR はエレクトロニックミュージックから山ほど影響を受けているよ。MASSIVE ATTACK, KRAFTWERK, DJ SHADOW, JUSTICE, AIR, GESAFFELSTEIN などからね。
時々は EDMを参考にしているよ。PRRに組み込むことができるようなサウンドをね。

Q5: About a decade has passed, you returned with incredible new record “Eupnea”. Firstly, what made you come back in this timing from Berlin??

【JON】: We’re still a rather unknown band & we don’t get big live fees. Things have to work on a practical level: Chloe Is in in London & I’m in Berlin. Rehearing in London was super expensive & Berlin much cheaper, so we chose Berlin & musicians from Berlin.

Q5: 素晴らしき最新作 “Eupnea” は10年ぶりのレコードとなりましたね。今ではベルリンが拠点のようですが?

【JON】: 僕たちは今でもあまり知られていないバンドで、ライブを行っても大きな収入を得ることはできないんだ。だから現実的な体制で仕事をしていく必要があるね。
Chloe はロンドンに住んでいて、僕はベルリンだ。ロンドンでリハーサルを行うのはとても高くつくんだ。ベルリンなら安く済ませられる。だから2人でベルリンに集まって、ここのミュージシャンを使うことにしたんだよ。

Q6: While “Eupnea” sounds more like the band’s debut, it also pushes boundaries and genres to their limits, with echoing The cinematic soundscapes of “Hammer and Anvil” a The dark atmosphere and synths of “Amor Vincit Omnia”, do you agree that? What was the most challenging moment in “Eupnea”?

【JON】: Yes I agree, it definitely sits closest to the DT but also has slices of similarities from the other two as well. Hopefully it harks back to our debut a little, but also sounds considerably evolved.

Q6: “Eupnea” はデビューアルバムの雰囲気にある程度回帰しながら、シネマティックな “Hammer and Anvil”、ダークなシンセウェーブ “Amor Vincit Omnia” の情景を重ねてさらにサウンドの幅を広げていますよね?

【JON】: うん、そう思うよ。間違いなくデビュー作 “The Dark Third” と近い場所にあるけれど、同時に他の2作からも切り取ったような部分があるよね。
だから、願わくば “Eupnea” が僕たちのデビュー作を少し思い返させながら、進化したようにも思えるサウンドであれば良いね。

Q7: I really love ethereal harmony between Chloe and Jon. And I feel this is the most melodic record in your works. Do you want male & female vocal band will increase in the scene near future?

【JON】: This is definitely one of our key signatures & I think something that sets us apart from others. This blend of male & female vocal is something that will always be prevalent with PRR. Perhaps there will be more artists & bands going for this style, but we’ll always be the best. Ha! The harmony influence comes from acts like Fleetwood Mac, CSNY & The beach boys. The melodic side in general also has a heavy influence from the Beach Boys. Brain Wilson is the melody king.

Q7: バンド史上最もメロディックなレコードに仕上がったとも感じています。Chloe と Jon のエセリアルなボーカルハーモニーは極上ですね!あなたたちのような男女混成ボーカルが今後増えていって欲しいですね。

【JON】: 間違いなく、僕たちにとって鍵となる要素だし、このハーモニーが他のバンドと僕たちを区別化しているとさえ思うよ。この男女混成ボーカルはきっとずっと僕たちの中にあり続けるだろうな。
おそらく、このスタイルを取るバンドは増えていくと思うよ。だけど、僕たちがいつまでも最高さ!(笑) このハーモニーは、FLEETWOOD MAC, CSNY, THE BEACH BOYS からの影響だね。僕たちのメロディーは常に THE BEACH BOYS から本当に強力な影響を受け続けている。Brian Wilson こそがメロディーの王様さ。

Q8: Is there any concept or lyrical themes in “Eupnea”? Is the impressive artwork reflects the lyrical themes?

【JON】: “Eupnea” means normal unlaboured breathing or quiet breathing. It’s what we’re doing now, breathing without volition, it’s just happening. It’s a medical term we heard while in hospital.
When my daughter was born at 32 weeks, weighing just 3 pounds (your average bag of sugar!), she couldn’t breathe properly, her lungs hadn’t yet formed or sprung into action. We were fleetingly in high dependency, before being transferred to intensive care. Here we stayed for a few weeks.
Most of Eupnea’s lyrical content comes from this turbulent time – a real emotional rollercoaster.
One evening when in hospital with my daughter a nurse said, „she’s tiny but strong like a little lion“…that night I got home late, after sitting next to her incubator & saw online this painting by my friend Jill Doherty. I felt it was a lion breathing and it really connected with me. As musical material progressed I asked Jill if I could use it. I adore the painting & the skill involved with it too. Jessie is now a healthy 2-year-old, haha.

Q8: “Eupnea” にはどのような哲学が潜んでいるのでしょうか?

【JON】: “Eupnea” とは、通常の状態での呼吸または静かな呼吸を意味する言葉だよ。まさに僕たちが今自然とやっていることで、意志のない呼吸で、ただ無意識に続いているんだ。病院で耳にした医学用語なんだけどね。
僕の娘は32週で生まれ、体重がわずか3ポンド(平均的な砂糖の袋くらいだよ!)だったから、彼女は適切に呼吸できず、肺がまだ形成されていなかったか、活動していなかったんだ。私たちは集中治療に移される前は、高依存性ユニットに頼っていたくらいでね。数週間集中治療室に滞在したよ。
“Eupunea” の歌詞の内容はほとんど、この激動の時代、つまり真の感情的なジェットコースターを投影しているよ。
ある晩、娘と一緒に病院にいるとき看護師はこう言ったんだ。「彼女は小さいけど、小さなライオンのように強い」とね…。その夜、僕は彼女のインキュベーターの隣に座って友人の Jill Doherty によるアートをオンラインで見た後、遅くに帰宅したんだ。あの絵はまさにライオンの呼吸であると感じたから、僕と完全に繋がったね。
レコードの制作が進んで行く中で、Jill にあの絵を使用できるかどうか尋ねたんだ。スキルも最高だよね。娘の Jessie は今、2歳でとても健康だよ (笑)

FIVE ALBUMS THAT CHANGED JON’S LIFE

NIRVANA “NEVERMIND”

PINK FLOYD “THE DARK SIDE OF THE MOON”

SMASING PUMPKINS “SIAMESE DREAM”

THE BEACH BOYS “PET SOUNDS”

THE CHEMICAL BROTHERS “EXIT PLANET DUST”

MESSAGE FOR JAPAN

Just a question: please can we come & play in your wonderful country?

質問なんだけど、僕たちを君たちの素晴らしい国に呼んでくれないかい?

JON COURTNEY

PURE REASON REVOLUTION Facebook
INSIDE OUT MUSIC

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です