NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【DHARMA (達磨樂隊) : BHAISAJYAGURU】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH JACK OF DHARMA 達磨樂隊 !!

“Chthonic Uses Political Music To Let The World Know Taiwan, We Want To Change The World With Faith.”

WHEN MANTRA MEETS METAL

台湾・台中 – 1月の土曜日の夜、観客は耳をつんざくようなリフを期待した。
黒服を着たメタル・バンドのメンバーは、コンサート・ホールの巨大なアンプの色とマッチしていた。しかし、異彩を放つメンバーが一人。頭を剃り、宗教上の伝統的なオレンジのローブを身にまとった仏教の尼僧がメンバーの中に入っていたのだ。
台湾の仏教メタルバンド、DAHRMA 達磨楽団のメンバーであるミャオ・ベンさん(50歳)。彼女が、ゴシック・メイク、死神のローブ、偽の血をまとった他のメンバーのとなりに立つと、対照的な光景か広がる。控えめに言ってもメタル世界には異色の存在。「伝統的な人々にメタルと仏教の融合を説明するためには、本当に準備をしなければならないわ。」
「最初にメタルを聞いたときは受け入れがたいと思ったけど、彼らのコンサートに参加してからは、美しいメロディーがあるし、何よりバンドの情熱に感動したの。森の中の寺院で静かに歌うことを好む、台湾の伝統的な信者からは反対の声も上がっているけれどね。DAHRMA はその壁を割るような和音が、音楽的にも精神的にも宗教と合っているの」

ミャオはギターの音が鳴り響く中で儀式の鐘を鳴らす。そして9人の修道女と一緒にパフォーマンスのオープニングに参加し、3人のギタリストがステージに上がる前に経典を読みきかせる。
ミャオ・ベンによると、彼女は昨年、かつての同級生を通じて台北のドラム指導者でバンドの創始者でもあるジャック・タンと知り合ったそうだ。彼女が DAHRMA に参加したのは、メタルが台湾の若い人たちと信仰を結びつけてくれると思ったからだという。
「少しずつでも受け入れてもらえるようになるのではないでしょうか。」
2017年には、台湾にある4,000の仏教団体のうち、最大の4つを含むできるだけ多くの仏教団体を訪問するようになった。長い黒髪とスペックを持つジャック・タンは、仏教とメタルをミックスするという彼の計画が誰をも怒らせないことを確認したかった。歌詞は僧侶や尼僧のように唱えられ、暴力的なメタルのテーマは意図的に避けている。
「俺たちは意味のあるチャントを選ぶ。大きな音で邪悪なものを追い払うためにね。」
仏教徒の中には、信仰と音楽のジャンルが精神的に合うかどうか疑問を持つ人もいたが、彼のメタルとマントラの融合に反対する団体はないという。
ジャックはずっと「オルタナティブなことをしたい」という気持ちを持っていたという。16年前にチベット仏教の音楽を聴いたとき、それが最終的に自分のメタルにおける使命になることを知った。そして彼は台湾の小さなメタルシーンから同じように熱狂的なメンバーを集めたのだ。
リードギタリストのアンディ・リンは、敬虔な父親のもとで仏教寺院に通い、経典を読みながら育ったため、今では歌詞に最適なマントラを選ぶことができるようになった。
リード・シンガーのジョー・ヘンリーは38歳のカナダ人で、大学のルームメイトの勧めで2005年に台湾に移住し、その1年後にドラマーの創設者と出会う。彼は他の仕事のストレスを和らげるためにバンドに参加したが、DAHRMA の歌詞を学ぶうちに、キリスト教から仏教へと改宗し、今ではこの場所を “避難所” と呼んでいる。
台湾内務省のデータによると、人口の35%にあたる約800万人の台湾人が仏教徒である。デビュー EP “BHAISAJYAGURU” が世界を変える。

DHARMA “BHAISAJYAGURU” : 10/10

LA TIMES:This is what happens when a Buddhist nun joins a heavy metal band

INTERVIEW WITH JACK

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about the band and yourself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【JACK】: I’m currently plays in DHARMA(Death Metal)、Stench of Lust (Grindcore)、77 N’DD(Electronica)as their drummer.
I very much grew up the same time as Taiwan’s Rock ‘n Roll scene starts to sprout. My first band Jack and the beanstalk used to play at Wooden Top (Live house in Taipei) along side with Assassin, Nice Vice and other pioneer bands. At the time rock music just started to gain some popularity and acceptance, I was lucky to be a part of it, and because of that I noticed how much of a minority we are and the lack of rock culture in Taiwan. I spent most of my adulthood working to help rock music take root in ethnic Chinese culture, I have taught in countless charity groups and school clubs.
These are my favorite bands. Gun N’ Roses、Slayer、Sepultura、Napalm Death、Cannibal Corpse.

Q1: 本誌初登場です!まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【JACK】: 僕は現在、DHARMA (デスメタル)、Stench of Lust (グラインドコア)、77 N’DD (エレクトロニカ)のドラマーとして活動しているんだ。
僕は、台湾のロックンロール・シーンが芽生え始めたのと同じ時期に育ったんだよ。僕の最初のバンド JACK AND THE BEANSTALK は、台北のライブハウス Wooden Top で、ASSASSIN や NICE VICE といった先駆的なバンドと一緒に演奏していたんだよね。当時台湾では、ロックが人気を博し、受け入れられ始めた頃で、僕は幸運にもその一部になることができたのさ。またそのおかげで、僕たちがいかにマイノリティであるか、そして台湾にロック文化がないかについて気づいたんだよね。
大人になってからは、中華の民族文化にロックが根付くようにするため、数え切れないほどのチャリティーグループや学校のクラブで教えたりを続けている。好きなバンドは、GUNS N’ ROSES, SLAYER, SEPLUTURA, NAPALM DEATH, CANNIBAL CORPSE だよ。

Q2: How did the band come to be? Why did you choose Dharma for your band name?

【JACK】: I first heard of Tibetan Buddhist scriptures around 2000’s, I was very much a metalhead at the time and I was shocked by the borderline screamo way of chanting, especially as someone that grew up in a Buddhist household, I was immediately inspired to start working on rhythms and beats with tons of ideas.
DHARMA’s creative inspiration https://youtu.be/brm2a8zmGYM
This isn’t the exact song but it’s quite similar, if you’re a metal fan I’m sure you’d probably see where the inspiration came from.
2007Revilement-6 Words Admonishment https://youtu.be/H49F730dVm0 In 2007 we’ve tried and performed one of the songs, it wasn’t good enough but we tired. And in 2018 me and our guitarist Andy finally settled down on some ideas and begin to produce solid songs based on mantras.
In this modern society, with the advancement of technology and promotion of individualism, the moral and ethics are at its all-time low. As a teacher that work not only in studios but also schools I can especially feel the change in the younger generations. I’m hoping through religion we can inspire the good in people, it doesn’t necessary has to be Buddhism, it could be Daoism, Christianism, Catholicism or even Satanism. I believe all religion bases on a foundation of peace and harmony. And personally I’m hoping to do my part in Buddhism.
Finally in 2018 Jack and Andy found the idea to start all the song. And found all the members of the group and finally the master joined.
Dharma is quite likely the first band in the world to combine ancient and traditional Buddhist sutras with the modern style of death metal.
After years of refinement by drummer Jack Tung and guitarist Andy Yang, Dharma was finally born, with members hailing from Taiwan and Canada. Throughout the creative process of the band, the basic tenets of Buddhism were adhered to, with the blessing of a local Buddhist master teacher, and members have all taken refuge in the Three Jewels.
“Dharma” is the cosmic law and order as expressed by the Buddha’s teachings. The core value is the proper and wise understanding of one’s self through the cosmic law, where all living creatures hold to their roles.
The Chinese name of “Dharma” uses a more commonly known phonetic translation.

Q2: バンド結成の経緯を教えていただけますか?なぜバンド名に DHARMA を選んだのでしょう?

【JACK】: 僕がチベット仏教の経典 (マントラ) を初めて耳にしたのは2000年代に入ってからなんだけど、当時の僕はメタルに傾倒していて、特に仏教徒の家庭で育った者としてあのスクリーモに近い唱え方に衝撃を受けたんだよね。僕はすぐにインスピレーションを受け、大量のアイデアを持ってそのリズムやビートに取り組み始めたんだ。
DHARMA のクリエイティブなインスピレーション: https://youtu.be/brm2a8zmGYM
これは正確には曲ではないんだけど、かなり似ているよね。もし君がメタルファンであれば、このどこからインスピレーションを受けたのか、きっとわかると思うんだよ。
2007Revilement-6 Words Admonishment: https://youtu.be/H49F730dVm0
2007年に僕たちは曲の1つを試して演奏したんだけど、十分ではなかったね。そして2018年、僕とギタリストの Andy はようやくいくつかのアイデアに落ち着き、マントラに基づいたしっかりとした楽曲を制作し始めたんだ。
テクノロジーが発達し、個人主義が促進された現代社会では、モラルや倫理観がかつてないほど低下しているよね。僕はスタジオだけでなく、学校でも仕事をしている教師として、特に若い世代の変化を感じている。仏教でなくても、道教でも、キリスト教でも、カトリックでも、はたまた悪魔崇拝でもいいんだけど、僕は宗教を通して人々に良い影響を与えることができればと思っているんだよね。なぜなら、すべての宗教は平和と調和の基礎の上に成り立っていると信じているから。そして個人的には、その中から仏教で自分の役割を果たしたいと思っているんだよ。
2018年、僕とアンディはそうしてグループのすべてのメンバーを見つけ、最後にマスターが加わったんだ。DHARMA は、古代の伝統的な仏教の経典とデスメタルの現代的なスタイルを組み合わせた世界初のバンドである可能性がかなり高いと思う。バンドの創作過程では、仏教の基本的な教義が守られ、地元の仏教の先生の祝福を受けているんだ。メンバーは全員、三宝に帰依している。
達磨とは、仏陀の教えによって表現された宇宙の法と秩序のこと。生きとし生けるものがそれぞれの役割を果たすために、宇宙の法を通して自分自身を正しく賢く理解することが中心的な価値観だ。中国語の「ダルマ」は、より一般的に知られている音訳を使用しているよ。

Q3: Chthonic is one of the most famous Taiwanese metal bands in the world, they are also a political band, right? What do you think about them and the metal scene in Taiwan?

【JACK】: Chthonic uses political music to let the world know Taiwan, we want to change the world with faith .
We’re hoping to work through Buddhism(Taoism), bring back the attention that was once there for religion. Seeing how the average age of believers (all religion) getting older and older, we wish to bring back the lost energy by introducing ancient eastern mantras filled with meaning and power of blessing with a modern twist, by touring and attending different festivals around the world we can inspire the passion of religion once again. Obviously we’d love that our audience becomes Buddhist but we respect all religion as long it preaches mercy and peace. Our music is for everyone no matter ones religion or skin tone, even if you’re an atheist.
The ancient ways need reinventing, and metal music itself is in need of change; transformation. Dharma has done just that.

Q3: CHTHONIC はおそらく台湾から世界に飛躍した初めてのメタルバンドで、非常に政治的なバンドでもありますよね。

【JACK】: CHTHONIC は政治的な音楽を使って世界に台湾の現状を伝えようとしているよね。一方で、僕たちは信仰で世界を変えたいと思っているんだよ。
仏教(道教)を通して、かつて宗教にあった注目を取り戻したいと思っているんだ。全宗教の信者の平均年齢がどんどん高くなっているのを見て、僕たちは祝福の意味、そして力に満ちた古代東洋のマントラを現代風にアレンジして紹介することで、失われたエネルギーを取り戻したいと思っているんだよ。ツアーや世界中の様々なフェスティバルに参加することで、再び宗教の情熱を刺激することができるだろうな。
もちろん、僕たちの観客が仏教徒になることを望んでいるけど、慈悲と平和を説くものであれば、あらゆる宗教を尊重している。僕たちの音楽は、宗教や肌の色に関係なく、たとえ無神論者であっても、すべての人のためのものなんだから。
宗教におけるかつてのやり方は再発明を必要としていて、メタル・ミュージック自体も変化や変革を必要としている。DHARMA はまさにそれを成し遂げようとしているんだ。

Q4: I first learned about you guys from a video of your live performance. I was amazed and impressed to see a nun joining in the performance. Could you tell us how she got involved?

【JACK】: Throughout the creative process of the band, the basic tenets of Buddhism were adhered to, with the blessing of a local Buddhist master teacher (Master Song of Taipei), and all members have taken refuge in the Three Jewels.
But Master Song is over 70 years old. Can’t do too many shows with us. So the show was attended by Master Miao Ben.

Q4: はじめてあなたたちのライブパフォーマンスを YouTube で見たときは鳥肌が立ちましたよ。尼僧が参加したメタルバンドなど、前代未聞でしたしね。

【JACK】: バンドのクリエイティブなプロセスでは、仏教の基本的な教えを守り、地元の仏教師範の先生(台北の宋老師)の加護を受け、メンバー全員が三宝に帰依している。
だけど、宋老師は70歳を超えているんだ。あまり多くのショーを一緒にはできない。ということで、ショーにはミャオベン師が参加することになったんだ。

Q5: Metal and Buddhism seem to be contradictory elements, but why did you decide to fuse the two?

【JACK】: Dharma uses the ferocity of death metal to represent the Buddha’s protection. Dharma utilizes blast beats and alternate picking to express the furious and dark side of the Buddhist scriptures. The inherit anger of death metal augments the will of the scriptures to instill within the listener a sense of spiritual relief and undeniable passion through the release of karma.
(Buddhism and Taoism are polytheistic. Each deity is in charge of Its own duties, and each statue takes on a different form, depending on the deity. Dharma represents the Buddha’s guardian stance and furious stance.)

Q5: 凶暴で邪悪なイメージのメタルと、調和と安寧の仏教は相反するようにも思えます。この2つを融合しようと思ったのはなぜですか?

【JACK】: DHARMA は、デスメタルの獰猛さを用いて、仏陀の守護を表現しているんだ。そして、ブラスト・ビートとオルタネイト・ピッキングを用いて、仏典の激しさと暗さを表現している。
デスメタル特有の怒りは、リスナーに精神的な安心感、そしてカルマの解放による底知れない情熱、そういった経典の意志を強め植え付けると信じているからね。
仏教や道教は多神教で、それぞれの神がそれぞれの役割を担っている。像も神によって異なる形をしているんだ。達磨は仏陀の守護の姿勢と激情の姿勢を表しているからね。

Q6: Speaking of religion and ideology, there have been various genres of metal in the past, such as Christian metal and black metal with a devotion to Satanism. How is your Buddhist metal different from them?

【JACK】: I’d assume that goes the same for most Black/Death metal fans, it’s a way to relief the tension and stress that builds up in our daily lives. Not all metalheads are anti-social just like not all horror fans are about killing, it’s simply a type of outlet for emotion and thoughts.
Christian Metal and Black Metal, who are dedicated to Satanism, hope to use their music to promote their beliefs. The Bodhidharma is also, but maybe we have never seen metal music in Buddhism. Maybe we created Buddhist Death Metal.

Q6: メタルにおける宗教といえば、クリスチャン・メタルやサタニズムに根ざしたブラックメタルなどがこれまでにも存在していますね。彼らとあなたたちの仏教メタルは何が異なるのでしょう?

【JACK】: 僕はほとんどのブラック/デスメタルファンも同じだと信じているんだ。つまり、これは日常生活で蓄積された緊張やストレスを解消する方法なんだよ。すべてのメタルヘッズが反社会的なわけではもちろんないし、すべてのホラーファンが殺人を目的としているわけでもないでしょ?
クリスチャン・メタルやサタニズムに傾倒するブラック・メタルは、自分たちの音楽を使って信念を広めたいと願っているだけなんだ。僕たちもそうだよ。もしかしたら、メタル世界に仏教の教えがなかったから、仏教のデスメタルを作ったのかもしれないね。

Q7: The sound of the mantra fits your intense metal better than we can imagine, doesn’t it? Mantras are very musical, would you agree?

【JACK】: Traditional mantras usually have a plain tone, neither too long, nor too short. It is difficult to create music. But it is spiritually suitable.
Buddhism originated in India, therefore Dharma performs in Sanskrit, hoping to be as close to the original sutra as possible so the audience would be bathed in Buddhism/Taoism. It’s fine even if the audience doesn’t understand the sutra or cannot comprehend the pronunciation, as the sutras themselves hold the power and the blessings of the Buddhas. Sutras in Sanskrit are more than just sounds. They each have their own meanings. The meanings might be multi-dimensional. It’s the power of sound, and that’s why Dharma kept the original Sanskrit, hoping the audience can find inner peace and resolution after hearing Dharma’s music.

Q7: それにしても、マントラの響きはメタルのインテンスに想像以上にフィットしますね。とても音楽的な経典ですよね?

【JACK】: 伝統的なマントラは、長すぎず、短すぎず、平易な音色であることが多い。ここから音楽を作るのは簡単じゃないよ。だけど、音楽的なスピリットとしては実に適しているんだ。
仏教はインドで生まれたものだから、僕たちはサンスクリット語で演奏し、できるだけオリジナルのお経に近づけて、観客が仏教・道教の世界に浸れるようにしたいと思っているよ。観客がお経を理解できなくても、発音がわからなくても、お経自体に仏様の力やご加護があるので大丈夫。サンスクリット語のお経は、単なる音ではないんだ。お経にはそれぞれ意味がある。その意味は多元的なものかもしれないね。
とにかくマントラには音に力が宿っている。だからこそ DHARMA はオリジナルのサンスクリット語を維持しているし、僕たちの音楽を聴いた後、観客が心の平和と解決を見つけられることを願っているんだよ。

Q8: Why did you choose the title “Bhaisajyaguru” for your debut EP? What was your goal for this EP musically?

【JACK】: “BHAISAJYAGURU”is name of Medicine Buddha. Medicine Buddha Dharani is from Medicine Buddha mantras.
During the severe global epidemic, Dharma Band’s first digital EP, specially selected three spells with different functions.,Respectively 七佛 滅罪真言 Seven Buddhas’ Sin Eradication Dharani、藥師灌頂真言 Medicine Buddha Dharani、如意輪觀音陀羅尼 Cintāmaṇicakra Dharani.
I hope to use music elements with high explosive power and weight,
Enhance the power of accomplishing a vow by a buddha or bodhisattva.Pray all buddhas help us.Wish all living creatures. Remove Karma、Avoid disaster、Remove pain and relieve suffering.Be as lucky as desired.

Q8: デビュー EP に “BHAISAJYAGURU” というタイトルを冠したのはなぜですか?
この作品で音楽的に達成したかったことを教えていただけますか?

【JACK】: “BHAISAJYAGURU “は薬師如来の名前なんだ。薬師如来陀羅尼は、薬師如来のマントラなんだよ。
世界的なパンデミックの中、僕たちの最初のデジタルEPは、効能の異なる3つのマントラを特別に選んだんだよ。七仏滅罪真言陀羅尼、藥師灌頂真言薬師仏陀羅尼、如意輪観音陀羅尼 をね。
爆発的なパワーと重さのある音楽要素を使っていきたいね。 全ての仏様が僕たちを助けてくれるように。全ての生き物のために祈りながら。カルマを取り除き、災いを避け、痛みや苦しみを取り除き、望み通りの幸運を手に入れられるようにね。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED JACK’S LIFE

SEPULTURA “ARISE”

NAPALM DEATH “HARMONY CORRUPTION”

FEAR FACTORY “DEMANUFACTURE”

SEPTICFLESH “CODEX OMEGA”

BEHEMOTH “THE SATANIST”

MESSAGE FOR JAPAN

Faith does not necessarily bring you anything material in life, but when you needed the most, faith can bring you unmeasurable strength.
Thanks for Japan’s assistance to Taiwan during the epidemic. We will use our music to repay Japan.
Wishing all the readers good health and we hope to see you soon someday.

信仰は必ずしも人生に何か物質的なものをもたらすわけではないけれど、最も必要とされるとき、信仰は計り知れない力をもたらしてくれるんだ。
パンデミックの台湾に日本が援助してくれたことに感謝しているよ。僕たちは音楽で日本に恩返しをしたいね。みんなの健康をお祈りするとともに、いつか会えることを楽しみにしているよ。

JACK

About the band members:

DRUMMER & Band Leader /  Jack

● “Best Drummer” award at  the Yamaha Asian Beat

Competition

● Taiwanese band

Lycanthropy drummer, the  first independent band in  the greater Chinese district  where a band recorded and  released an album

independently, set the

stone for Taiwanese indie  releases.

● Taiwanese rock band Jack  and the Beanstalk drummer ● Drummer for famous

Taiwanese rock singer Ardor  Huang

 

● Released several Taiwanese  rock albums, including the  first thrash metal album in  Taiwan through Sony Music.

● Won the fastest drummer  award in a drum

competition in China in

2012

● Founder of Jack’s Studio,  taught countless Taiwanese  musicians and the band

instructor for most Greater  Taipei area schools

BASS / Bull

● Taiwanese black metal  band Desecration bassist ● Played at the 2008 Formoz  Festival

● Invited to play at Taiwan’s  Heartown Festival

● Invited to play at

Singapore’s Morbid Metal  Festival

● Toured in Japan in

December, 20216

Master Miao Ben

● Became a monk under  Master Hsing Yun, studying  at Fo Guang Shan

Monastery in 1992

● Went on to study at Fo  Guang University and

Chinese Culture University ● Went to Europe with the Fo

 

Guang Shan Buddhist

Monastic Choir in 1999

● Worked in the editorial  department and advertising  department of Fo Guang  Shan University’s The Merit  Times

● Also served as an editor for  many other publications

● Traveled to Beijing, Inner  Mongolia, Ningbo, Wutai  Mountain, South Korea,

Brisbane, Australia and

others to further her studies ● Agrees with the philosophy  and intention of Dharma, to  present the universal value  of religious beliefs with

alternative music

performances, and to bring  about the rejuvenation and  humanization of beliefs, the

promotion of Buddhism,  and represent a variety of  belief structures in a new  way, to further the

transmission of righteous  thought

 

VOCAL / Joe

● Taiwanese horror punk  band Sledge City

Slashers vocalist

● Taiwanese grindcore  band Stench of Lust

vocalist

● Taiwanese brutal death  metal band Revilement vocalist

● Freelance writer from  Canada, published the  work of fiction Bu San  Bu Si, which talks about

Taiwan’s metal and punk  music, and Migrante,

which explores the

world of Taiwan’s

migrant worker

community

● Travels the world and  writes about the local  music scenes

GUITAR / Jon

● Ex-Taiwanese blackened  folk metal band Bloody  Tyrant guitarist

● Previously endorsed by  ESP Guitars Japan

● Fortin Amplification artist

● Participated at

numerous Taiwanese

music festivals

 

● Invited to play at 2018  Pulp Summer Slam in  the Philippines

● Toured with

international bands such  as Equilibrium, Anaal

Nathrakh in Japan

● Embarked on an

European tour across

five countries at the

beginning of 2020

GUITAR / Andy

● Ex-Taiwanese blackened  folk metal band Bloody  Tyrant guitarist

● Previously endorsed by  ESP Guitars Japan

● Participated in

numerous Taiwanese

music festivals and

played in countries such  as Hong Kong, China,

Japan, Korea,

Philippines, etc

● Embarked on a

European tour across

five countries at the

beginning of 2020

● Produced music for  many famous Taiwanese  YouTubers

● Taiwanese independent  game PÀ GUìoriginal

sound track producer

達磨樂隊 Facebook
達磨樂隊 Bandcamp

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です