NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SUNRISE : EQUILIBRIA】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH KONSTANTIN LAARS NAUMENKO OF SUNRISE !!

“We Remember Life In The Soviet Union Very Well And We Are Happy That Our Country Broke The Chains Of This Prison And Moves In The European Direction. Freedom Is In The Blood Of Our Nation And Our Way Is To Build a Highly Developed European Country.”

DISC REVIEW “EQUILIBRIA”

「ウクライナのメタルシーンは非常に多様で、ほとんどすべてのサブジャンルが存在しているよ。すでに有名なバンドもあれば、世界のメタルシーンでビッグネームになる可能性を秘めたこれからのバンドもあるんだよ」
JINJER, NOKTURNAL MORTUM, DRUDKH。Konstantin Naumenko の言葉を借りればソヴィエトという “牢獄” の鎖を断ち切ってからのウクライナは、ブラック・メタルからプログレッシブ・グルーヴまで個性極まる多様なバンドをゆっくりとしかし確実に輩出し始めました。それでもウクライナ、もしくは東欧から SUNRISE のようなクオリティーとテクニックを兼ね備えたパワー・メタルの申し子が登場したのは初めてでしょう。
「僕たちがインスパイアされたのは、バンドを始めた頃にとても人気があって、今ではレジェンドとなったパワー・メタルのバンドたちなんだ。STRATOVARIUS, SONATA ARCTICA, HAMMERFALL, HELLOWEEN みたいなバンドだよ」
2003年に活動を開始し、オンラインとアンダーグラウンドの世界で徐々に脚光を浴びはじめた SUNRISE は4枚目のフルアルバム “Equilibria” で、東欧メタル世界の常識を覆す大きな一撃を放ちました。
SONATA ARCTICA, そして STRATOVARIUS。北欧パワーメタルの象徴的なバンドを基にしてヘヴィネスとサウンドスケープを増幅した60分強の作品は、20年前のユーロ・パワー成功の要因を探りながら次の世代へとつなぐミッシング・リンクなのかもしれませんね。
フロントマン Konstantin “Laars” Naumenko は、”Ecliptica” や “Silence” の頃の Tony Kakkoが果たした冷静と情熱の間でドラマティックなメタルを語る吟遊詩人の役割を継ぎ、ボーカル/キーボード奏者で妻の Daria “Lady Dea” Naumenko は Jens Johansson を彷彿とさせる見事な鍵盤捌きとともに天使のような囀りで夫の世界観を肉付けしていきます。そうして、リズム・セクションと最近加入したギタリスト Maksym Vityuk まで一丸となり、雷鳴のようなスピードメタル・アタックを繰り広げていくのです。
「僕たちの “We are the Fire” が SONATA ARCTICA にインスパイアされていることには同意するけど、類似性はこの曲で終わっていると思うよ。他の曲では、異なるサウンドと異なるアイデアを披露している。NIGHTWISH や初期の WITHIN TEMPTATION のようなシンフォニックな曲もあれば、 STRATOVARIUS や AVANTASIA に近いサウンドの曲もあるからね。さらに、プログレッシブ・メタル・スタイルで書かれた3曲は、DREAM THEATER の作品を思い出させるかもしれないね」
“Equilibra” が “Reckoning Night” 以降の SONATA ARCTICA、もしくは “Eternal” 以降の STRATOVARIUS の長き沈黙に焦りを感じている層に対する福音であることは言うまでもありませんが、より広義のパワー・メタルやシンフォニック、プログ世界もこの作品を享受するべきでしょう。
“We Are The Fire”や “Life Is A Journey” のような高空飛行のジェットストリームは、”Father Time” や “Fullmoon” の疾走と高揚感を運びますが、心に響く混声のヴォーカル・デュエット “The Only Reason” や、ピアノを中心としたミドルペースの “The Bell” では存分にシンフォニック・プログレッシブの余韻に浸ることが可能。さらに、”Equilibrium” や “Unbroken Dreams” では重厚なリフワークとキーボードの相乗効果で、感染力の高いヘヴィーメタルの根源を探求していくのです。Eではじまり、Aで終わるパワーメタルの金字塔は、四半世紀の時を超えてより壮大により荘厳に進化を果たしました。
今回弊誌では、Konstantin “Laars” Naumenko にインタビューを行うことができました。「僕たちは、ソビエト連邦での生活をよく覚えているよ。そして、僕たちの国があの牢獄の鎖を断ち切り、ヨーロッパの方向に向かって進んでいることを嬉しく思っているんだ。自由は僕たちの国の血の中にあり、これからの道のりは高度に発展したヨーロッパ的国家を築くことなんだ」 どうぞ!!

SUNRISE “EQUILIBRIA” : 9.9/10

INTERVIEW WITH KONSTANTIN NAUMENKO

Q1: This is our first interview with you. So, at first, could you tell us about the band and yourself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【KONSTANTIN】: Hello! Thank you for your attention to our band and our music!
SUNRISE started in 2003 and from that time we released four full-length studio albums, the live DVD, and a bunch of EP and singles. We listened to different kinds of music – from power metal to some electronic genres.

Q1: 弊誌初登場です!まずはあなたたちの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【KONSTANTIN】: やあ!僕たちのバンドと音楽に興味を持ってくれてありがとう! SUNRISE は2003年に結成され、それから4枚のフルアルバム、1枚のライブDVD、あとは沢山のEPとシングルをリリースしているんだ。メンバーは様々な音楽を聴いているよ。パワー・メタルからエレクトロニカまで幅広くね。

Q2: What inspired you to start to play your instrument? Who was your musical hero at that time?

【KONSTANTIN】: We were inspired by very popular at that time power metal bands, which now became real legends, – Stratovarius, Sonata Arctica, Hammerfall, Helloween, and others.
From the vocal point of view, the heroes were such bright names of the genre as Timo Kotipelto, Toni Kakko, Fabio Lione, and Michael Kiske.
From the guitar point of view, it was Dimebag Darrell (Pantera), Michael Romeo (Symphony X), Guthrie Govan (The Aristocrats), Per Nilsson (Scar Symmetry), Alexi Laiho (CoB).
From the bass guitar point of view, it was Steve Harris, Cliff Burton, David Ellefson, and John Deacon.

Q2: あなたたちにとっての音楽的なヒーローは誰ですか?

【KONSTANTIN】: 僕たちがインスパイアされたのは、バンドを始めた頃にとても人気があって、今ではレジェンドとなったパワー・メタルのバンドたちなんだ。STRATOVARIUS, SONATA ARCTICA, HAMMERFALL, HELLOWEEN みたいなバンドだよ。
ボーカルなら Timo Kotipelto, Toni Kakko, Fabio Lione, Michael Kiske。ギターなら、
Dimebag Darrell, Michael Romeo, Guthrie Govan, Per Nilsson, Alexi Laiho。ベースなら、
Steve Harris, Cliff Burton, David Ellefson, John Deacon だね。

Q3: Laars and Daria seem to be siblings, how did the band come together and why did you choose the name Sunrise?

【KONSTANTIN】: We are not siblings, but husband and wife. But sometimes people suppose that we are like brother and sister, because of similar facial features.
The history of SUNRISE is long and we had many musicians passed through our band. First, we were gathered as a band of friends while we studied at the university. And we chose the SUNRISE name because it describes in the best way the direction of music we wanted to play – positive and bright.

Q3: Laars と Daria は兄弟のようですが?

【KONSTANTIN】: 僕たちは兄妹ではなく、夫婦なんだ。だけど、顔立ちがよく似ているから、兄妹のように思われることもあるんだよね。
SUNRISE の歴史は長く、多くのミュージシャンが出入りしていったよ。最初は、大学在学中に友人同士で集まったバンドだったんだ。SUNRISE という名前を選んだのは、僕たちがやりたい音楽の方向性を最もよく表していたから。ポジティブでブライトな方向性をね。

Q4: Jinjer’s Tatiana said “I Was Too Young To Remember Life In Soviet Union, But The Spirit Of Soviet Union Is Still Here”. Ukraine is playing well in the Euro football championships now, but how do you feel about the current situation in your country?

【KONSTANTIN】: We remember life in the Soviet Union very well and we are happy that our country broke the chains of this prison and moves in the European direction. Freedom is in the blood of our nation and our way is to build a highly developed European country.

Q4: 同じくウクライナ出身、JINJER の Tatiana は、「ソビエト時代のことは幼すぎて覚えていない。でもソビエトの精神は未だにこの場所に蔓延っているの」と語っていました。

【KONSTANTIN】: 僕たちは、ソビエト連邦での生活をよく覚えているよ。そして、僕たちの国があの牢獄の鎖を断ち切り、ヨーロッパの方向に向かって進んでいることを嬉しく思っているんだ。
自由は僕たちの国の血の中にあり、これからの道のりは高度に発展したヨーロッパ的国家を築くことなんだ。

Q5: When it comes to Ukrainian metal, Jinjer, Nokturnal Mortum, Drudkh, and you guys are well-known, what is the metal scene like?

【KONSTANTIN】: Our metal scene is so various and it is presented by almost all genres. Some of the bands are already well-known, and some have a big potential to become a big name on the world’s metal scene.

Q5: ウクライナのメタルといえば、JINJER, NOKTURNAL MORTUM, DRUDKH, そしてあなたたちが有名ですよね。実に幅広いラインナップです。

【KONSTANTIN】: 僕たちのメタルシーンは非常に多様で、ほとんどすべてのサブジャンルが存在しているよ。すでに有名なバンドもあれば、世界のメタルシーンでビッグネームになる可能性を秘めたこれからのバンドもあるんだよ。

Q6: Your latest work, “Equilibria,” is fantastic! Could you tell us about the meaning of the title, the theme of the lyrics, and the concept of the album?

【KONSTANTIN】: Thank you! The meaning of the title originates from the name of the header song “Equilibrium”. It is about the balance between different things and phenomena in our life: black and white, good and evil, bitter and sweet, etc. In the video, which we made for the “Equilibrium” song, you can see the two opposite fighters. They are fighting, but in the end, nobody wins. They are just calm down and observe the balance.
The themes of the lyrics for other songs are various. Some songs are based on the fairy tales of Hans C. Andersen, the song “Life is a Journey” based on the life story of Marco Polo, the song “The Bridge Across Infinity” based on the poem of Richard Bach called “The Bridge Across Forever”.

Q6: “Equilibria” は素晴らしい作品ですね!アルバムのテーマやコンセプトを教えていただけますか?

【KONSTANTIN】: ありがとう! タイトルの意味は、シングル曲 “Equilibrium” の名前に由来しているんだ。白と黒、善と悪、苦いものと甘いものなど、僕たちの生活の中にあるさまざまな物事や現象の “バランス” を意味しているんだよね。
“Equilibrium” のために制作したビデオでは、正反対の2人のファイターを見ることができるよ。彼らは戦っているんだけど、最終的には誰も勝つことはないんだ。彼らはただ落ち着いて、バランスを観察しているんだよ。
他の曲も歌詞のテーマはさまざまでね。ハンス・C・アンデルセンの童話を題材にした曲や、マルコ・ポーロの生涯を題材にした “Life is a Journey”、リチャード・バッハの詩 “The Bridge Across Forever” を題材にした “The Bridge Across Infinity” などバラエティーに富んでいるよ。

Q7: Songs like “We are the Fire” remind me of the early Sonata Arctica. For example, their “Ecliptica,” which starts with E and ends with A, and “Equilibria” has the same kind of energy as that record, would you agree?

【KONSTANTIN】: I can agree that our song called “We are the Fire” was inspired by Sonata Arctica, but similarities end with this song. In the other songs, we have different sounds and different ideas. Some songs are more symphonic like Nightwish or early Within Temptation, and some songs sound closer to Stratovarius or Avantasia. In addition, we have three songs written in the progressive metal style, and it reminds the works of Dream Theater.
But I hope that our album really has that kind of energy like the “Ecliptica” album because “Ecliptica” is like the power plant and it’s a really huge album in the history of power metal.

Q7: “We Are The Fire” のような曲は、特に SONATA ARCTICA を想起させますよね? “Equilibra” は奇しくも彼らの名作 “Ecliptica” と同様に、Eで始まりAで終わるタイトルです。

【KONSTANTIN】: 僕たちの “We are the Fire” が SONATA ARCTICA にインスパイアされていることには同意するけど、類似性はこの曲で終わっていると思うよ。他の曲では、異なるサウンドと異なるアイデアを披露しているからね。
NIGHTWISH や初期の WITHIN TEMPTATION のようなシンフォニックな曲もあれば、 STRATOVARIUS や AVANTASIA に近いサウンドの曲もあるからね。さらに、プログレッシブ・メタル・スタイルで書かれた3曲は、DREAM THEATER の作品を思い出させるかもしれないね。
だけど、”Ecliptica” はパワー・メタルの歴史の中でもまさに金字塔で、発電所のようなエネルギーを持っているから、僕たちのアルバムが “Ecliptica” のようなエネルギーを持っていることを願っているよ。

Q8: Like “The Only Reason”, a female/male duet would be very beautiful and a trademark for you guys, and opens up the possibility of power metal, would you agree?

【KONSTANTIN】: Thank you! Yes, in this album SUNRISE uses two lead vocals – male and female – for the first time, and it seems this idea is successful in the songs like “The Only Reason”, “The Bridge Across Infinity” and “Equilibrium”. We started this conception earlier in the DELFINIA album, where me and Daria are singing two songs together. I like the result so much.

Q8: “The Only Reason” のような男女のデュエットは、あなたたちのトレードマークでパワーメタルのさらなる可能性を感じさせますね?

【KONSTANTIN】: ありがとう!今回のアルバムで SUNRISE は、初めて男性と女性の2人のリードボーカルを使いわけたんだ。
このアイデアは、アルバム “DELFINIA” の中で、僕と Daria が2曲を一緒に歌うという形で始まったんだけどね。この結果はとても気に入っているよ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED KONSTANTIN’S LIFE

HELLOWEEN “KEEPER OF THE SEVENTH KEYS”

STRATOVARIUS “INFINITY”

METALLICA “RELOAD”

HAMMERFALL “LEGACY OF KINGS”

NIGHTWISH “WISHMASTER”

MESSAGE FOR JAPAN

Thanks to all Japanese listeners for supporting our band for all of these years! Stay with us and together we will hear a lot of great music from SUNRISE!

すべての日本のファンに、長年のサポートをありがとう!これからもずっと一緒にいて、僕たちの素晴らしい音楽を聴いて欲しいな!

KONSTANTIN NAUMENKO

SUNRISE Facebook
SUNRISE Official

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です