NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【THY CATAFALQUE : VADAK】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH TAMAS KATAI OF THY CATAFALQUE !!

“The Underground Metal Scene Of The 90s Is My Main Source Of Inspiration Until This Time. I’m Not The Type Of Person That Locks Himself In The Past But That Era Is Very Important To Me And I Personally Think It Was The Golden Age Of Creative And Inventive Metal”

DISC REVIEW “VADAK”

「僕は過去に閉じこもるタイプではないけれど、90年代は僕にとって非常に重要なんだよね。個人的には、ユニークなサウンドとアティテュードを持つ多くのバンドが存在した、創造的で独創的なメタルの黄金時代だったと思っているんだよ」
メタル世界の番外地ハンガリーから現れた THY CATAFALQUE の謙虚な天才 Tamás Kátai は、やはり異端者です。ジャズ、ポップス、フォーク、エレクトロニカなど、様々なジャンルのしたたかなアマルガムでメタルのマニュアルを再創造していくのですから。そんな東欧に根ざす舞曲のような野心は、90年代に跋扈した魑魅魍魎の独創をドナウの流れに受け止めています。
「野生とか、野生動物を指す言葉さ。アートワークの写真を見れば意味がわかると思うよ。作品のゆるやかなコンセプトは、僕たちは、すべての生き物のように、時間の森の中で死に追われているということなんだ。僕たちは結局野生動物であって、ハンターではないんだよ」
“Vadak”。ハンガリー語で “野生” を意味するアルバムタイトルは、この新たな天啓のエキゾチックで野放図なエッセンスを指し示す重要なヒントとなっています。”Vadak” とは教訓としての死の予感。人にも獣にも同じように宿る儚さにフォーカスしたこのレコードは、人間も動物と等しく本質的に究極の終焉である “死” を恐れ逃げ出すという、フロイト的な生命の本能について深く探求しています。
「”Vadak” も例外ではなかったよ。ただ作曲と録音を始め、その過程でアルバムが勝手に出来上がっていったんだ。もっと有機的で自然なプロダクションにしたいと思い、楽器の世界に飛び込んだんだけど、このアイデアは作曲中にも出てきていたね」
THY CATAFALQUE を “バンド” と呼ぶのは少し不適当かもしれませんね。なぜなら、Tamás Kátai はこのプロジェクトの首謀者で、ソングライターで、マルチ・インストゥルメンタリストで、ボーカリストでもあるからです。つまり THY CATAFALQUE は基本的に Tamás が一人でギター、ベース、シンセ、プログラミング、ヴォーカルを担当している彼の子供のようなもの。
一方で Tamás は自分の音絵巻を完全なものとするために、多くの才能の助力を仰ぎます。”Vadak” では、ボーカル、バイオリン、サックス、レッドパイプ、トランペット、ギターなど、16人ものゲスト・ミュージシャンをアメリカ、ロシア、エジンバラ、ブラジルなど世界各地から招き入れているのです。
このような多国籍なアプローチには大抵大きな困難が伴いますが、”Vadak” は誇りと信頼性に加えて、まとまりを伴いこの難題を成功へと導きました。近年の DORDEDUH や WOODEN VEINS にも言えますが、アヴァンギャルド・メタルが混乱を意味していた時代は終わり、一つのベクトルを見据えた美しき旅路こそがこのジャンルの新たな看板として掲げられているのは明らかでしょう。
「僕は今でもこのジャンルが大好きで、音楽の中には常にブラックメタルの要素があると思っているよ。この数年で僕の目は大きく開き、最近はパレットがよりカラフルになったけど、やっぱり “黒色” はまだ存在していて、僕はそれでいいと思っているんだよね」
エレクトロニカ、ポップス、フォーク、インダストリアル、メロディック・デスメタル、ジャズ、ゴシックロック。色とりどりのパレットとなった THY CATAFALQUE の音楽ですが、今でもその中心にあるのは漆黒、つまりブラックメタルです。言い換えれば、それは90年代の型にはまらない独創性なのでしょう。EMPEROR, DISSECTION, NOCTURNUS, EDGE OF SANITY, TIAMAT といった境界があるようでなかった、限界があるようでなかった曖昧なバンドたちの DNA は間違いなくこの作品へと浸透しています。
シンセとブラックメタルの神々しい融合 “Szarvas”、レッドパイプと天使の女声が響き渡るフォーキーな “Köszöntsd a hajnalt”、金管楽器に東欧の幸福と孤独を投影する “Kiscsikó (Irénke dala)”、ギターとヴァイオリン、そしてブラストビートの音壁で背筋も凍るダークファンタジーを描いた “Vadak (Az átváltozás rítusai)”、そして熱病のようなすべての錯乱を冷ます幽玄なピアノのクローサー “Zúzmara”。そう、”Vadak” のすべてはあの時代に証明されたメタルの可能性を呼び覚まし、さらに前へと進める本能の祝祭。
今回弊誌では、Tamás Kátai にインタビューを行うことができました。「このバンドにとって、自然は初期の頃から非常に重要な要素で、それはブラックメタルの伝統にも由来しているんだ。このアルバムは、環境保護を意識したものではないと思うけど。自然は常に僕たちの創造性にとって豊かな土壌で、今回のアルバムもその例に習っただけなんだよね」 二度目の登場。どうぞ!!

THY CATAFALQUE “VADAK” : 10/10

INTERVIEW WITH TAMAS KATAI

Q1: The artwork for your last album “Naiv” was drawn by your girlfriend, influenced by naïve art. This time around, you’ve changed it up a bit and gone for pictures of nature and women. What’s the reason for drastic change?

【TAMAS】: If you look at the all the front cover artwork of Thy Catafalque you will realize that they are constantly changing in style and the visuals are similar to the music in sense of experimentation and adventures in different styles. I really like visual arts, I’m a photographer myself and I just enjoy diving into this world every time I have the opportunity. Anyway she is still present in the art as she is the on the photo and there are a couple of paintings in the digibook version by her.

Q1: 前作 “Naiv” のアートワークは、ナイーブ・アートに影響を受けてあなたのガールフレンドが描いたものでしたね。
今回は美しい自然の写真を切り取りましたが、この大きな変更は何が理由だったんですか?

【TAMAS】: THY CATAFALQUE のすべてのフロントのアートワークを見れば、それらが常にスタイルを変えていることに気づくよね。ビジュアルも、さまざまなスタイルの実験や冒険という意味で、音楽に似ているんだ。
僕はビジュアルアートがとても好きで自分でも写真を撮っているんだけど、機会があるたびにこの世界に飛び込んで楽しんでいるんだよ。いずれにしても、写真に写っているように今回も僕のガールフレンドはアートの中に存在しているし、デジブック版には彼女が描いた絵がいくつか挙げられているからね。

Q2: This is because in this album, as in the music video, you seem to be very conscious of nature. Was climate change, environmental destruction, or pandemics the driving force behind this work?

【TAMAS】: Nature has always been a very important part of this band, since the very beginning and it comes from our black metal heritage as well. Although I don’t think there was any conscious move towards environmentalism with this album. Nature has always been rich soil for us in regards of creativity and this is just the next record.

Q2: そのアートワークやMVを見れば、あなたが自然を強く意識していることが伝わりますね。
気候変動や環境破壊、そしてこのパンデミックは作品の原動力となったのでしょうか?

【TAMAS】: このバンドにとって、自然は初期の頃から非常に重要な要素で、それはブラックメタルの伝統にも由来しているんだ。このアルバムは、環境保護を意識したものではないと思うけど。
自然は常に僕たちの創造性にとって豊かな土壌で、今回のアルバムもその例に習っただけなんだよね。

Q3: In our last interview, you mentioned Studio Ghibli. Princess Mononoke is symbolic, but many of their works are also about the symbiosis between humans and nature, right? Besides Studio Ghibli, what other influences have you had from Japanese art and culture?

【TAMAS】: I guess you know it better than me, living in the very same culture as from Princess Mononoke was coming from. I like the Japanese country and I’m interested its culture but I’m afraid I have not many influences from there.

Q3: 前回のインタビューであなたは、スタジオ・ジブリに言及していましたよね。”もののけ姫” をはじめ、彼らは人間と自然の関係を描いた作品を多く世に出しています。

【TAMAS】: まあでも、君たちの方がそのテーマについては詳しいと思うよ。もののけ姫と同じ文化を生きてきたんだから。僕は日本の文化が好きだし、興味もあるけど、そんなに多くの影響を受けているわけじゃないからね。

Q4: I heard that vadak means “Wildings” in English, why did you choose this word as the title of your album?

【TAMAS】: Yes, it means wildlings or wild animals. if you look at the cover photography it will make sense. The loose concept is we, like all living creatures are chased by death in a woodland of time. We are wildlings and not hunters.

Q4: アルバム・タイトルの “Vadak” とは、”野生” という意味だそうですね?

【TAMAS】: そうだね、野生とか、野生動物を指す言葉さ。アートワークの写真を見れば意味がわかると思うよ。
作品のゆるやかなコンセプトは、僕たちは、すべての生き物のように、時間の森の中で死に追われているということなんだ。僕たちは結局野生動物であって、ハンターではないんだよ。

Q5: “Vadak is more musically diverse than “Naiv”, but still very cohesive if we listen to the album as a whole. Including 16 guest musicians, did the idea of the album come together perfectly in your mind before you started the recording?

【TAMAS】: Absolutely not. There was no clear vision before starting the work. Usually it’s like this. I start off, have no idea how it will end up. Vadak was no exception. I just started writing and recording and during the process the album kind of wrote itself. I realized I wanted a more organic, more natural overall production and I dived into the world of instruments but this idea was also coming up during the writing process.

Q5: “Vadak” は “Naiv” 以上に多様な作品だと感じましたよ。それでも作品としての統一感は絶大ですよね。
16人のゲスト・ミュージシャンを含め、アルバムに取り掛かる前から作品の青写真は完璧に描かれていたんですか?

【TAMAS】: まったくそんなことはないよ。このアルバムに取り掛かる前に、明確なビジョンはなかったんだ。普段からこんな感じなんだよ。どうやって終わるのか、全く分からないままスタートする。
“Vadak” も例外ではなかったよ。ただ作曲と録音を始め、その過程でアルバムが勝手に出来上がっていったんだ。もっと有機的で自然なプロダクションにしたいと思い、楽器の世界に飛び込んだんだけど、このアイデアは作曲中にも出てきていたね。

Q6: The music of Thy Catafalque is still often described as avant-garde black metal. Do you have a sense that you are playing black metal even now?

【TAMAS】: We began our project as a black metal band back in 1998 and I still love the genre and I think there will always be some elements of black metal in the music. My eyes have opened up much more during the years and the palette is more colourful lately but the black is still there and I’m fine with it.

Q6: THY CATAFALQUE の音楽は、よくアヴァンギャルド・ブラックメタルと形容されますね。あなたの中では、今でもブラックメタルを演奏しているという感覚なのでしょうか?

【TAMAS】: 僕たちは1998年にブラックメタル・バンドとしてこのプロジェクトを開始したんだけど、僕は今でもこのジャンルが大好きで、音楽の中には常にブラックメタルの要素があると思っているよ。
この数年で僕の目は大きく開き、最近はパレットがよりカラフルになったけど、やっぱり “黒色” はまだ存在していて、僕はそれでいいと思っているんだよね。

Q7: It’s interesting to say, when I listen to Thy Catafalque these days, I’m reminded of 90’s progressive death metal like Nocturnus, Edge of Sanity (Dan Swano), Tiamat and so on. Is the music of that era a bible for you?

【TAMAS】: You are totally right, I love all those artists you mentioned and yes, the underground metal scene of the 90s is my main source of inspiration until this time. I’m not the type of person that locks himself in the past but that era is very important to me and I personally think it was the golden age of creative and inventive metal with so many bands with unique sound and attitude. Anyway we have great bands now as well of course, it’s just too hard for them to ring the right bells for me but I’m sure they impress youngsters just as those guys impressed me in the 90s.

Q7: 面白いことに、最近のあなたの音楽を聴くと、NOCTURNUS, EDGE OF SANITY, TIAMAT といった90年代のプログレッシブ・デスメタルを想起することがよくあるんですよ。

【TAMAS】: 君は完全に正しいよ。僕は君が挙げたアーティスト全員が大好きだし、そうだな、90年代のアンダーグラウンド・メタル・シーンは今に至るまで僕の主なインスピレーションの源となっているんだ。
僕は過去に閉じこもるタイプではないけれど、あの時代は僕にとって非常に重要なんだよね。個人的には、ユニークなサウンドとアティテュードを持つ多くのバンドが存在した、創造的で独創的なメタルの黄金時代だったと思っているんだよ。
もちろん今も素晴らしいバンドはたくさんいるけど、彼らが僕の心に響くことはなかなかないよね。ただし、90年代のバンドが僕に感動を与えてくれたように、今のバンドも若い人たちに感動を与えているんだろうと思う。

TAMAS’S FIVE FAVORITE GIBLI MOVIES

“SPIRITED AWAY” “千と千尋の神隠し”

“PRINCESS MONONOKE” “もののけ姫”

“THE WIND RISES” “風立ちぬ”

“THE RED TURTLE” “レッドタートル”

“CASTLE IN THE SKY” “天空の城 ラピュタ”

MESSAGE FOR JAPAN

Stay healthy there, guys.

TAMAS KATAI

THY CATAFALQUE Facebook
THY CATAFALQUE Bandcamp
SEASON OF MIST

 

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です