NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【LILLIAN AXE : FROM WOMB TO TOMB】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH STEVE BLAZE OF LILLIAN AXE !!

“Now, We Are Being Called Prog Rock. I Actually Feel We Are In a Category Of Our Own, Having Influences From All Types Of Music.”

DISC REVIEW “FROM WOMB TO TOMB”

「僕たちはどのカテゴリーにも当てはまらないという点で、とてもユニークな存在なんだ。僕らが出てきた当時は、そういった音楽が流行っていたからヘアメタルというジャンルに括られていた。だけど今、僕たちは “プログ・ロック” と呼ばれているんだからね!あらゆるタイプの音楽から影響を受けている僕たちは、実は自分たちだけのカテゴリーに属していると思う」
LILLIAN AXE は、常にメロディック・ロックの境界線を越え続けてきたバンドです。セルフ・タイトルのデビュー作と、それに続く “Love + War” で名を上げた彼らは、RATT との深いつながりや WARRENT の Jani Lane が加入寸前だったこともあり、ポップな恩恵を受けつつもその黎明は “ヘアメタル” のカテゴリーに幽閉されていたとも言えます。
「”Psychoscizophrenia” が僕らの時間軸の中で大きなランドマークだったということには、僕も同意するよ。曲作りに関して、僕はあのアルバムで心が大きく開くのを感じたんだ。だからこのアルバムは、僕たちの歴史の中で決定的な場所になったと感じているよ」
その才能が完全に開花したのは、1992年、まさにヘアメタルの徒花となった “Poetic Justice” でした。後に、CROWBER や BLACK LABEL SOCIETY, GODSMAC などとも共闘するメンバーを輩出した LILLIAN AXE は、首領者 Steve Blaze が語るようにアメリカ南部の血脈、ルイジアナの神秘性をメロディック・ロックに配合していきます。骨太でありながら知的、ポップでいながらダークで、リリカルな玉手箱はここに一つの完成を見ます。
世はグランジ全盛。しかし、神秘の暗がりが出身地である LILLIAN AXE にとって、主流の逆転はむしろ吉。繊細なメランコリアや重量感を増したダークなアトモスフィア、ステレオタイプからの脱却を纏った “Psychoschizophrenia” は、時代の狭間に置き忘れるにはあまりにも印象的な辞世の句となったのです。
「”From Womb to Tomb” は、僕たちの決定的瞬間であり、作品だと感じているよ。LILLIAN AXE を最も完璧に定義するアルバムなんだ!君の言う通り、まさに素晴らしい映画のサウンドトラックになると確信しているよ。オーケストラや合唱団と一緒にライブをすることを話し合っているくらいでね」
解散と再結成を経てメンバーも大きく変わりましたが、Steve Blaze と彼のバンドは今も、メロディック・ロックの開拓者として実験と挑戦を重ねています。10年ぶりとなる “From Womb to Tomb” は文字通り Steve の自伝とも思える “ゆりかごから墓場まで” のコンセプトで、その魅力的な音の多様性によって高められた作品はメロディックもプログレッシブも超越した、サウンドトラック・ロック、濃密なストーリーをもたらしているのです。そうして典型的な心の葛藤以上に、”From Womb to Tomb” は世界の現状、人類の寿命、人生の栄光と苦悩を深く正直に明らかにしていきます。
エニグマティックで美しいピアノセクション、スタッカートのストリングス・アレンジ、鳴り響く鐘の音に混ざり合い、溶け出す重暗いリフと濃密なコーラス、崇高なボーカル・ライン。メロディックな光沢とパワフルなメタルの毒気は、プログレッシブな探求やサイケデリックなクワイア、アコースティックの浪漫によって典型から遠く離れて、音楽的な賞賛を一身に受けとめます。
物語の終幕は “Ascension”。心と魂の再生はまさしくこの感嘆符のような作品の象徴です。メランコリックな歌声が響き渡り、神聖な終わりへと向かっていく。華やかさと壮大の間を行き来するこの曲は、古と新、子宮と墓、誕生と死に歴史の反復を投影しながら次の輪廻へと誘うのです。メロディック・ハードからの PAIN OF SALVATION に対する解答。素晴らしきリスニング体験、素晴らしき人生観。
今回弊誌では、Steve Blaze にインタビューを行うことができました。「僕のソロは、それぞれ楽曲のストーリーの重要な部分として取り組んでいるからね。ただ、技術的な強みを誇示するためではなく、音楽的、感情的に曲にフィットするように創作しているんだ」どうぞ!!

LILLIAN AXE “FROM WOMB TO TOMB” : 10/10

INTERVIEW WITH STEVE BLAZE

Q1: First of all, I saw you guys live in Japan with Def Leppard and Thunder. It was an outdoor show but the sound was great and the performance was fantastic. Do you remember that time? How was Japan?

【STEVE】: The trip to Japan was one of the highlights of my musical career! The people were amazingly kind, and the atmosphere and culture were astounding. We greatly wish to come back soon and play many more shows!

Q1: 実は、私は DEF LEPPARD と THUNDER との来日公演を見ているんです。
野外ライブだったのですが、音も良く、演奏も素晴らしかったのを覚えていますよ。あの時のことは覚えていますか?

【STEVE】: 日本への旅は、僕の音楽キャリアの中でもハイライトのひとつだよ!
日本人はとても親切で、とてもフレンドリー。人々は驚くほど親切で、その雰囲気と文化には本当に驚かされたね。またすぐにでも日本に行って、たくさんライブをしたいと強く思っているよ!

Q2: You guys were deeply involved with Ratt and others in the early days and are generally classified as glam metal or hair metal, but after seeing that show I was convinced you were a much deeper band. I suppose it is not comfortable to still refer to you guys as a hair metal band, would you agree?

【STEVE】: We are very unique in that we dont fit any categories. We were lumped into the hair metal genre because of the type of music that was popular at the time we came out. Now, we are being called prog rock. I actually feel we are in a category of our own, having influences from all types of music.

Q2: LILLIAN AXE は初期には RATT などと深く関わり、一般的にはグラムメタルやヘアメタルに分類されていますが、あのライブを見て、もっと深みのある多様なバンドであると確信しました。
今でもあなた方をヘアメタル・バンドと呼ぶのは違和感があると思うのですが、あなた自身はどう受け止めていますか?

【STEVE】: 僕たちはどのカテゴリーにも当てはまらないという点で、とてもユニークな存在なんだ。僕らが出てきた当時は、そういった音楽が流行っていたからヘアメタルというジャンルに括られていた。
だけど今、僕たちは “プログ・ロック” と呼ばれているんだからね!あらゆるタイプの音楽から影響を受けている僕たちは、実は自分たちだけのカテゴリーに属していると思う。

Q3: Like Former member Craig Nunenmacher has worked with Crowber and BLS, Scott Stewarts started Godsmac, Lillian Axe’s relationship with the South is really important. How has Louisiana influenced your music?

【STEVE】: I think it’s more of the mysterious nature of Louisiana that has influenced us. That’s why we are proud to have inducted into the Louisiana Music Hall of Fame twice!

Q3: 元メンバーの Craig Nunenmacher が CROWBER や BLS と仕事をしたり、Scott Stewarts が GODSMAC を始めたように、LILLIAN AXE にとってアメリカ南部との関係は本当に重要ですよね?
ルイジアナはあなたの音楽にどのような影響を及ぼしましたか?

【STEVE】: 南部というよりも、どちらかというと、ルイジアナの神秘的な性質が音楽に影響していると思う。だからこそ、ルイジアナ音楽の殿堂に2度も入ることができた。誇りに思うよ。

Q4: For me, your masterpiece was “Psychoschizophrenia”. The time, everything was grunge, but unlike other metal bands, your music became darker and more introspective, which made the melodies and intelligence stand out, how about that?

【STEVE】: I agree that Psychoscizophrenia was a major landmark in our timeline. I felt a great opening in my mind concerning my songwriting. I feel that this album was a defining point in our history.

Q4: 私にとって、LILLIAN AXE 真の傑作は “Psychoschizophrenia” なんですよ。
当時はすべてがグランジでしたが、他のメタルバンドと違って、あなたの音楽はよりダークで内省的になったことでメロディーと知性が際立ったように感じました。

【STEVE】: “Psychoscizophrenia” が僕らの時間軸の中で大きなランドマークだったということには、僕も同意するよ。曲作りに関して、僕はあのアルバムで心が大きく開くのを感じたんだ。だからこのアルバムは、僕たちの歴史の中で決定的な場所になったと感じているよ。

Q5: Why did you decide to release your first new album in 10 years now?

【STEVE】: We have and will always continue to create new music. It took a while because we were going through some label and band changes. We did, however, release One Night in the Temple!

Q5: “From Womb to Tomb” は10年ぶりのアルバムとなりましたね?

【STEVE】: 僕たちはこれまでも、これからも、新しい音楽を作り続けていくよ。レーベルやバンドが変わったりして、少し時間がかかっただけなんだ。でも、その間に二枚組ライブアルバムの “One Night in the Temple” はリリースしているしね。

Q6: Still, “From Womb to Tomb” is a really great album! Isn’t it the band’s best work? It’s more progressive than ever, more unified from head to toe like a movie soundtrack, would you agree?

【STEVE】: I feel that From Womb to Tomb is our defining moment, our opus. It is the album that best defines Lillian Axe! I firmly believe it could be the soundtrack to a great movie! We are discussing performing live with an orchestra and a choir.

Q6: それにしても、この新作は素晴らしいですね!バンドの最高到達点を更新したのではないですか?プログレッシブを超越して、開幕から閉幕まで映画のサウンドトラックのように一つにつながっています。

【STEVE】: “From Womb to Tomb” は、僕たちの決定的瞬間であり、作品だと感じているよ。LILLIAN AXE を最も完璧に定義するアルバムなんだ!
君の言う通り、まさに素晴らしい映画のサウンドトラックになると確信しているよ。オーケストラや合唱団と一緒にライブをすることを話し合っているくらいでね。

Q7: Does “From Womb to Tomb” mean in a sense a story of your life? Is it a total success for you, both musically and conceptually?

【STEVE】: This album has exceeded my expectations. It is based on the timeline of my life and the lessons I have learned throughout. It was written and recorded in chronological order as well. I believe that these same understandings and feelings I have gone through are the same ones all people have experienced, even though all of our lives are different and unique.

Q7: “From Womb to Tomb” はある意味、あなたの人生という物語を描いているのでしょうか?

【STEVE】: このアルバムは僕の期待以上のものに仕上がったよ。この作品は僕の人生の年表と、その中で学んだ教訓に基づいているんだよ。作曲と録音も、僕の人生の時系列に基づいて行われていったんだ。
そして、僕が経験したこうした理解や感情は、もちろん僕たちの人生がすべて異なっていてユニークなものだけど、それでもすべての人が経験したものと同じものだと信じているんだよ。

Q8: Your guitars are great too! Your guitar solos are like a story. As a guitarist, how do you feel about the recent technical advancements and instant musicians cut off for 30 seconds on social networking sites?

【STEVE】: I am not aware of these particular situations about musicians being cut off. However, I do address my solos as an integral part of each story. They are not created just to show off technical prowess, but to fit the song musically and emotionally.

Q8: 今もあなたのギター・プレイは素晴らしいですね!ギターソロがまるで物語のように思えます。最近の技術の進歩や、SNSで30秒を切り取るインスタントミュージシャンについて、あなたはどのように感じていますか?

【STEVE】: 別に、他のミュージシャンが短い動画を切り取ることについては、特に意識していないんだ。だけど、僕のソロは、それぞれ楽曲のストーリーの重要な部分として取り組んでいるからね。
ただ、技術的な強みを誇示するためではなく、音楽的、感情的に曲にフィットするように創作しているんだ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED STEVE’S LIFE

ALICE COOPER “SCHOOL’S OUT”

BLACK SABBATH “PARANOID”

QUEEN “QUEEN Ⅱ”

BREAD “GREATEST HITS”

ELTON JOHN “EMPTY SKY”

MESSAGE FOR JAPAN

We can not wait to come back to Japan! Please spread the word about Lillian Axe and help get us over to see you!

日本に戻るのが待ちきれないよ!日本で LILLIAN AXE をぜひ広めて、来日を助けてほしいな!

STEVE BLAZE

LILLIAN AXE Facebook
LILLIAN AXE Official
日本盤のご購入はこちら。MARQUEE/AVALON

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です