10996533_826251994133904_1236191608842301278_n

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【WILDERUN : SLEEP AT THE EDGE OF THE EARTH】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH EVAN BERRY OF WILDERUN !!

1488169_555930007832772_1182343901_n

FOLK/EPIC METAL RULE THE WORLD !! WILDERUN HAS JUST RELEASED AWESOME NEW ALBUM “SLEEP AT THE EDGE OF THE EARTH” !!

US 産 FOLK/EPIC メタルバンド WILDERUN が2ndアルバム “SLEEP AT THE EDGE OF THE EARTH” をリリースしました。まだ知名度は低いのですがアルバムの内容は非常に素晴らしく、春から BANDCAMP で売れまくっている作品でもあります。OPETH 的プログメタルを軸として、そこにAGALLOCH のようなダークでアトモスフェリックなブラックメタル要素、ENSIFERUM のような勇壮なフォークメタル要素を加えた音楽性は様々なジャンルの支持者たちにアピールするでしょう。デビュー作 ” OLDEN TALES & DEATHLY TRAILS” ではネイティブアメリカンの伝統音楽を大胆に取り入れていましたが、今回は独自のフォーキーなメロディーを中心に据えさらに充実した作品に仕上げてきました。ロジカルなストラクチャーとアグレッションのバランス、ダイナミクスのつけ方が実に見事です。マンドリンやダルシマーといった民族楽器を使用している点も魅力の1つ。決して飛び道具的な用途ではなく、自然に楽曲に導入され彼らの強力な武器の1つとなっています。こういったバンドが US から登場したことは FOLK/EPIC メタルの未来にとっても重要な出来事かも知れませんね。今回弊誌ではボーカル/ギター担当の EVAN BERRY にインタビューを行いました。ぜひこの機会に彼らの音楽を知って欲しいと思います!

10996533_826251994133904_1236191608842301278_n

【INTERVIEW WITH EVAN BERRY】

644187_421336261292148_156675417_n

Q1: Your newest album “Sleep at the Edge of the Earth” is just released! How are you feeling now? And How are the reactions?

【EVAN】: We’re all feeling great! Very glad to finally get this album out to the world. Overall, the reactions have been pretty fantastic. Sometimes a bit mixed, especially from those who were expecting another “Olden Tales & Deathly Trails”, but it’s seeming like most people eventually come around after a few listens

Q1: 新作 “SLEEP AT THE EDGE OF THE EARTH” がリリースされましたね!!今はどういったお気持ちですか? また反響はいかがですか?

【EVAN】: 最高だよ!遂にこのアルバムをリリース出来てとても嬉しいね。全体的に反響も素晴らしいんだ。時々は 第2の”OLDEN TALES & DEATHLY TRAILS” を期待していたなんて声もあるけど、ほとんどのリスナーは気に入ってくれているようだね。

Q2: At first, what’s the origin of band name Wilderun? And how did you get together?

【EVAN】: The band name is honestly a bit arbitrary – I took it from the Shannara fantasy book series, simply because I thought it was a cool word, and would fit the general vibe of the band. I wish I had a more exciting story behind it, but that’s about it haha. I suppose there was part of me that wanted to leave the sound of the band name somewhat open and ambiguous, so we weren’t pigeonholed into a particular sound, and a name like Wilderun feels right for that. The band was fully formed in Boston in early 2012. We initially got together for the sole purpose of recording our debut album. At the time, we didn’t have any plans beyond that – that was the only goal. After it was released, we collectively decided we wanted to attempt to keep Wilderun going – so here we are!

Q2: まずはバンドについて聞かせてください。WILDERUN はどのように始まったのでしょう。バンド名の由来は?

【EVAN】: バンド名は正直言って少し恣意的なんだよ。SHANNARA FANTASY BOOK シリーズから取ったんだけど、単純にクールな単語だったのと、バンドの雰囲気に合うと思ったからなんだ。もっと面白い話があったら良かったんだけどこれが真実さ(笑) 僕の中でバンドネームはいくらかオープンで多義なものであるべきだと考えていたから、特定のジャンルに分類されたくなかったし、WILDERUN はそういう意味でもよかったね。バンドは2012年の初頭にボストンで結成されたんだ。最初はデビュー作をレコーディングするためだけに集まったんだよね。他にプランはなくてそれだけが目標だった。リリースされてから WILDERUN を続けようって決めたんだ。だから今があるんだね!

10933925_779675002124937_6030266220964837671_n

Q3: “Sleep at the Edge of the Earth” is really great record. Do you have a conceptual story, or lyrical themes?

【EVAN】: There’s not really a particular story, but the whole album is tied to a few connecting themes, such as isolation, the burdens of human connection, and fear. I’d say the album follows a sort of emotional journey from start to finish, even if it doesn’t have a specific “plot” .

Q3: 新作も素晴らしいアルバムですね。コンセプトや歌詞のテーマはありますか?

【EVAN】: 特にストーリーはないんだ。ただアルバム全体がいくつかのテーマとつながっているよ。孤立、人間関係の重荷、そして恐怖。このアルバムは最初から最後まで感情の旅だと言えるだろうね。例え特別なプロットが無くてもね。

Q4: I think we can listen to your darker, heavier side from “Sleep at the Edge of the Earth”. What did you aim for in your writing process?

【EVAN】: I don’t think we necessarily made this album darker intentionally. It’s kinda just what came out. A couple of the songs were written fairly soon after some of the darker moments on “Olden Tales”, such as “The Dying Californian” and some bits of “Suncatcher”, so I think it was just a natural progression. But after a couple of the songs were written, I think it became clear that the album was going to have a darker tone, so we didn’t fight that.

Q4: “SLEEP AT THE EDGE OF THE EARTH” ではあなた達のよりへヴィーでダークな一面を聴くことができると思いました。作曲段階で目指したものを教えてください。

【EVAN】: 意図的にこのアルバムをよりダークにする必要があったとは思わないな。なるべくしてなったと言うか。何曲かは “OLDEN TALES” のダークな感覚に続けてすぐ書いたんだよ。”THE DYING CALIFORNIAN” とか “SUNCATCHER” もそんな感じだね。だから自然な進化だと思っているよ。何曲か書いた後に、このアルバムはよりダークになるって判ったからそれに贖ったりはしなかったよ。

Q5: You were so much influenced by American folk music in your debut album “Olden Tales & Deathly Trails”. But I think it’s little bit different this time. How did you progress from your previous record?

【EVAN】: This time around, we decided to not use any traditional music. Once again, it wasn’t (initially) an intentional choice. We simply looked at all the material that we had, and realized that all the songs that “fit together” were all original compositions. We had one song that was based off a traditional tune, but it didn’t quite fit in with the rest, so we’ll probably save that one for later. But as far as “Sleep” goes, I think we were all really happy with the decision to make the album all original. I think, maybe subconsciously, it makes the album feel more like “Wilderun” to us, since we created everything. That being said, I’m certainly not opposed to using some traditional music on future albums. We’ll see!

Q5: デビュー作、”OLDEN TALES & DEATHLY TRAILS” ではアメリカの伝統的なフォークミュージックに影響を受けていました。ただ今回は少し違っているようですね?

【EVAN】: うん、今回は伝統音楽を使うのは止めようって決めたんだ。たださっきも言ったけど意図的な選択ではないよ。単純に、全てのマテリアルを考慮したとき、全ての楽曲がそのままアルバムにフィットしていたんだよ。1曲だけ伝統音楽に基づいた楽曲があったんだけど、ハマらなかったから取って置くことにしたよ。今回のアルバムに関しては、全てを”オリジナル”の楽曲で制作出来たことはとても嬉しいね。おそらく無意識のうちに、全てを自分たちが制作することでより WILDERUN らしいアルバムにしたかったんだと思うな。まあ、だからと言って将来的に伝統音楽を使わないと言っている訳ではないよ。それはまたのお楽しみだね!

Q6: Lot’s of Folk Metal fans are surprised at you are from US. We never thought such a great Folk Metal band appeared from Massachusetts. Do you think that identity is your strong point? And do you think Folk Metal are expanding in worldwide?

【EVAN】: I’d say its simultaneously a bit of a strong point and a bit of a weakness. On the upside, we’re able to stand out somewhat, and maybe play a set of music people over here aren’t as used to hearing. On the downside, since folk/epic metal has such a niche audience, it can be hard to find the right bill, and find that exact right audience that actually wants to listen to you. But I think its slowly getting better. .

Q6: フォークメタルファンの多くはあなた達のようなバンドがマサチューセッツから現れたことに驚いたと思います。アメリカ出身というのはあなた達の強みでしょうか?フォークメタルは世界に広がっていると思いますか?

【EVAN】: そうだね、強みでもあるし弱みでもあると思うんだ。良い点としては、僕たちはそのお陰である程度目立っていると思う。悪い点は、アメリカには FOLK/EPIC メタルのオーディエンスがあまりいないから適切な報酬を受け取ったり、リスナーを見つけることが難しいんだよね。まあだんだんとは良くなっているけどね。

1146468_720741251351646_4502001700481958585_n

Q7: There are number of traditional folk instruments like dulcimer, mandolin in this record. When did you find such a rare instruments in your musical upbringing? And was that easy to use such instruments effectively in Metal songs?

【EVAN】: We’re all interested in a lot of music outside of the realm of metal, so luckily we all own a variety of instruments. Although, we were really quite lucky to come across instruments such as the dulcimer and autoharp. Those were actually handed down to our bassist Dan from his relatives, and they’ve been around for the better part of a century. It definitely wasn’t easy to work in all the instruments into the songs, but it was a fun process. Just took a lot of patience and careful listening. We only ever decided to use a specific folk instrument if we felt like that particular section really called for it .

Q7: あなた達はダルシマーやマンドリンなど様々な民族楽器を使用しでいますね。どのようにしてそういった楽器を発見していったのでしょう?またメタルに使用するのは難しいですか?

【EVAN】: 僕たちは皆メタル以外の多くのジャンルに興味を持っているんだ。そして幸運なことに様々な楽器を所持している。ただ、ダルシマーやオートハープと出会えたのは本当にラッキーだったと言えるだろうね。ベーシストの DAN が彼の関係者から譲り受けたんだけど、時代を超えた素晴らしい楽器たちだよ。確かに楽曲にそういった楽器たちを導入するのは簡単ではないね。ただ面白いプロセスでもあるんだ。忍耐と注意深さが必要だね。この楽器を使用しようと決めて使うのではなく、楽曲が要求するから導入しているんだけどね。

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED EVAN’S LIFE!!

MR.BUNGLE “DISCO VOLANTE”

Disco_Volante_album_cover

AGALLOCH “THE MANTLE”

220px-The_Mantle

INTERPOOL “TURN ON THE BRIGHT LIGHTS”

Interpol_-_Turn_On_The_Bright_Lights

EMPEROR “IN THE NIGHTSIDE ECLIPSE”

93

KENDRICK LAMAR “TO PIMP A BUTTERFLY”

20150320230435

【MESSAGE FOR JAPAN】

1780677_591858474239925_1672496291_n

Thanks so much for the interview! We very much hope we can make it to Japan one day!

インタビューをありがとう!いつか日本に行けたら最高だね!

EVAN BERRY

http://www.wilderun.com/

http://facebook.com/OfficialWilderun

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です