11407064_957600224279733_6363747702191617281_n

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BAROCK PROJECT : SKYLINE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH LUCA ZABBINI OF BAROCK PROJECT !!

11800466_983465658359856_4868012877406459854_n

GREAT ITALIAN NEO-PROG BAND, BAROCK PROJECT HAS JUST RELEASED DYNAMIC & BEAUTIFUL NEW ALBUM SKYLINE !!

イタリアの次世代プログロックバンド、BAROCK PROJECT が新作 “SKYLINE” をリリースしました。
ご承知の通り、過去のタイトルばかりを漁って聴かなければならないプログロック冬の時代は終焉を迎えています。DJENT、アトモスフェリックな要素を配したモダンプログメタルは世界的な人気を博していますし、所謂ネオプログなどとも称される過去のプログロックを現代的に解釈した次世代のプログロックバンドも続々と登場しています。PORCUPINE TREE, ANEKDOTEN を筆頭に、BIG BIG TRAIN, MOON SAFARI, HAKEN, RIVERSIDE といったバンドたちの躍進は目を見張るものがありますね。
今回扱うイタリアの新星 BAROCK PROJECT も彼らに続く才能だと思います。”SKYLINE” は確実に彼らの最高傑作でしょう。制作中にベーシストが脱退していますが新しいギタリスト、ドラマーを加えて、ボーカル、ギター、キーボード、ドラムという四人編成で送り出す今作は ELP, GENESIS といったプログロックジャイアント達へのラブレターであり、同時に洗練されたモダンなサウンドも兼ね備えています。
GENESIS など数多の名作でアートワークを手掛けてきた PAUL WHITEHEAD がジャケットを担当、同郷の偉大な先輩 NEW TROLLS の VITTORIO DE SCALZI がゲスト参加という話題性も充分な “SKYLINE” ですが、特筆すべきはやはりキーボーディストでコンポーザー LUCA ZAPPINI の KEITH EMERSON 譲りのダイナミックな演奏と、ハードなエッジとキャッチーさを巧に取り入れた作曲術でしょう。
例えば以前インタビューを行った MOON SAFARI にも言えることですが、決してプログロックという枠のみに留まらずより多くのリスナーにアピールするであろう方向性を模索し高いレベルで提供する彼らの意識と実力は、間違いなく人気とセールスという報酬に結実すると信じます。実際、”SKYLINE” は “THE BOOK OF LIFE” という大曲にライブテイクをボーナストラックとして加え、曲順も変更した上で MARQUEE/BELL ANTIQUE より日本盤がリリースされました。更なる快進撃、来日も期待できそうですね。
彼らはメンバー全員がイケメンという極めて貴重なプログバンドなのですが、中でも一番のイケメン LUCA ZABBINI がインタビューに答えてくれました!!

barock_project_skyline

【INTERVIEW WITH LUCA ZABBINI】

10930170_951965261509896_482196689248581230_n

Q1: This is our first Interview with you. So, at first, would you tell us about your band name Barock Project? Do you play on words with Baroque and Rock?

【LUCA】: The decision of Barock Project name comes from the fact that during the initial period, in 2003, we wanted to mix rock music mostly with Baroque. I love Johann Sebastian Bach and, in general, the Baroque music period. My passion was generated mainly listening to Keith Emerson. I’ve always been fascinated by how he could handle that kind of music in rock. Over the years we have turned towards a more personal identity, moving away from the initial idea, although our key point remains the Symphonic character.

Q1: 初インタビューです。まずはバンド名について教えてください。やはり BAROQUE と ROCK をかけているのでしょうか?

【LUCA】: BAROCK PROJECT という名前は2003年、バンドの最初期に決められたんだ。ROCK と BAROQUE を融合したかったんだよ。J.S. BACH を愛しているし、バロック音楽全体も好きなんだ。僕の音楽に対する情熱は主に KEITH EMERSON を聴くことで生まれたと言えるね。バロック音楽をロックに導入する彼のやり方には常に魅了されてきたよ。ここ何年か僕たちはもっと個人的なアイデンティティの方に向かっているけど、それでもそのキーポイントはシンフォニックな要素として残っているね。

Q2: Anyway, your newest album “Skyline” is just out now! Barock Project now Becomes quartet again. How are you feeling now? And how are the reactions?

【LUCA】: I believe that the current lineup is perfect as far as teamwork and I think that we will stay like this for a good while. During the Skyline practice, we have reached a very democratic and peaceful system that enables me to offer my music to the other guys and see them motivated with great spirit of a constructive Band. Definitely we will go on with this team and, with regard to the bass player, we will work with talented session musicians among our circle of friends.

Q2: そして新作 “SKYLINE” がリリースされましたね!BAROCK PROJECT は四人編成に戻ったわけですが、今はどのようなお気持ちですか?

【LUCA】: チームワークに関しては今のラインナップが完璧だと信じているよ。暫く変更は無いんじゃないかな。”SKYLINE” のリハーサルで僕たちはとても民主的で平和なシステムにたどり着いたんだ。僕の音楽をメンバーに理解してもらえるし、彼らもバンドの一員としてモチベーションが上がるようなやり方だよ。間違いなく、僕たちはチームとして前に進んでいるし、ベーシストに関しては才能あるセッションミュージシャンを友達の輪の中から起用しているんだ。

11750684_972805116092577_4564600263298633722_n

Q3: “Skyline” is really cool title. When you named this great albums as “Skyline,” What was in your mind? Would you tell us the concept or lyrical themes of “Skyline”?

【LUCA】: The concept of Skyline is about a man who, while drowning, entrusts all his own hopes in the horizon line that separates the earthly world from the universe. The idea came from our lyricist, Antonio De Sarno, who was inspired by the music of this song. We liked the concept and this is why we decided to use it also as the title of the album.

Q3: “SKYLINE” というタイトルもクールですね。アルバムのコンセプト、歌詞のテーマを教えてください。

【LUCA】: “SKYLINE” のコンセプトはね、全ての希望を地球と宇宙を分つ分岐線に託し惹きつけられている男の話なんだ。アイデアは僕たちの歌詞を担当している ANTONIO DE SARUNO がタイトルトラックにインスパイアされて思いついたんだ。このコンセプトが気に入っているし、だからこそアルバムのタイトルに決めたんだよ。

Q4: Paul Whitehead produced this awesome artwork. Off course, he worked with Genesis, Van Der Graaf Generator and some other great prog bands. Do you think that’s the honor to work with him? And does the artwork relate to the concept of the album?

【LUCA】: We met with Paul several times to discuss what was to become the album cover. We discussed at length on the subject of Skyline and of course we played a music preview to him. Particularly the title track, which talks about a shipwreck. Paul himself was very impressed by our music and, of course, from our part, there was much enthusiasm for the honor to have him as a visual artist in our album .

Q4: PAUL WHITEHEAD が手掛けたアートワークも素晴らしいですね。勿論彼は GENESIS, VAN DER GRAAF GENERATOR などいくつもの偉大なプログバンドを手掛けてきた訳ですが、彼との仕事はどうでしたか?

【LUCA】: PAUL には何度も会ってアートワークをどうするか話し合ったんだ。”SKYLINE” のコンセプトを詳細に渡って話し、勿論音楽も聴かせたよ。難破船について扱っているタイトルトラックは特にね。PAUL は僕たちの音楽にとても感銘を受けていたよ。勿論、僕たちも彼にアートワークを担当してもらってとても光栄だよ。

11407064_957600224279733_6363747702191617281_n

Q5: Anyway, I really love “Skyline”. It’s definitely not only a love letter to Great Prog giants like ELP, Genesis, but also having modern prog essences. Do you agree that? And what do you think about the proper balance between past and modern?

【LUCA】: I am always looking for fresh and catchy sounds. I grew up with Prog records, they are part of me. But this does not mean that I must necessarily follow the same sounds or use the style of classics like those. Balance the past with modern age is quite a challenge, it is likely to fall into something already heard or in comparison with other groups. My goal is to achieve a sound of our own .

Q5: 音楽の話をしましょう。”SKYLINE” は ELP, GENESIS といった偉大なプログジャイアントたちへのラブレターであると同時に、モダンプログのエッセンスも感じられる作品です。過去と現在のバランスについてはどう考えていますか?

【LUCA】: 僕はいつも新しくてキャッチーなサウンドを探しているんだ。プログロックを聴いて育ったし、それらは僕の一部だよ。ただ、だからと言って僕が同じようなサウンドやクラシカルなスタイルを踏襲しなければならない訳ではないよね。確かに過去と現代的な音楽のバランスを取ることはとてもチャレンジングだね。ともすれば、聴いたことのあるようなものや、他のグループと比較されるようなものになりかねないんだから。僕のゴールは自分だけのサウンドを築き上げることなんだ。

Q6: “Skyline” is really beautiful and great epical song. Vittorio De Scalzi of New Trolls took part in this song. He brought special essence to “Skyline”. How did this colaboration stat? And what is Italian prog scene to you?

【LUCA】: The meeting with Vittorio was set up by our manager Claudio who was already working for him and the great NEW TROLLS. It was a great opportunity to have him as a guest star in our record. Vittorio is a great person, we coped very well with him and he was very cooperative and enthusiastic. I spent some time with him doing interviews during the promotion tour in Sanremo festival and has always been nice to all of us. It was a valuable contribution to our record and we are all proud .

Q6: 仰る通り “SKYLINE” は美しくエピカルでまさにアルバムを象徴するような大曲です。また NEW TROLLS の VITTORIO DE SCALZI が参加し特別なエッセンスを加えていますね。

【LUCA】: VITTORIO とのミーティングは僕たちのマネージャー、CLAUDIO がセッティングしてくれたんだ。CLAUDIO は彼と偉大な NEW TROLLS と共に仕事をしていたからね。VITTORIO を僕たちのレコードにゲストとして迎えることが出来たのは大きな出来事だったよ。VITTORIO は素晴らしい人物で僕たちともウマが合ったんだ。とても協力的で熱意のある人物さ。SANREMO FEST.のプロモーションツアーで彼がインタビューをこなしたりしている間、一緒にいたりしたんだ。とても良くしてくれたね。価値のある貢献をしてくれたし、僕たち皆が誇りに思っているよ。

11229417_950300908342998_7479418369270495294_n

Q7: “Roadkill” has hard driving edge, and it reminds me TOTO. I love this side of Barock Project and That Kind of catchy feeling separates you from many other prog bands. Is that kind of American Hard Rock / Catchy important aspect for you?

【LUCA】: We’re all big fans and listeners of Toto.They are amazing musicians and have made wonderful albums. We like the idea of liquidating the tensions of the more complex prog songs with others more direct and rock. It works as a tension break for the listener. Roadkill was the continuation of the song Skyline, which had become too long. It was long enough to detach from the latter to give it a stand alone autonomy.

Q7: “ROADKILL” にはハードなエッジがありますね。TOTO を思い出しましたよ。あなた達のハード/キャッチーな一面は他のプログバンドたちとの違いを生んでいる気がします。

【LUCA】: うん、僕たちは皆 TOTO の大ファンなんだ。彼らは驚異的なミュージシャンで素晴らしいアルバムを作ってきたね。僕たちは複雑なプログロックのテンションをもっとダイレクトなロックで弁済するアイデアが気に入っているんだよ。リスナーも緊張は続かないでしょ?実は元々 “ROADKILL” は “SKYLINE” の一部で続いていたんだ。だけど長くなりすぎてしまってね。切り離しても充分曲として成立するから後半だけ独立させたんだよ。

Q8: Chris Squire of YES is gone. But I think New generation of prog bands like you are going to take over the will of him. Are there any young prog band That You have sympathy with

【LUCA】: We have great respect for our Italian friends F.E.M. and the Norwegians Leprous. .

Q8: YES の CHRIS SQUIRE が亡くなりましたね。あなた達のようなプログロック新世代が彼の意志を引き継いで行くことを期待しています。共感を覚えている新しいバンドはいますか?

【LUCA】: 友人であるイタリアの F.E.M. とノルウェーの LEPROUS はとてもリスペクトしているよ。

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED LUCA ZAPPINI’S LIFE!!

EMERSON,LAKE & PALMER “BRAIN SALAD SURGERY”

ELP_-_Brain_Salad_Surgery

THE BEATLES “SGT.PEPPERS LONELY HEARTS CLUB BAND”

010-beatles-sgt-pepper-1967

JETHRO TULL “AQUALUNG”

JethroTullAqualungalbumcover

QUEEN “A NIGHT AT THE OPERA”

MI0003201028

 

THE POLICE “REGATTA DE BLANC”

416SNM2DATL

【MESSAGE FOR JAPAN】

10411727_937971349575954_5042106204990356285_n

For the Japanese market we have reserved these little bonuses that result from the work of a few years ago, infact in the live track you can still hear our former bassman GB Giorgi. The Book Of Life should have been featured in Coffee In Neukolln, but we ran out of space. As far as Fool’s Epilogue, one of my favourite composition, we chose to use the live version of a 2012 concert. The choice fell on this just because I wrote it as soon as the tragic Fukushima accident happened and I was very saddened. It’s a song very dear to me. We have always been attracted by Japan and sincerely hope to play live shows SOON in your beautiful country.

日本のマーケットのために、僕たちは何年か前の楽曲を提供することにしたよ。ライブテイクでは前のベーシスト GB GIORGI のプレイが聴けるね。”THE BOOK OF LIFE” は “COFFEE IN NEUKOLLON” に収録されるはずだったんだけど収める場所が無くなってしまったんだよ。”FOOL’S EPILOGUE”に関しては僕の大好きな楽曲の1つなんだ。2012年のライブテイクを選んだよ。なぜならこの楽曲は福島の悲しい出来事が起こってすぐに書いた楽曲で、当時は僕自身とても悲しい気持ちになっていたんだ。敢えて君たちに聴いてもらいたかったんだよ。いつも日本には魅了されているし、”すぐに”あなたの美しい国でショーをしたいと心から思っているんだ。

LUCA ZABBINI

http://www.barockproject.net

https://www.facebook.com/barockproject

http://www.starsofitaly.com

日本盤の購入はこちら

 

 

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です