NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【JOHN BROWNE’S FLUX CONDUCT : QATSI】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH JOHN BROWNE !!

10422493_10153086289989174_7415718437326073581_n

JOHN BROWNE of MONUMENTS has Just released really artistic solo debut album “QUATSI”!! He released his creativity with his emotion !!

モダンメタルシーン重要バンドの1つ MONUMENTS のギタリスト JOHN BROWNE が初のソロアルバム “QUATSI” をリリースしました!!
ギターは勿論、全ての楽器を JOHN がプレイしプロデュースも手掛け、ストーリーの主人公までもが JOHN 自身という非常にパーソナルな作品です。”QUATSI” とはホピ族の言葉で”人生”。作品は JOHN の過去、現在、未来を投影しています。1時間を超えるインストゥルメンタルアルバムですが、私たちは彼の右手を通して心の中の怒りやフラストレーション、魂の叫びを感じることが出来るのです。
音楽的には、映画のサウンドトラックのような作品だと思います。ただ、ハリウッド映画のような壮大さと言うよりも、人間の本質に迫るような生々しい迫力を備えています。オーケストラやピアノのサウンドによってアルバムは一段上の表現力を得ていますね。”ZEALOT” などはまるでRPGゲームを1曲で表現しているような素晴らしさです。
加えて彼の生み出す感情のこもった力強くも知的なリフの数々は、 MESHUGGAH のギタリスト、かの FREDRIK THORDENDAL が唯一残している傑作アルバム “SOL NIGER WITHIN” をも想起させます。特に “THE LAST GOODBYE” で聴ける矢継ぎ早なリフワークは彼のディスコグラフィーの中でも白眉なのではないでしょうか? DISPERSE の JAKUB ZYTECKI と SCALE THE SUMMIT の CHRIS LETCHFORD が “THE HEART OF ATLANTIS” にゲスト参加していることも記しておくべきでしょう。才能溢れるニューマイスターたちの共演は新しい時代の幕開けを感じさせます。
商業的な成功など微塵も頭にはないような、勿論リリースされてはいるものの非常にプライベートなアルバムです。しかしながら、彼の世界を垣間見るうち、私たちもその世界にズブズブと引き込まれていることに気づくでしょう。TECH-METAL ファンやギタリストは必聴の作品です。今回弊誌では JOHN BROWNE にインタビューを行うことが出来ました。MONUMENTS や FELLSILENT についても話が聞けましたよ。どうぞ!!

12032040_900416343384324_8131281723372530120_n

MMM RATING⭐️

JOHN BROWNE’S FLUX CONDUCT “QATSI” : 9,5/10

【INTERVIEW WITH JOHN BROWNE】

10574246_858457204246905_7361281676966981123_n

Q1: Hi, John! Thanks a lot for giving us this great opportunity! Your first and amazing solo album “Qatsi” set to release on 10/19!! How are you feeling now?

【JOHN】: Thank you very much for having me! I’m feeling fairly confident, although it is always scary releasing new music to the world wide web.

Q1: ソロデビュー作 “QATSI” がリリースされましたね!素晴らしい作品ですね!今のお気持ちを聞かせてください。

【JOHN】: どうもありがとう!自信に満ちているけど、新しい音楽をインターネットの世界にリリースする時はいつだって怖さを感じるものだよ。

Q2: At first, What made you release your solo record? Off course, you are main member of MONTMENTS. How do you separate solo and MONTMENTS?

【JOHN】: I had a lot of stuff that I wanted to get off my chest. I’m pretty awful at talking to people when I’m in a bad place so I use music as a way to disperse it…and relate it to certain situation and scenarios. I didn’t really want all the hate I had being brought forward every time I go on stage with Monuments so I used a solo project as a way to release it from myself into the world and for people to hear it.

Q2: まずはソロ作品をリリースしようと思った理由を聞かせてください。勿論あなたは MONUMENTS のメインコンポーザーでもあるわけですが。

【JOHN】: 発散しなければならないものが溜まっていたんだよ。僕は居心地が悪い時は、人と話すのも嫌になってしまうんだ。だから音楽で発散しようと思ってね…そういったシチュエーションやシーンに関連づけて作ったんだ。いつもヘイトを満載したままで MONUMENTS のステージに立ちたくはなかったからね。だからソロプロジェクトを世界やリスナーに僕の感情を開放する手段として使ったんだ。

Q3: You played all instruments and produced entire album. I think it’s not easy and challenging for you. But you’ve done them in very higher level. Did you enjoy that?

【JOHN】: It was a lot of work for sure, but there’s something good about keeping it all in house so to speak. It feels like I actually completed an entire project by myself.

Q3: 今回、あなたは全ての楽器をプレイし、プロデュースも行いました。簡単ではなかったでしょうね?

【JOHN】: 勿論、やらなければならないことは沢山あったよ。ただ、言ってみれば全ての作業を家で行えたようなものだから、それは良かったね。実際、1人で全てをこなしたような感覚だよ。

Q4: So, musically, “Quatsi” is really experimental record. But there is not only complexity but also is catcy feelings. That made me repeat again and again! I remind Fredrik of MESHUGGAH’s solo album “Sol Niger Within”. Do you feel sympathy with that record?

【JOHN】: Because of the style that I play, it’s always going to relate to Meshuggah and rightly so, they are the guys that brought all the syncopated rhythms into metal. Meshuggah are to modern metal what Metallica was to thrash, what Miles Davis was to Jazz, Duke to Big Band, Beethoven to Classical, Bach to Baroque… Their input into metal has created a new sub style within it, so I understand why you can relate to that album! I can’t believe that album is 18 years old, it still sounds totally relevant today.

Q4: “QUATSI” は非常に実験的な作品ですね。ただ、複雑さの中に引っかかるような感覚が多数存在し、何度もリピートしてしまいます。MESHUGGAH のギタリスト FREDRIK のソロ作品 “SOL NIGER WITHIN” と通じる部分を感じました。

【JOHN】: まあ、僕がプレイしているタイプの音楽は常に MESHUGGAH と関連づけられてしまうし、実際そういった面もあるからね。彼らが全てのシンコペーションのリズムをメタルに持ち込んだんだから。例えばスラッシュメタルにとっての METALLICA、ジャズにとっての MILES DAVIS、ビッグバンドにとっての DUKE ELLINGTON、クラッシックにとってのベートーヴェン、バロック音楽にとってのバッハ。MESHUGGAH はモダンメタル界でそういった位置にいるんだ。彼らがメタルに持ち込んだものは新しいサブジャンルを作ったんだよ。だから君があのアルバムと関連づけるのも理解出来るよ!実際、あのアルバムが作られて18年にもなるなんて信じられないよね。今聴いても完全に最近の作品の様だよ。

Q5: Jakub Zytecki of DISPERSE and Chris Letchford of SCALE THE SUMMIT are special guest on “The Heart of Atlantis”. As it happens, I interviewed with these talented guitarists before. And now I feel you there are definitely next guitar heroes of modern metal scene. Anyway, could you tell us how they join your project?

【JOHN】: I’ve known Chris for about 4 years now, we met when I filled in on guitar for Periphery back in 2011. The tour was with Fair to Midland and Scale the summit. I did some work earlier this year for Chris as well and we get on well, he offered to do a solo for this how could I refuse! He’s sick! Jakub is a prodigy. For his age the amount of feel he has in his playing is incredible, he automatically knows how to speak to you through music. I had a few other players lined up for solos that were the guys that made me pick up a guitar, but unfortunately they had prior commitments and couldn’t make it happen. Hopefully next time!

Q5: DISPERSE の JAKUB ZYTECKI と SCALE THE SUMMIT の CHRIS LETCHFORD が “THE HEART OF ATLANTIS” にゲスト参加しています。偶然にも、弊誌では以前彼ら2人にインタビューを行うことが出来ました。そしてあなたは達3人は間違いなくモダンメタルシーンのニューギターヒーローだと感じています。

【JOHN】: CHRIS は4年くらい前から知っているんだ。2011年に僕が PERIPHERY のギターを務めた時に会ったんだよ。FAIR TO MIDLAND, SCALE THE SUMMIT とのツアーだったからね。今年の始め頃、彼のためにギターを弾いたんだ。彼とは仲が良くてね。僕の作品でソロを弾こうかって言ってくれたんだよ。断れるわけがないよね!彼は最高だよ!JAKUB は非凡な才能を持っているね。彼の年齢であれほど多くの感情をギターに込められるなんて信じられないね。彼は音楽を通して”話す”方法を自然に知っているのさ。他にも何人かソロを弾いてもらいたい人はいたんだけど、今回は残念ながら都合が合わなかったんだ。次回は参加してもらえるといいな!

Q6: Anyway, MONTMENTS’s latest album “The Amanuensis” was also great. When it will be next record? Anup Sastry joined in the band. What will he bring to the band?

【JOHN】: We’re gonna be working on the next record now, Olly already has some amazing ideas on the table it’s just a case of actually getting down to it. Anup brings even more Ethnicity to the band haha. He’s a really great songwriter too, i’m looking forward to seeing where he can also take to the new album.

Q6: あなたのバンド MONUMENTS の最新作 “THE AMANUENSIS” も良い作品でしたね。次のアルバムはいつ頃になりますか?また ANUP SASTRY がバンドに加入しましたね。彼は何をもたらすでしょう?

【JOHN】: ちょうど今、次の作品に取り掛かろうとしているところなんだ。OLLY はすでに素晴らしいアイデアをいくつか持っているね。だから実際あとは取り掛かるだけなんだよ。ANUP はバンドをよりエスニックにしてくれるよ(笑)いやいや、彼は優れたソングライターでもあるから、僕も彼が新作に持ち込んでくれるものを楽しみにしているんだよ。

11887872_10152911575591114_2588117528315649614_n

Q7: So, lot’s of Japanese fans still love FELLSILENT. Do you think the reunion of FELLSILENT will happen someday?

【JOHN】: I don’t think it will ever happen. 3 of us our in 3 full time touring bands. We were offered a show last year for £10,000 and that couldn’t even bring us together to do a show so I’m not sure anything will! Shame, that band could have done magical things in my opinion.

Q7: さて、多くの日本のファンはまだ FELLSILENT を愛していますよ。いつかリユニオンが実現することはあるのでしょうか?

【JOHN】: うーん、そうなるとは思えないなあ。元メンバーのうち3人はフルタイムでツアーしているバンドに所属しているからねえ。実は去年£10,000のオファーを受けたんだよ。それでも集まってショーをやろうとはならなかったんだ。まあ将来何が起こるかは分からないけどね!残念だけど、それでも僕の考えでは、あのバンドはマジカルなことをやってのけたかもしれないね。

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED JOHN’S LIFE!!

MESHUGGAH “CHAOSPHERE”

220px-Meshuggah-Chaosphere

ION DISSONANCE “BREATHING IS IRRELEVANT”

400x400.aspx

UNDEROATH “LOST IN THE SOUND OF SEPARATION”

203595

HIROMI UEHARA’S SONICBLOOM “TIME CONTROL”

51bjx8S0DAL

STRAVINSKI “RITE OF SPRING”

stravinsky-rite-of-spring

【MESSAGE FOR JAPAN】

10500587_10152848416349174_3801073454356889753_n

Please bring back Takeshi’s castle so I can watch you all injure yourselves, it’s funny as fuck!!

風雲たけし城を復活させて欲しいんだ。みんなが自爆するところが見られるからね。アレは最高に面白いよね!

JOHN BROWNE

FLUX CONDUCT BIGCARTEL
FLUX CONDUCT FACEBOOK
JOHN BROWNE YOU TUBE CHANNEL

 

 

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です