napoleonnewbornmind

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【NAPOLEON : NEWBORN MIND】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH SAM OSBORN OF NAPOLEON !!

13592721_1248721418472212_4394339070005372845_n

UK Based Melodic Hardcore Four Piece, NAPOLEON Has Just Released The Genre-Breaking Debut Full-length, “Newborn Mind” !! “Melodiposipassiongroove” Is Here !!

DISC REVIEW “NEWBORN MIND”

ユーロモダンメタルコアシーンの皇帝 NAPOLEON が満を持して待望のデビューフルレングス “Newborn Mind” をリリースしました!!ハイセンスなシングルや EP で注目を集め、将来を期待されながらデビューフルレングスまで長い時間をかけたのは、NOVELISTS と同様の手法。そして36分のレコードは、長く待ち続けた Melodilc Hardcore ファンの期待に十分に応える内容となっています。
Tech-Metal シーンにおいて有数の実力を持つギタリスト、 Sam Osborn 擁する NAPOLEON は自らのサウンドを”melodiposipassiongroove” と称しています。実際、INTERVALS meets KILLSWITCH ENGAGE, POLYPHIA meets ARCHITECTS などと例えられる彼らの音楽性は見事にメロディー、ポジティブ、パッション、グルーヴを共存させていますね。
他の Tech-Metal バンドと比較して、NAPOLEON のサウンドを強く特徴付ているのはその大胆なクリーンギターの使用法でしょう。”Stargazer”,”Utopia” のイントロが効果的なのは勿論、”Maps” を聴けば、彼らがまさに “Newborn” な音楽を創造していることが分かります。メジャーキーで、クリーンギター&クリーンボーカルにより紡がれる2分間の小曲は、Math-Rock, Instru-Metal の影響下にありながら、同時にしっかりと Metalcore の土台も感じさせるのです。非常にカラフル、エモーショナルでフレッシュな “Maps” は NAPOLEON のバンドとしての可能性、多様性を証明していますね。
さらに、”Of Jams, Smokes & Promises” のイントロなどは、And So I Watch You From Afar を彷彿とさせるアイリッシュなメロディーが白眉。ユニークなタイムストラクチャーと相俟って Math-Rock からの影響を強く誇示しています。人生を変えたアルバムに、TTNG の作品をチョイスしているように、ここまで Math-Rock とメタル要素の融合を推し進めたアーティストは前代未聞なのではないでしょうか?
新ボーカル、ex-CLIMATES 、Wes Thompson の荒々しいスクリームからエモーショナルなクリーンまで見事にこなす幅広いレンジも実に魅力的です。時に流暢に、時にカオティックに駆け巡る Sam の多彩なフレットワークとの相性も抜群。タイトルトラック “Newborn Mind” では、スーパータイトなリズム隊、特に James Mendoza のスピーディーでメカニカルなドラミングはアルバムを通して素晴らしいですが、の協力もあり、メロディックでありながらテクニカルでヘヴィーという命題をいとも簡単に達成していますね。
“Dystopia” で歌われる “get awake and defeat this” というフレーズは “Utopia” でも再度現れます。「目を覚ませ、挫けるな」、NAPOLEON の音楽は、インタビューでも語ってくれた通り、リスナーに常にポジティブなグルーヴを届けてくれるのです。
今回弊誌では、Sam Osborn にインタビューを行うことが出来ました。日本ツアーも視野に入っていそうですね、どうぞ!!

12717997_1185592421451779_7179919454834328641_n

NAPOLEON “NEWBORN MIND” : 9.2/10

【INTERVIEW WITH SAM OSBORN】

13726763_1255919644419056_2051745141170391830_n

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about your band? How did Napoleon come to be? And what’s the meaning behind your band name “Napoleon”? It’s little bit strange for the band from UK, haha.

【SAM】: Me and James started the band in 2011. I met James at college and showed him a some songs i was working on. We then got together with some friends and started the band. Since then we’ve had many different vocalists and bass players but we never let it stop us making music. We eventually found the members we had always been looking for and feel more solid than ever. I chose the name Napoleon because it stands out and it’s different to most other band names. Unfortunately there isn’t a good story about the name it just felt right so we stuck with it. We are all kind of short though!

Q1: 弊誌初登場です!まずはバンド結成の経緯と、UK出身でありながらバンドを “Napoleon” と名付けた理由を教えてください。

【SAM】: 僕と James が2011年にバンドを始めたんだよ。James とは大学で会って、彼に僕が取りかかっていた楽曲を聴かせてみたんだ。そこから意気投合して、友人何人かと一緒にバンドを始めたのさ。
それから何人もの異なるボーカルとベーシストがバンドに加入しては去っていったけど、僕たち2人が音楽を止めることはなかったね。徐々にメンバーが固まっていき、今はバンド史上最もソリッドだと感じているよ。
NAPOLEON という名前を採用したのは、他の大半のバンドと違っていて目立つからだよ。残念ながら特に面白い話はないんだけど、正しい名前だと感じて気に入っているよ。

Q2: So, could you tell us your musical background, upbringings?

【SAM】: Me, Jacob and James all started by having instrument lessons from an early age. We had been in seperate local bands throughout school and college but Napoleon is the first band we have been able to tour with. We recruited Wes after his previous band Climates split up.

Q2: 音楽的なバックグラウンドはどのような感じですか?

【SAM】: 僕と Jacob, James は子供の頃から楽器のレッスンを始めているよ。学校や大学では別々のローカルバンドに所属していたから、NAPOLEON が共にツアーを行う初めてのバンドということになるね。Wes は彼の以前所属していた、CLIMATES が解散した後リクルートしたんだよ。

Q3: Your debut full-length, “Newborn Mind” is just out now! How are you feeling now? And how are the reactions so far?

【SAM】: It feels amazing now that Newbron Mind has been released. It was a long and hard journey but we put a lot of work into the songs and are very proud of them! Its great to be able to play these new songs live and the crowd reactions have been better than ever before! The feedback we have had has been very positive and we’re very thankful that people stuck by us after such a long wait. This is only the begining of the band and we can’t wait for the next step!

Q3: デビューフルレングス、”Newborn Mind” がリリースされましたね!今はどういったお気持ちですか?また、これまでの反響はいけがですか?

【SAM】: “Newborn Mind” がリリースされて最高の気分だよ。リリースまでは長く苦しい道のりだったからね。だけど、本当に沢山のものを注ぎ込んだし、誇りに思っているよ!
新曲をライブで演奏出来るのも素晴らしいし、観客のリアクションも以前より良いんだよ!フィードバックもとてもポジティブで、長く待たせてしまったにも関わらず応援してくれるファンには感謝しかないね。これはバンドの始まりに過ぎないし、次のステップが待ちきれないよ!

Q4: When you named it “Newborn Mind”, what was in your mind? Could you tell us about the concept or lyrical themes of “Newborn Mind”?

【SAM】: The themes of newborn mind are mainly about dealing with depression, it comes from a personal place but aims and reaches out to people who feel the same way. It strives to connect to people to not feel alone when they are suffering from mental health. Other running themes talk about religion and politics. ‘Newborn mind’ was meant to portray an idea of creating a fresher way of thinking and trying to drown out the negativity and turning it into positivity.

Q4: タイトルを “Newborn Mind” と決めた理由、併せてアルバムのコンセプトや歌詞のテーマを教えていただけますか?

【SAM】: “Newborn Mind” のテーマは、主に鬱に対処する方法。個人的な問題から扱うことにしたんだけど、同じような問題に苦しむ人たちに届ける目的があるんだよ。心の健康で苦しんでいる人たちに、1人じゃないよと伝えたいんだ。
他には宗教や政治も扱っているね。”Newborn Mind” は、ネガティブさをポジティブさに変える、新鮮な考え方や挑戦を描いているんだよ。

13590478_1244018192275868_8947854312461299132_n

Q5: It took about four years since you released “What We See”. In the interval, you contracted with Basick Records. Was that the main reason of this long interval?

【SAM】: The main reason it took so long was that we didnt feel like we had a stable line up. We didn’t want to release our debut album and potentially have different members on the second and third album. We felt like this was the proper start of the band and it should start how we mean to end. Also for me Writing 10 songs was a personal challenge and i underestimated the whole process. I learnt a lot along the way and i’m working hard on the second album.

Q5: “What We See” をリリースしてから4年が経ちましたね。

【SAM】: ここまで長くかかったのは、主に安定したラインナップだと感じていなかったからなんだ。セカンドアルバムやサードアルバムでメンバーが変わる可能性がありながら、デビュー作をリリースしたくはなかったんだよ。
僕たちはこのメンバー、アルバムこそがバンドの適切なスタートだと感じているし、このメンバーで最後までやるべきなんだよ。
同時に、10曲もの楽曲を書くことは、僕にとって個人的な挑戦だったし、全てのプロセスを短く見積もっていた面はあるね。今回、沢山学んだし、今はセカンドアルバムに向けて一生懸命取り組んでいるところさ。

Q6: Anyway, “Newborn Mind” is definitely game-changing record, you know, your comparison of aggression and atmosphere is outstanding. For example, if you are compared to Killswitch Engage meets Intervals, what do you think about that?

【SAM】: Its interesting because everytime we get compared to other bands everyone says different ones. I think its awesome that everyone can hear different comparisons. We try to make music thats origional and different but inspired by all our favourite bands so its nice not to be compared to only one band all the time. Killswitch Engage were one of my favourite bands through school and i listened to Intervals whilst recording the album so thats awesome!

Q6: “Newborn Mind” は実に革新的な作品ですね!アグレッションとアトモスフィアの対比がレコードを特別なものにしています。KILLSWITCH ENGAGE meets INTERVALS などとも評されていますが?

【SAM】: 面白いことに、僕たちは他のバンドに比較される度に、異なる例えを出されるんだよ。みんなが違うバンドを例えるのは素晴らしいことだと思うな。勿論、僕たちはオリジナルな音楽を作ろうとしているけど、同時に大好きなバンドたちからもインスパイアされている訳だからね。だから、いつも1つのバンドに例えられないことは良いと思うんだ。
KILLSWITCH ENGAGE は学生時代、大好きだったバンドの1つだし、アルバムをレコーディングしている間は INTERVALS を聴いていたんだよ。だから最高の比較だね!

Q7: “Maps” is different style of your song writing. The song made me feel the influence from Math-Rock. Was the genre one of your inspiration?

【SAM】: Math-Rock was a big inspiration for my guitar playing. I like the unusual timings, guitar tones and guitar tunings that bands in this genre used. I tried to mix elements of that with metal and i will be doing a lot more of that in the future!

Q7: “Maps” はアルバムの中でも異色の楽曲ですね。Math-Rock からの影響が強く感じられます。

【SAM】: Math-Rock は僕のギタープレイに大きな影響を与えているよ。Math-Rock バンドが使用する普通ではない譜割、ギタートーン、チューニングなんかが好きなんだよ。僕はそれらの要素とメタルをミックスしようとトライしているんだよ。将来的にはさらに発展させるつもりさ!

Q8: “Of Jams, Smokes & Promises” intro reminds me Irish melody, like And So I Watch You From Afar. Also, the intro of “Stargazer” “Utopia” has Hendrix blues feeling. I think that kind of clean guitar is one of your strong identity and very effective !! Do you agree that?

【SAM】: Yes. Its something we have always included since the first songs we ever wrote. I will be adding lots more clean guitar sections on the new material aswell! Its fun to play live and the response has been really positive!

Q8: 仰る通り、そういったクリーントーンのギターフレーズは NAPOLEON の重要なアイデンティティーと言えそうですね?

【SAM】: うん。その手法は、僕たちが最初の楽曲を書いた時から取り入れているんだよ。新しいマテリアルには、さらにクリーンギターを使用して行こうと考えているよ!!ライブでプレイするのも楽しいし、反響もポジティブなんだ!

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED SAM’S LIFE!!

TRIVIUM “ASCENDANCY”

Ascendancy_album_cover

TRIVIUM “SHOGUN”

Trivium_-_Shogun

THIS TOWN NEEDS GUNS “ANIMALS”

Animals_(This_Town_Needs_Guns_album)

BULLET FOR MY VALENTINE “THE POISON”

220px-Thepoison

PANTERA “COWBOYS FROM HELL”

CowboysFromHell

【MESSAGE FOR JAPAN】

13620163_1250129548331399_4612608054147870963_n

Please check out our debut album ‘Newborn Mind’ and let us know what you think. We hope to come and tour Japan soon so keep an eye on our social media! See you soon!!

僕たちのデビューアルバム、”Newborn Mind” をぜひチェックして、どう思ったか教えて欲しいな!近いうちに、日本ツアーを行えればと思っているから、僕たちの SNS をチェックしていてね!すぐに会おう!!

SAM OSBORN

NAPOLEON Facebook Page
NAPOLEON Official Site

NAPOLEON

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です