dgm_featureimage-820x410

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【DGM : THE PASSAGE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH ANDREA ARCANGELI OF DGM !!

13173154_10154148576935480_3904591552013987692_o

Italian Prog-Power Maestro, DGM Has Just Released Their New Masterpiece, “The Passage”!! Don’t Miss Upcoming DGM Japan Tour on November !!

DISC REVIEW “THE PASSAGE”

イタリアが誇る、ダイナミックでソリッドな Prog-Power マエストロ, DGM が3年振りとなる新作 “The Passage” をリリースしました!!
メンバーチェンジの多いバンドで、DGM (Diego, Gianfranco, and Maurizio) というバンド名の元となった創立メンバーたちすら、今のバンドには存在しません。しかし、唯一無二のボーカル、Mark Basile 加入後は安定し、現在のラインナップになって3作目、そして Frontiers Music に移籍後初のアルバムとなります。
Melodic Hard / Metal を主戦場とする Frontiers に移籍したことが影響したのか、アルバムは、元々バンドのアイデンティティーであった、メロディックな要素をさらに磨き上げた素晴らしくキャッチーで、同時にインタビューで Andrea が語ってくれたように、これまでの DGM を集約したかのようなバラエティー豊かで多彩な作品に仕上がりました。
作品を象徴するのが、アルバムオープナー “The Secret” 組曲から “Animal” への流れでしょう。イタリアンギターマエストロ、Simone のベンドを多用した小気味よくもモダンなギターリフがアルバムの幕開けを告げると、Mark のエモーショナルでメロディックな歌唱が強烈に爽快に現在の DGM を主張します。”Part 1″中盤に配置された圧倒的なギター&キーボードのデュエルは、彼らの出自が RAINBOW や Yngwie Malmsteen というクラッシックであることを物語りますが、続くダークでグルーヴィーなパートが SYMPHONY X ライクなモダンプログレッシブなため、奇しくも両者の対比が彼らの幅広い音楽性を印象づける形となっていますね。
この組曲で特筆すべきは Emanuele の千変万化な鍵盤捌きで、しっとりとしたピアノから、激しいリードプレイ、そして組曲終盤の “Stargazer” 的オリエントパートで見せる Tony Carey のような深遠な音色まで、カラフルでイマジネイティブなプレイの数々が白眉。
また、”Part 2″ の冒頭、Andrea のグルーヴ満点なベースが導くリフワークは続く3曲目 “Animal” の冒頭にも使用されています。インタビューで語ってくれた通り、今回の作品には音楽的なコンセプトが存在し、いくつかのフレーズがシームレスにアルバムを通して現れるのです。この手法により、リスナーはより “The Passage” と旅することが容易になっていますね。
多様性という面から見れば、先に挙げた “Animal” はアリーナロック的なメジャー感が存在するキャッチーさにフォーカスした楽曲なのに対して、Michael Romeo がゲスト参加した “Dogma” は SYMPHONY X すぎるダークでヘヴィープログレッシブなアグレッションを前面に押し出しています。
さらに、EVERGREY の Tom Englund が参加した “Ghost of Insanity” や “The Fallen” は DGM の新たなメタルアンセムですし、ピアノとボーカルのみで紡がれる “Disguise” やアルバムを締めくくるドリーミーな “In Sorrow” の美しさには言葉を失うほど。実に引き出しが多く、Prog と Power のバランスが極上の、何度もリピートを誘う名作であると言えるでしょう。
今回弊誌では、先頃プライベートで日本旅行を楽しんでいたという日本通のベーシスト、Andrea Arcangeli にインタビューを行うことが出来ました。11月には Evoken de Valhalla PR の招聘により、東京、大阪、名古屋で彼ら2度目の来日公演も決定しています!どうぞ!!

13322177_10154188936335480_5758444650382209096_n

DGM “THE PASSAGE” : 9.6/10

【INTERVIEW WITH ANDREA ARCANGELI】

24244_386681570479_8013892_n

Q1: I’m so surprised that you are in Japan as private travel. I think your first visit was DGM Japan tour 2014, what do you like about Japan?

【ANDREA】: Oh yes I decided to have this holidays because I’ve always been impressed by Japanese culture and alfter our first stay in your country in 2014 I proimised myself to back in Japan to have a better look at everything…well at least to what I can see in 12 days,haha. I like everything of Japan, food is awesome, places are amazing (both modern buildings and neighborhood and traditional temples), the respect and kindness of your people is simply stubbing for foreigner tourists believe me. Talking about culture you’ve a lot of history in your past and it’s verry interesting to read and learn about it, and even your “more recent” culture of manga/anime is really fascinating

Q1: ちょうどあなたがプライベート旅行で日本へ来ていると知り驚きました。初来日は2014年の DGM Japan Tour ですよね?日本のどこが気に入ったのでしょう?

【ANDREA】: そうだね、今回の休暇を日本に決めたのは、僕が日本文化から感銘を受け続けて来たからなんだ。そして、2014年の初来日の後、僕はまた日本に戻って、全てをもっと良く見ようと誓ったんだよ。少なくとも12日間で見られる限りね(笑)
僕は日本の全てが好きなんだ。食べ物は最高だし、モダンな建築、伝統建築、両方とも素晴らしいよね。人々の敬意や優しさは単純に外国人の旅行者の胸を打つよ、僕が証人さ。
文化について言えば、日本には長い歴史があり、それについて読んだり学んだりするのはとても興味深いね。そして君たちの”最も最近の”文化である、マンガやアニメは本当に魅力的だよ。

Q2: Your next Japan tour with Elvenking is scheduled on November. How are you feeling now? And it will be Italian night, haha. Are you acquainted with Elvenking?

【ANDREA】: Yes 3 gigs has been scheduled for November together with Elvenking and me and all the other guys from DGM are excited to back and meet once again all the fans we met 2 years ago. Yes we know very well Elvenking, we know they are great guys and musicians to so it’s going to be a very pleasant week for both of us.

Q2: DGM 2度目の日本ツアーは11月に予定されています。今はどういったお気持ちですか?また、同郷の ELVENKING と共演予定ですが、彼らとは知り合いですか?

【ANDREA】: うん、11月に ELVENKING との3本のショーが予定されているね。僕も他のメンバーも、日本に戻って2年前に会ったファン全員にもう一度会えることに興奮しているよ。
うん、僕達は ELVENKING を良く知っているよ。偉大な人間、ミュージシャンだから、両方のバンドにとって楽しい一週間になるだろうね。

Q3: So, your newest album “The Passage” is just out now in Japan! When you named this amazing album “The Passage”, what was in your mind? Could you tell us about the concept or lyrical themes of the record?

【ANDREA】: Yes usually you’re the first on the musical market! If I don’t get wrong the japan release comes out at least 1 or 2 months before the rest of the world and I was really excited to see our cd copy in Tower Records in Tokyo. The writing process of “The Passage” started 3 years ago right after our last appearance at Prog Power USA, then everything started taking form during these years and we completed everything almost the past winter. We already have everything written when Frontiers offered us a very good deal and from that moment on the whole recording process started until the end of this great album. “The Passage” for us simply represent everything has hapened from our last albums ‘till now, the changes everyone has to face during real life in work, private problems, friendship, love etc…. and specially our changes in music, this is the 3rd album with this line-up and we feel now more closer to each other and this kind of maturity reflect totally the album, that’s why we can affirm that this is an album that represent DGM 100% under every aspect. There’s no a lyric concept behind the album but there’s a musical one….we decided to use some guiding notes through the whole album to help the listener in this musical journey. There are few notes that repeats in almost every song in many different ways and it makes the album sound like a unique event.

Q3: 最新作 “The Passage” が日本で先行リリースとなりました。まずはタイトルの由来と、アルバムのコンセプトについて話していただけますか?

【ANDREA】: うん、基本的に日本は最優先の音楽マーケットだからね。僕は日本が先行リリースだってわかっていなかったから、東京のタワーレコードで僕達の新作を見た時は本当に興奮したね。
“The Passage” のライティングプロセスは、3年前 Prog Power USA に出演した直後に始まったんだ。それからずっと作業をしていて、昨年の冬にほとんど完成したんだよ。Frontiers Music がとても良いオファーをくれた時には、全てを書き終えていたのさ。それから全てのレコーディングが始まって、この偉大なアルバムが完成したんだ。
僕達にとって “The Passage” とは、単純に前作から今日までに起こったことを表しているね。仕事、個人的な問題、友情に恋。みんなが実生活で向かい合わなければならない変化についてだよ。そして、特に僕達の音楽的な変化について話すと、”The Passage” はこのラインナップになって3枚目のアルバムで、お互いにより親しくなったと感じているんだ。それがトータルとしてのアルバムに反映されているね。だから、このアルバムこそが、全ての面において、100% DGM を表現する作品だと認めているんだよ。
アルバムには特に歌詞のコンセプトはないんだけど、音楽的なコンセプトはあってね。僕達は、リスナーをこの音楽的な旅路に誘うため、アルバム全体を通してガイドとなるフレーズをいくつか使用すると決めたんだ。ほとんど全ての楽曲に、様々な方法で、繰り返されるいくつかのフレーズがあるはずさ。それによって、アルバムがユニークなイベントとなっているんだ。

Q4: So, how have you evolved or changed from your previous release “Momentum”?

【ANDREA】: The writing process is still the same since Simone joined the band in 2006, he write the 100% of music and once he has everything completed everyone of us is free to express himself about the songs, if we need to change something, about arrangements, if we like or not and so on…. Then we take care about the lyrics it’s a process that involved everyone of us and once we have everything set up we go on with the recording sessions. As you can see there are no difference from “Momentum” what has changed is our way to approach to things…in a more professional way indeed, everything is exactly how we wanted it to be!

Q4: では、前作 “Momentum” からの進化、変化は具体的にどのようなものでしたか?

【ANDREA】: ライティングプロセスは2006年に Simone がバンドに加わってから変わっていないよ。彼が音楽の100%を書いて、全てを完成させた後、バンド全員がそれぞれ自分のパートを自由に表現していくんだ。アレンジメントを変える必要があるか、気に入っているかどうかを考えながらね。
それから歌詞に取り掛かるんだけど、これは僕達全員が参加するプロセスで、全てが準備出来るとレコーディングセッションに入るんだ。
お分かりのように、”Momentum” から僕達のアプローチは変わっていないんだ。ただ、よりプロフェッショナルなやり方にはなったね。全てが本当に思うように行ったんだよ!

001

Q5: Russell Allen was featured in “Momentum”, and this time mighty Michael Romeo! Also, Evergrey’s Tom Englund added vocals to “Ghost of Insanity”. Could you tell us about the story behind the guest appearances?

【ANDREA】: Well we had the chance to know a lot of people in the music scene during these years, Symphony X and Evergrey are some of the bands we really love and we appraciate even as persons so when it comes the idea to have some guests we decided to ask to someone we are fan of and that we consider friends. Between Simone and Michael the friendship started since the first day of Symphony X tour we had in 2010 and when Simone called Michael for the solo appearence he simplly said “of course”. For Tom is almost the same, we had the chance to share with Evergrey few gigs in the past and we met each other to some festival around the world, the friendship started and when “Ghosts Of Insanity” cames out Tom was the perfect guest to have indeed.

Q5: その前作 “Momentum” には SYMPHONY X から Russell Allen がゲスト参加していました。そして今回は Michael Romeo ですね!さらに EVERGREY からは Tom Englund が参加しています。

【ANDREA】: そうだね、僕達はここ数年の間に、音楽シーンの様々な人たちと知り合うチャンスを得たね。SYMPHONY X と EVERGREY は僕達が本当に大好きなバンドで、人としても尊敬しているんだよ。
ゲストを何人か呼ぶアイデアを思いついた時には、僕達も楽しめて、友達と思える人にしようと決めたんだ。Simone と Michael の友情は、2010年の SYMPHONY X とのツアー初日から始まっていたね。だから、Simone が Michael にゲストソロをお願いした時も、ただ一言、「勿論。」と言って参加してくれたのさ。
Tom も似たような感じで、EVERGREY とは過去に何度か共演するチャンスがあったし、世界中のフェスティバルでも顔を合わせていたから、友人が育まれて来たんだ。”Ghosts of Insanity” を思いついた時に、Tom は完璧なゲストだと思ったね。

Q6: Speaking of Symphony X, DGM is often compared with them. Sometimes, you are called Italian Symphony X. What do you think about this comparison?

【ANDREA】: Well of course the influence the had on DGM music is strong, we are fan of them since the beginning but in my opinion people compare too much….we’ve never been so close to Symphony X as people think. Since the very first album with Diego Reali the band had always a more hard rock approach and more melodic stuff inside. With Siomne the sound changed in a more modern one and even if some new compositions may remember some Sx stuff we are quite away from them.

Q6: SYMPHONY X と言えば、DGM はよく彼らと比較されますよね?時には”イタリアの SYMPHONY X”などと呼ばれたりもしますが?

【ANDREA】: うん、勿論 DGM の音楽は、SYMPHONY X から強く影響を受けているよ。僕達は当初から彼らのファンなんだ。だけどちょっと比較されすぎな気もするね…みんなが思うほど彼らの音楽性に近かったことはないんだけどな。
Diego Reali がいたファーストアルバムから、バンドはいつももっとハードロック寄りのアプローチを取り、よりメロディックなマテリアルを擁していたね。
Simone の時代になり、サウンドはよりモダンなものになったから、新しい楽曲のいくつかは SYMPHONY X を想起させるかもしれないけど、それでもかなり違いはあると思うな。

Q7: So, the nice balance between Power Metal and Prog is always important for DGM. Which aspect did you focus on “The Passage”? When you compared it with your past works, which one is closer to “The Passage”?

【ANDREA】: Every past work is close to “The Passage” because for us this new album represent all the things we’ve done in the past! Hard Rock, Power, Progressive, Classic metal, AOR…..every kind of music we reached in the past are close in this album. What is really important for the band is not what to compose and how to compose….we just pay attention to the song itself, it has to be catchy, melodic and has to be sing!!!

Q7: Power Metal と Prog の絶妙なバランスが DGM の持ち味と言えますが、”The Passage” はどちらにより重点を置いたアルバムと言えますか?過去の作品で最も近いものはどれでしょう?

【ANDREA】: “The Passage” はどの過去作とも近いと言えるんだ。というのも、この最新作は僕達の過去にやって来たこと全てを表現しているからね!Hard Rock, Power Metal, Prog Metal, Classic Metal, AOR…過去にプレイして来た全てのジャンルが詰め込まれているんだよ。
バンドにとって本当に重要なのは、作曲のプロセスじゃないよ。僕達はただ、楽曲それ自体にフォーカスしているんだ。キャッチーでメロディックでシンガロング出来なければならないよ!!!

Q8: DGM are capital letters of the name of founding members of the band. But they are not in the band now. What’s the difference “Diego era” from now? Do you talk with them now and then?

【ANDREA】: Well the main difference is that the “Simone” era brought a more fresh and modern sound to band, even in music composition, Simone is younger than Diego and his influence is more in recent metal acts such Evergrey, Symphony X, Nevermore, Davin Townsend and many more even if he’s a grat fan of all the hard rock scene like Toto Whitesnake etc…. Diego was more a son of the 80s that’s why the past works has a more “vintage” sound. Yes we constantly talk with Diego he’s a friend of our and Simoen and Diego are now great frineds everyone respect each other as person and musicians…..in my opinion they’re two “maestro” for the guitars. I’m also still playing with Diego with his project Hevidence…..we realeased an album and we have signed a deal with Frontiers few weeks ago for a second one…

Q8: DGM というバンド名は、創立メンバーの名前の頭文字を取ったものです。ただ、現在彼らはこのバンドから脱退してしまっています。”Diego 時代” と現在ではどのような違いが存在しますか?また、創立メンバーたちとは今でも交流がありますか?

【ANDREA】: そうだね、最大の違いは、”Simone 時代”はよりフレッシュでモダンなサウンドをバンドに持ち込んでいる点だろうね。作曲法も然り。
Simone は Diego より若くて、音楽的な出自も EVERGREY, SYMPHONY X, Devin Townsend, NEVERMORE といったもっと最近のメタルアクトなんだよ。勿論、TOTO や WHITESNAKE といったハードロックバンドの大ファンでもあるんだけどね。
Diego はより80年代の申し子といった感じだったから、彼の時代の作品はより”ヴィンテージ”サウンドなんだよ。
うん、僕達は Diego と連絡を取り続けているよ。彼は友人だし、今では Simone と Diego も素晴らしい友情を育んでいるんだよ。僕の考えでは、彼ら2人こそがギターのマエストロだね。全員が人間として、ミュージシャンとしてリスペクトし合っているんだ。
僕は Diego のプロジェクト、HEVIDENCE でも彼とプレイしているんだよ。僕達はアルバムをリリースしたし、セカンドアルバムは Frontier Music からリリースされるよ。

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED ANDREA’S LIFE!!

IRON MAIDEN “POWERSLAVE”

iron_maiden_-_powerslave

METALLICA “METALLICA”

metallica_-_metallica_cover-2

DEF LEPPARD “ADRENALIZE”

def_leppard_-_adrenalize

SLAYER “REIGN IN BLOOD”

reign_in_blood-2

DREAM THEATER “IMAGES AND WORDS”

dream_theater_-_images_and_words

【MESSAGE FOR JAPAN】

12304216_10153740562795480_6568851126382535064_o

Me and the rest of DGM are really looking forward to met you again the next November and we really hope you’ll enjoy the new album as we are doing!!! You’re awesome fans!!! Thank you so much!! Thank you man, thanks a lot for the very good questions! E’ stato un vero piacere.

僕も DGM の他のメンバーも、11月に君たちにまた会えるのを本当に楽しみにしているんだ。そして、僕達と同じように、新しいアルバムを楽しんで欲しいと心から思うよ!!!君たちは最高のファンだよ!!!本当にありがとう!!とても良い質問だったよ、ありがとう!君と知り合えて本当に良かった。

ANDREA ARCANGELI

【DGM JAPAN TOUR 2016】

780e6c68711d8ddc92954e8aeca7f4f2

チケットのご購入はこちらから
DGM Facebook Page
DGM Official Site
Evoken de Valhalla PR Twitter
Avalon on line “DGM”

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です