f84a92c2-bf99-42e8-9331-2b337133e20f

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BAROCK PROJECT : DETACHMENT】JAPAN TOUR 2017 SPECIAL !!


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH LUCA ZABBINI OF BAROCK PROJECT !!

barock-project-2

Italian Prog Rock Bandiera, Barock Project Becomes More Modern, More Diverse, And Sometimes heavier With Their Newest Album “Detachment” !!

DISC REVIEW “DETACHMENT”

プログレッシブの血潮が脈々と流れ続ける、ルネサンス発祥の地イタリアに降臨したバンディエラ BAROCK PROJECT が、レトロとモダンを”超越”したタイムレスクラッシック “Detachment” をリリースしました!!名作 “Skyline” からよりオーガニックでマルチディメンショナルな境地へと辿り着いた75分の壮大なコンセプトアルバムは、アートワークの変化が示すように実にシリアスでパーソナル。ファンタジーの世界に別れを告げ、プログレッシブの新たな潮流ともシンクロする野心的で思慮深い作品に仕上がりました。
BAROCK PROJECT は J.S. Bach と Keith Emerson を敬愛するキーボーディストでコンポーザー、レコーディングも手がける若干33歳のマスターマインド Luca Zabbini が牽引するプログレッシブ集団。各所で高い評価を得た前作 “Skyline” からのインターバルで、バンドは不在だったベーシストとして Francesco Caliendo を得ましたが、2002年から在籍するバンドの声 Luca Pancaldi を失ってしまいます。
インタビューでも語ってくれたように、デモでは歌っていたものの自分をシンガーとして考えたことはなかったという Luca ですが、周囲の後押しもあり遂にリードボーカルも務めることを決断し傑作 “Detachment” は誕生したのです。
「”Prog” がエリートのもので、ほとんどがごく少数のコレクターにしか聴かれない状況を受け入れることに疲れ果ててしまったんだよ。」 それはまさに衝撃的な告白でした。プログロックという狭い檻に囚われているように感じていた Luca は、慣れ親しんだ領域を “Detachment” = “離脱”し、よりアクセシブルで多様性に満ちたモダン=多様な作品を制作することを決意します。
始まりの予感に満ちたピアノの小曲に導かれ、アルバムは “Promises” でその幕を開けます。イントロのエレクトロニカサウンドが好奇心を誘い、ボコーダーを使用した Luca のボーカルが複雑なドラムパターンとともに鮮やかに切れ込むとリスナーはそこに確かな変革の風を感じるでしょう。
中間部で見せるギターとハモンドのデュエルは実にアグレッシブでプロギーですが、同時にしっかりとデザインされた上で現代的にアップデートされレトロとモダンを行き交います。さらに芳醇なメロディーラインは引き継ぎつつも、ダークで内省的な Luca の声が生み出すリアリズムはポストプログの世界観にも通じていますね。
より幅広いリスナーへ届けるため多様性とキャッチーさにフォーカスしたという Luca のチャレンジは “Happy to See You” に結実しています。フォーク、ストリングス、そしてエレクトロニカを巧みに融合し独特のアトモスフィアを創出、極上のメロディーでリスナーの胸を激しく締め付ける手法は、まさに彼が人生を変えたアルバムで挙げている THE POLICE の Sting、例えば “Mad About You” を想起させますね。
TIGER MOTH TALE や CAMEL で活躍する Peter Jones がゲストボーカルで参加した2曲は中でも傑出しています。狂おしいまでに美しきバラード “Alone” はジャズのフレーバーとメランコリーを静かに湛え、”Broken” ではクラシカルやフォークを華麗にダイナミックに昇華。対照的な曲調ながら、アコースティック楽器のオーガニックな響きや張り詰めた空気感は共通しており、さらにそれこそがアルバムに貫かれた写実的なリリシズムの象徴だと感じます。
そして、Peter の John Wetton が憑依したかのような絶唱が司るメロディーの洪水はどちらの楽曲においても平等にリスナーの心を満たし遥かなる高みへと導くのです。
ソロワークやファンタジーに主眼を置く”プログレ” の世界から”離脱”し、アレンジメント、リアリズム、ダイナミズム、そして多様なコンポジションを武器に新たな旅へと繰り出した BAROCK PROJECT。アルバムに漂うある種の緊張感は、Luca のフラストレーションが表層化したものだったのかも知れませんね。
今回弊誌では Luca Zabbini に2度目のインタビューを行うことが出来ました。6月には MOON SAFARI とのカップリングで初の来日公演も決定しています。どうぞ!!

a2223477130_10-2

BAROCK PROJECT “DETACHMENT” : 9.8/10

INTERVIEW WITH LUCA ZABBINI

863421_orig-2

Q1: First of all, your first Japan Tour in June is just announced! How do you feel now?

【LUCA】: It’s a great sensation, above all curiosity, I am a very curious person.

Q1: まずは初の日本ツアーがアナウンスされましたね!今のお気持ちを聞かせてください。

【LUCA】: まさに一大事だよ。何よりも好奇心の面からね。僕は好奇心旺盛な人間なんだよ。

Q2: There was a member change in the band. Lead vocal, Luca Pancaldi left and new bass player, Francesco Caliendo were in. Could you tell us about the story behind that change?

【LUCA】: Luca Pancaldi chose to go another route, changing completely dedicating himself entirely to his daytime work.
Francesco was a godsend, I knew him for years before joining this band and I can say that it is a joy to work with someone like him.

Q2: バンドには前作 “Skyline” からの期間にメンバーチェンジがありましたね?リードボーカルを務めていた Luca Pancaldi が脱退し、新たにベースプレイヤー Francesco Caliendo が加入しました。

【LUCA】: Luca Pancaldi は別の道を行くことを選んだんだ。完全に生活を変えて、昼間の仕事に全てを注ぐことに決めたんだよ。
Francesco はまさに天の賜物だったね。バンドに加わる何年も前から彼のことは知っていたんだけど、彼のような人物と仕事が出来るのは実に素晴らしいことだよ。

Q3: I really love your vocal. You know, sometimes it reminds me legendary Greg Lake. What made you sing this time? And who do you respect as a singer?

【LUCA】: Singing for me is to give way to my innermost self.
I never considered myself a singer, in fact, I have always been ashamed to sing in front of people because I think that the song is a very intimate part of you. At home or alone in the car I always sang, but hardly before an audience. Then, with time, I felt that I could express even more completely the music I wrote if I also sang it. In fact, all the demos of all the songs of the Barock, from the first album, have always been sung by me first and then given to the singers to complete them. For this album, after a few listening to preview of the demo, I have heard from many people that my voice was a great complement to the music. Therefore I convinced myself to be the main singer of it. Now I started to practice and also take singing lessons to improve.

Q3: 今回の作品はあなたがボーカルも務めることになりました。時にあの Greg Lake を想わせるような素晴らしい声ですね!

【LUCA】: 僕にとって歌うことは、自分自身の最も内なる場所を晒すようなものなんだ。自分をシンガーとは1度も思ったことがないね。実際、人前で歌う時はいつも恥ずかしさを感じてきたからね。なぜなら歌は自分自身と密接な関係があると思っているからさ。
家や車で1人の時はいつも歌っていたんだ。だけどオーディエンスの前では難しかったね。ただ時が経って、僕が歌うことで、もっと完璧に僕の音楽を表現できるんじゃないかと感じるようになったんだ。
事実、ファーストアルバムから、BAROCK PROJECT 全ての楽曲のデモは、いつもまず僕が歌っているんだからね。それからシンガーたちに渡して完成させてきたんだ。
今回の作品は、デモのプレビューを何度か聴いた後、多くの人から僕の声がアルバムの音楽を素晴らしく引き立てていると言って貰えたんだ。それで、自分で歌うことに納得した訳だよ。
今では、歌の練習を始めたし、改善するためにレッスンも受けているよ。

Q4: Anyway, “Detachment” is timeless classic, perfect record as a whole. Could you tell us about the concept story of “Detachment”?

【LUCA】: In general, Detachment is substantially the most important phases of the detachment, emotional but also physical. That detachment may be due to the abandonment of a place or an object dear to us which initially causes us much suffering, then makes us reflect.
Our brain goes into a state of self-protection and preservation, and after stages of despair, incomprehension, anger and guilt, comes acceptance, beginning to make us see everything from a different perspective. Simply put, after the pain, we grow and automatically learn to be more wise, retracing the events more objectively with a critical mind, away from the destructive mode.

Q4: そういった経緯を経てリリースされた新作 “Detachment” ですが、まさにタイムレスクラッシックと言える仕上がりになりましたね。1枚のアルバムとして完璧です。作品のコンセプトについて話していただけますか?

【LUCA】: 一般的に、”離脱”とは実質的に、”Detachment” “超越”における最も重要な段階であり、感情的だけど同時に身体的でもあるんだよ。離脱するためには、慣れ親しんだ貴重な場所や物を放棄しなくてはならないから、当初は多くの苦しみをもたらすかもしれないね。そこから思案することが始まるんだ。
僕たちの脳は自己保護と保存の状態になり、絶望、不一致、怒り、罪悪感の段階の後に受け入れられ、すべてのことを異なる視点から見始めるようになるんだよ。
簡単に言えば、痛みの後、僕たちは成長し、より賢明になることを自動的に学び、破壊的なモードから離れて、批判的な心でより客観的に事象を再度トレースするようになるのさ。

0009563955_10

Q5: Musically, “Detachment” is really diverse, and rich record. There are classical, folk, flamenco, and even electronica. It’s sometimes very modern work beyond imagination. and it’s very sophisticated. So, what was the goal of “Detachment”? How have you evolved from “Skyline”?

【LUCA】: I think it was my desire to get a slice of the broader public. More than a desire I would say a necessity.
I’m sick and tired to accept that Prog is kind of ‘elite’, listened mostly by very few collectors.
I just tried to give my music a more accessible tone and the thing that may seem strange to many, is that I had fun and I enjoy it a lot more to play these songs instead of the old and long songs of ‘retro’ taste.

Q5: 音楽的に “Detachment” は実に多様でリッチな作品となりましたね。クラッシック、フォーク、フラメンコにエレクトロニカ。時に想像以上にモダンでリッチなアルバムは、実にソフィスティケートされています。

【LUCA】: 僕はより広いジャンルを扱うことを欲していたと思うんだ。欲していたと言うよりも必要としていたと言うべきかな。
つまり僕は、”Prog” がエリートのもので、ほとんどがごく少数のコレクターにしか聴かれない状況を受け入れることに疲れ果ててしまったんだよ。
それで僕は、自分の音楽にもっとアクセシブルなトーンを与えようとしたんだ。そして、多くの人にとって奇妙に思えるかもしれないけど、古くて長い「レトロ」な楽曲よりも、そういったアクセシブルでキャッチーな楽曲の方がプレイしていて楽しめるんだよ。

Q6: Peter Jones of Tiger Moth Tale, and Camel made very good job in “Detachment”. How did you get in touch with him?

【LUCA】: We were connected by our manager and we worked on this collaboration.

Q6: TIGER MOTH TALE や CAMEL でも活躍する Peter Jones も素晴らしい仕事をしていますね?

【LUCA】: 僕たちのマネージャーが打診してきたんだよ。だからこのコラボレーションが決まったんだ。

Q7: Keith Emerson passed away… You’ll play piano recital dedicated to him in Japan. What do you express in the concert? And was “Detachment” kind of tribute with him for you?

【LUCA】: I will be very honored to play this concert in Tokyo in memory of Keith. At the same time I do not deny that scares me, even if I played his music for twenty years. I will represent the most significant milestones as Tarkus, Karn Evil9 or his Piano Concerto. I hope to live up to it. I will play even some of my tunes, including the one which I have written in his memory.
In any case, no, ‘Detachment’ has nothing to do with Keith’s death.

Q7: あなたの敬愛する Keith Emerson が亡くなってしまいましたね…日本で彼に捧げるピアノリサイタルを行うと聞きました。その場所で何を表現しますか?また “Detachment” は彼に対するある種のトリビュートでしょうか?

【LUCA】: 東京で Keith を偲ぶコンサートでプレイ出来ることはとても光栄だね。同時に、彼の音楽を20年プレイして来たとは言え、そのコンサートを恐れていることも否定出来ないね。
僕は彼の最も意義深いマイルストーンたち、 “Tarkus”, “Karn Evil 9″、それにピアノコンチェルトを披露するよ。期待に応えたいね。自分の楽曲も何曲かプレイする予定だよ。その内の一曲は彼の思い出に捧げられているんだ。
いずれにせよ、”Detachment” は Keith の死とは関係がないんだ。

2017033018112521c

LUCA ZABBINI  (BAROCK PROJECT) PIANO RECITAL ~DEDICATED TO KEITH EMERSON~

CURRENT FIVE FAVORITE ALBUMS

EMERSON, LAKE & PALMER “BRAIN SALAD SURGERY”

ELP_-_Brain_Salad_Surgery-2

JETHRO TULL “AQUALUNG”

JethroTullAqualungalbumcover-2

THE BEATLES “ABBEY ROAD”

Beatles_-_Abbey_Road

THE POLICE “SYNCHRONICITY”

Police-album-synchronicity

COLDPLAY “A RUSH OF BLOOD TO THE HEAD”

Coldplay_-_A_Rush_of_Blood_to_the_Head

MESSAGE FOR JAPAN

barock-project-2016-nero_orig

See you soon in Japan, look forward to it!

日本ですぐに会おうね。楽しみにしてるよ!!

LUCA ZABBINI

67212

<MARQUEE presents SYMPHONIC NIGHT VOL.1> 出演:MOON SAFARI / BAROCK PROJECT
BAROCK PROJECT Facebook Page
BAROCK PROJECT Official Site
BAROCK PROJECT Bandcamp
LUCA ZABBINI Facebook Page
LUCA ZABBINI Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です