17498782_636487953217016_2576682200764432207_n

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SHADOW OF INTENT : RECLAIMER】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH CHRIS WISEMAN & BEN DUERR FROM SHADOW OF INTENT !!

18157459_652408941624917_1015245742480791902_n

The Halo-Themed Stunning Symphonic Deathcore Act From US, Shadow Of Intent Has Just Released One Of The Most Dramatic Record Of The Year, “Reclaimer” !!

DISC REVIEW “RECLAIMER”

遥かなる星河に美麗なるデスコアのシンフォニーを注ぐ、コネチカットのスペースシップ SHADOW OF INTENT がハイスペックな新章 “Reclaimer” をリリースしました!!人類とコヴナントの争いを描く壮大なる宇宙譚 HALO シリーズをテーマに抱いたバンドは、文字通りシーンの “再生” を担っていくはずです。
ギタリスト Chris Wiseman とボーカル Ben Duerr のプロジェクトとして始まった SHADOW OF INTENT。遂に5人のメンバーを揃え、真のバンドとしてリリースした初の作品 “Reclaimer” は実際全ての面で前作 “Primordial” を凌駕しています。
アルバムオープナー、”We Descend…” の神秘的なアトモスフィア、壮麗なるオーケストレーション、透徹したプロダクションはまさに進化の証。インタビューにもあるように、ABIGAIL WILLIAMS のキーボーディスト Kelsie Hargita の力を借りて構築するシンフォニーは、幾重にも重なりたなびく天の川銀河のごとく華麗に花開きます。
“The Return” で見せるコントラストはアルバムの素晴らしきインビテーション。Ben の地を這うガテラルと Chris の天翔るシュレッドは互いのインテンス、エレガンスを損なうことなく、むしろ崇高さと風格を相互作用で創造しながら激しく加速していきます。
インタビューで語ってくれた通り Jason Richardson をリスペクトする Chris のクラシカルでファストなリードプレイは、スリルと審美の無重力空間でダンスを披露し、Ben のガテラルはブラックホールの質量で全てを飲み込みます。さらに Matt のテクニカルかつクリエイティブなドラミングはカイパーベルトのごとくバンドを密に集約ししリスナーへと迫り来るのです。
彼らを凡百のデスコアバンドから際立たせているのは、確かに卓越したシンフォニックなアレンジメントとオーケストレーション、凛としたピアノの響き、そして鮮麗で純美なメロディーでしょう。しかし、同時により幅広く多彩な音楽的素養も注目されるべきだと感じます。
INFANT ANNIHILATOR の Dickie Allen, INGESTED の Jason Evans, そして Ben のトリプルボーカルで臨んだ “The Catacombs” ではフロリダデスメタルに接近し、チャグと対比させたよりプリミティブでオーガニックなブルータリティーを見せつけ、一方で “The Mad Tyrant’s Betrayal” では高音トレモロリフやクリーンギターを大胆に導入しブラッケンドでアトモスフェリックなドラマを提示します。
何より、Chris のデスコア、テクデス、ブルータルデスメタル、ブラックメタル、ブラックゲイズ、クラシカルなどを巧みに配置した千変万化なリフワーク、そして Ben とゲストボーカルが構築するガテラル、グロウル、スクリーム、クリーンをピースとした難解なジグソーパズルの融合には驚嘆するしかありません。
勿論、VILDHJARTA / HUMANITY’S LAST BREATH のメンバーにして BORN OF OSIRIS の最新作でミキシングも手がけたシーンのレジェンド Buster Odeholm が手がけたアルバムでは、「高校時代には、”The New Reign” EP を本当によく聴いたものさ。」 と Chris が語る通り “The Gathering of All”, “The Heretic Prevails” のようなBoO 直系のアトモスフェリックでコズミックなデスコアサウンドも見事に炸裂していますね。
そして遂にパワーメタルの領域にまで足を踏み入れたドラマチックな “The Prophet’s Beckoning”。クリーンボイスで勇壮に歌い上げる奇跡の刹那には、壮絶に畳み掛けたアルバム中盤の全てが最良の形で結実したかのような爽快感までをも感じることが出来ました。
ちょうど一時間、ドラマティックなスペースオペラは、作品で最もプログレッシブな長尺曲 “The Tarutarus Impalament” で深遠なスポークン・ワードと共に幕を閉じました。
今回弊誌では Ben と Chris にインタビューを行うことが出来ました。デスコアはもとより、シンフォニック、ブラッケンド、プログレッシブ、メロディックなど様々なメタルファンにぜひ聴いていただきたい作品です。どうぞ!!

17498782_636487953217016_2576682200764432207_n-2

SHADOW OF INTENT “RECLAIMER” : 10/10

INTERVIEW WITH CHRIS & BEN

12360197_437595063106307_8174678883680884427_n

Q1: This is the first Interview with you. So, first of all, could you tell us about your musical upbringings or background? What kind of music did you listen to, what kind of instruments did you learned when you brought up?

【BEN】: We’ve all grown up with metal, whether it be Metallica, Korn, Slipknot or whoever. I myself started delving into black/death metal in my early teens, and learned how to do vocals at age 14. I also have played guitar for several years now.

【CHRIS】: I started playing piano when I was 6 years old, cello when I was 12, then guitar when I was 14. I also took a couple of music theory courses. Metallica and Slipknot were my go-to’s when I started playing guitar.

Q1: 本誌初登場です!まずは音楽的なバックグラウンドについて教えていただけますか?

【BEN】: 僕たちは全員メタルを聴いて育ったんだ。METALLICA, KORN, SLIPKNOT とかそういったものだよ。
僕自身は、10代の初めにブラック/デスメタルにハマって、14歳でボーカルの勉強を始めたんだ。ギターも何年も弾いているんだよ。

【CHRIS】: 僕はピアノを6歳で、チェロを12歳で始めたんだ。ギターは14歳で始めたね。音楽理論も専修していたんだ。
METALLICA と SLIPKNOT はギターを始めた時、まさに神だったよ。

Q2: OK, let’s talk about your amazing new record “Reclaimer”. First of all, what made you choose this title for your second album?

【BEN】: The title Reclaimer was an easy choice, simply because of the theme around it. Primordial was focused on an ancient parasite who ravished the galaxy, and Reclaimer is about the reclamation of the galaxy by humanity. The “Reclaimers.” All lyrical content was based off of lore from the Halo series!

Q2: では、最新作 “Reclaimer” について話しましょう。まずこのタイトルを選んだ理由、作品のコンセプトを教えてください。

【BEN】: “Reclaimer” をタイトルに決めたのは簡単な選択だったよ。僕たちのテーマを鑑みればね。
絶大な力を持つ “プリモーディアル”は人類の祖先であるフォアランナーから、「囚われの者」 と呼ばれていた存在なんだ。これは前作のテーマだね。そして今回の “リクレイマー” は、人類の手により銀河を再生することについて。
つまり、全て歌詞のテーマはゲーム “Halo” シリーズに基づいているんだよ。

Q3: For the past 2 years, Shadow of Intent has been a two-piece project. Now, you seems to be real “Band”, and more dynamic, more textured record “Reclaimer” is the proof of that, right?

【CHRIS】: The music on Reclaimer was actually written the same way as Primordial. I wrote and recorded all the songs, Ben wrote all the lyrics, then Matt went over the drums with me to make them more to his taste. Reclaimer definitely had a lot more thought, effort, and progression involved in it.

Q3: 過去2年間、SHADOW OF INTENT はツーピースのプロジェクトでしたが、現在はメンバーが5人に増えリアルな “バンド” となったようですね?よりダイナミックな “Reclaimer” はまさにその証明だと感じます。

【CHRIS】: “Reclaimer” の音楽は、実は “Primordial” と全く同じ手法で書かれたんだよ。僕が全ての楽曲を書いてレコーディングしたんだ。
Ben は全ての歌詞を書いたね。それから Matt とドラムスに取り掛かったんだけど、彼は独自のテイストを加えてくれたよ。
確かに “Reclaimer” はより考慮され、努力が注がれたレコードで、そこには進歩が感じられると思うな。

Q4: Also, obvious a step forward is the production, and orchestration. You know, Kelsie Hargita, and Buster Odeholm did an excellent work, right? And, off course. it made the comparison with Born of Osiris. What’s your perspective about that?

【CHRIS】: I definitely learned a lot about production and orchestration since Primordial and that all went into this new album. I am much happier with how the songwriting went and felt more confident in how my tracking went. Kelsie and Buster are without a doubt some of the most talented people I have worked with. Kelsie was responsible for choosing the best tones for each orchestral part I made and she also helped me construct the first track “We Descend…” into an epic orchestral arrangement. Buster then took all the recordings we had and turned them into massive crystal clear hard-hitting songs that we became very happy with. Jason Richardson, formerly of Born of Osiris is definitely a great inspiration to me. I would also listen to their EP “The New Reign” a good amount in high school.

Q4: レコーディングと同様に、プロダクションやオーケストレーションにも格段の進歩が感じ取れますね。Kelsie Hargita, Buster Odeholm の仕事も素晴らしいですが、反面、BORN OF OSIRIS と比較されることも多くなりますよね?

【CHRIS】: “Primodial” の後、僕は間違いなくプロダクションとオーケストレーションについて沢山学んだんだよ。そしてそれが全てこの作品に注がれたんだ。だから、ソングライティングには前作より満足しているし、そういったトラッキングの部分にもより自信を感じているんだ。
Kelsie と Buste は、疑いもなく僕が仕事をした中で最も才能のある人物の何人かに入ると思う。Kelsie は、僕の作ったオーケストラパート毎に、責任を持って最高のトーンを選んでくれたね。彼女は同時に、ファーストトラック “We Descend…” の、エピックなオーケストラパートを構築する手助けをしてくれたんだ。
それから Buster が僕たちの全てのレコーディングパートのミキシング、マスタリングに取り掛かり、極上のクリスタルクリアーでハードヒッティングなサウンドを楽曲にもたらしてくれたのさ。本当に満足しているよ。
ex-BORN OF OSIRIS の Jason Richardson は間違いなく僕に大きなインスピレーションを与えてくれたね。高校時代には、”The New Reign” EP を本当によく聴いたものさ。

a1383934534_10

Q5: “The Catacombs” features Infant Annihilator’s Dickie Allen and Ingested’s Jason Evans. The triple vocal is really strong and interesting. Also, the songs featuring Lorna Shore’s Tom Barber (“The Prophet’s Beckoning”) and Slaughter To Prevail‘s Aleksander Shikolai (“The Gathering Of All”). How did you get this gorgeous lineup together? haha.

【CHRIS】: Dickie Allen and Tom Barber are friends of ours, we are all fans of Infant Annihilator and Lorna Shore as well. I had met Jason at Summer Slaughter in summer 2016 with Dickie and we discussed a triple feature together. I also have a side project in the works with Jack Simmons from Slaughter To Prevail who was kind enough to help us gain a feature from Alex.

Q5: INFANT ANNIHILATOR の Dickie Allen をはじめ、ゲスト陣も豪華ですね?

【CHRIS】: Dickie Allen と Tom Barber は友人なんだ。何より僕たちは INFANT ANNIHILATOR と LORNA SHORE のファンだからね。INGESTED の Jason とは昨年の Summer Slaughter で出会ったんだよ。Dickie も居たから、ボーカル3人の楽曲を作ったら面白いんじゃないかと話したんだ。
あと、僕は SLAUGHTER TO PREVAIL の Jack Simmons とサイドプロジェクトをやっているんだけど、彼は親切にも Alex に参加するよう声をかけてくれたんだ。

Q6: “Reclaimer” is definitely melodic while maintaining your heaviness and intensity. I mean, it’s satisfying both fans of straightforward deathcore and more progressive, melodic music. Are you conscious of such balance?

【CHRIS】: It’s very important to me that Shadow of Intent sounds like a melodic band. Ben’s voice in itself is very heavy and intense sounding, so I always know I can count on him to make something sound intense. The production style itself for us has always been pretty deathcore and you can hear that in Ben’s vocals as well so those elements have made us labeled as a deathcore band. However, I like to keep pushing the songwriting for every release to bring more atmospheric, melodic, symphonic, and blackened elements so that we can stand apart from deathcore as a whole and satisfy many different types of metalheads.

Q6: “Reclaimer” はヘヴィネスとインテンスを保ちながらも実にメロディアスなアルバムに仕上がりました。つまり、ストレートなデスコアファンも、よりプログレッシブでメロディックな音楽のファンも満足させる作品だと感じますが、制作段階でそういったバランスについては意識していましたか?

【CHRIS】: SHADOW OF INTENT のサウンドがメロディアスであることは僕にとってとても重要なんだ。
Ben の声それ自体はとてもヘヴィーでインテンスだよね。だから僕は常に彼にはインテンスなサウンドメイクを期待することが出来るね。それに僕たちのサウンドプロダクションのスタイルも実にデスコアらしいよね。だからこのプロダクションで Ben のボーカルを聴けばデスコアに分類されるのは理解出来るよ。
だけど僕はリリースを重ねる度にソングライティングに関して自分をプッシュしているんだ。アトモスフィア、メロディー、シンフォニック、ブラッケンドの要素をより持ち込むことでね。だから一般的なデスコアより際立つことが出来ているし、様々なタイプのメタルヘッドを満足させる事が出来るんだ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED BEN & CHRIS’S LIFE

KORN “FOLLOW THE LEADER”

Korn_follow_the_leader

SLIPKNOT “IOWA”

Slipknot_Iowa-2

CANNIBAL CORPSE “KILL”

220px-Kill_-_cannibal_corpse

DIMMU BORGIR “IN SORTE DIABOLI”

220px-In_Sorte_Diaboli

BLOODBATH “THE FATHOMLESS MASTERY”

Bloodbath_-_The_Fathomless_Mastery

(BEN DUERR)

METALLICA ALL ALBUMS

Metallica_-_Master_of_Puppets_cover-8

KILLSWITCH ENGAGE “AS DAYLIGHT DIES”

KSE-AsDaylightDies

MACHINE HEAD “THE BLACKENING”

Machine_Head_-_The_Blackening

ERRA “IMPULSE”

HMHR120223-204

DREAM THEATER “SYSTEMATIC CHAOS”

81BuwGqtCwL._SX425_

(CHRIS WISEMAN)

MESSAGE FOR JAPAN

17035800_1102145193265492_1638237987_o

Japan has been incredibly supportive of Shadow Of Intent since the start. We thank everyone who has been kind enough to support, and hope to greet you all some day when we reach the shores of Japan!

バンドが始まって以来、日本はずっと信じられないくらいサポートをしてくれているんだ。サポートしてくれているみんなにこの場を借りてお礼を言いたいね、ありがとう。いつか日本に行けたら全員に挨拶したいね!

BEN DUERR

SHADOW OF INTENT Facebook Page
SHADOW OF INTENT Bigcartel
SHADOW OF INTENT Bandcamp

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です