タグ別アーカイブ: Dreadnought

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【DREADNOUGHT : EMERGENCE】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH KELLY SCHILLING OF DREADNOUGHT !!

“The Term “Female Fronted” Sensationalizes Women And Turns Us Into a Gimmick. We Are All Human Beings Creating Sound And Gender Shouldn’t Be The Focal Point. “

DISC REVIEW “EMERGENCE”

「近年、音楽はジャンルの表現を超えて日々拡大していっているわ。交配と実験が重ねられているの。だからもしかしたら、ジャンル用語自体、大まかなガイドラインとして受け止められるべきなのかもしれないわね。」
プログメタル、ブラックメタル、フォーク、ドゥーム、ジャズ、チェンバー、クラシカル、ポストメタル。コロラド州デンバーに端を発する男性2人女性2人の前衛的メタルカルテットは、”恐れを抱かず” ジャンルの境界を決壊へと導く気炎にして雄心です。
現在、メタル世界の地図において最も多様で革新的な場所の1つ、ダークなプログレッシブドゥームの領域においても、DREADNOUGHT の描き出す無限の音景は実にユニークかつシームレスだと言えるでしょう。
「メンバーのうち2人が人生の大半を木管楽器をプレイしてきたから、作曲の中に盛り込みたいと考えたのね。私は10代の頃に、フォークメタルムーブメントや民族楽器を使用するメタルバンドからインスピレーションを得ているから、フルートを楽曲に取り入れたいと思うのは自然なことだったわ。」
そのドラマティックでカラフルな音の葉の根源が、演奏者のユーティリティ性にあることは明らかでしょう。インタビューに答えてくれたボーカル/ギター/フルート担当の Kelly を筆頭に、ドラム/サックスの Jordan、キーボード/ボーカルの Lauren、そしてベース/マンドリンの Kevin。典型的なロックの楽器以外をナチュラルに導入することで、バンドは多次元的な深みと自由な翼をその筆へと宿すことになりました。
火、風、水、土。THRICE の “The Alchemy Index” から10年の時を経て、今度は DREADNOUGHT が地球に宿る四元素をそのテーマとして扱います。そうして炎の獰猛と優しさを人生へと投影した最新作 “Emergence” は、バンド史上最も思慮深くアトモスフェリック、一方で最もパワフルかつ記憶に残るアルバムに仕上がったのです。
水をテーマとした前作 “A Wake in Sacred Waves” の冒頭とは対照的に、不穏に荒れ狂う5/4で幕を開けるオープナー”Besieged” は “現在最もプログレッシブなメタルバンド” との評価を確信へと導く野心と野生の炎。デリケートなジャズ/ポストロックの低温と、高温で燃え盛るブラックメタルのインテンスはドゥームの組み木で燃焼しせめぎ合い、ダイナミズムのオーバーフローをもたらします。
兆した悲劇の業火はチェンバードゥームと Kate Bush の嫋やかな融合 “Still” でとめどない哀しみへと飛び火し、その暗澹たる感情の炎は KARNIVOOL のリズムと OPETH の劇場感を追求した “Pestilent” で管楽器の嘶きと共にクライマックスを迎えます。それは過去と現代をシームレスに行き来する、”スペースロック” の時間旅行。
とは言え、”Emergence” は前へと歩き出すレコードです。KRALLICE や SEPTICFLESH の混沌とアナログキーボードの温もり、管楽器とボーカリゼーションの絶妙なハーモニーを抱きしめた “Tempered” で複雑な魂の熱を受け入れた後、アルバムはエセリアルで力強き “The Walking Realm” で文字通り命の先へと歩みを続けるのです。
もはや10分を超えるエピックこそ DREADNOUGHT の自然。それにしてもゴーストノートや奇想天外なフィルインを駆使した Jordan のドラムスは群を抜いていますし、Lauren の鍵盤が映し出すイマジナリーな音像の数々も白眉ですね。
今回弊誌では、美麗極まる歌声に激情のスクリーム、そしてマルチな楽器捌きを聴かせる Kelly Schilling にインタビューを行うことが出来ました。「フィーメールフロンテットって用語は女性を特別で、センセーショナルにする、つまり私たちをギミックに変えるのよ。私たちはみんな音を作り出す人間であって、性別を焦点にすべきではないのよね。」どうぞ!!

DREADNOUGHT “EMERGENCE” : 10/10

INTERVIEW WITH KELLY SCHILLING

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about your band and yourself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【KELLY】: Dreadnought is a metal band from Denver, CO USA that we describe as eclectic and ethereal, bringing together elements of progressive metal, black metal, folk, doom, jazz, and post metal (to name a few genres). We write music that speaks to us and naturally flows from us. We all come from different musical backgrounds and influences, I myself grew up passing through a few different phases. By the time I reached middle school, I was introduced to hard rock and nu metal, and as I grew into high school, I became more interested in heavy and dark music. I have been expanding my musical interests ever since.

Q1: 本誌初登場です。まずはバンドの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【KELLY】: DREADNOUGHT はコロラド州デンバーのメタルバンド。プログメタル、ブラックメタル、フォーク、ドゥーム、ジャズ、ポストメタル…それでもまだ挙げ足りないくらいだけど、そういった要素をミックスしてエクレクティックでエセリアルな音楽を描いているの。
私たちは語りかけてくる、自然と溢れ出るような音楽を書いているの。メンバーは全員が異なるバックグラウンドや影響を持っているわ。
私自身はいくつか異なる音楽的な時期を過ごして来たの。中学の頃に、ハードロックや Nu-metal を知って、高校になるとよりヘヴィーでダークな音楽に興味を持つようになったわね。私の音楽世界はそこからどんどん広がっているのよ。

Q2: There are not so much metal band having two male and two female. How did the band come to be?

【KELLY】: The band formed about 7 years ago after our first bands were at a bit of a stand still. Jordan, Kevin, and I were playing together in a band called Kastigation and Lauren in Recondite. After having a few guitarist changes in Kastigation and re-connecting with Lauren, we decided we wanted to try a different lineup and asked if she would be interested in working with us. She said yes and the new project was born.

Q2: 男性2人、女性2人という編成のメタルバンドはなかなか珍しいですよね?

【KELLY】: DREADNOUGHT は、私たちにとって最初のバンドたちが活動を休止していた7年前に結成されたの。Jordan, Kevin, そして私は KASTIGATION というバンドで一緒にやっていて、Lauren は RECONDITE にいたの。
KASTIGATION のギタリストが何人か変わったあと、Lauren と再度連絡を取って、異なるラインナップで挑戦したいから一緒にやらない?って聞いてみたの。彼女は快諾してくれて、新たなプロジェクト DREADNOUGHT が誕生したのよ。

Q3: So, Dreadnought has some multiplayers like drums and sax, guitar and flute, bass and mandolin. When you started the band and get members together, was it important for you?

【KELLY】: The woodwinds and mandolin were secondary, we had previously been playing in other metal bands so we were used to playing instruments in your traditional metal set up (guitar, bass, drums), but since a couple of us had been playing woodwinds for a large chunk of our life, we wanted to include them in our writing. I was inspired by the folk metal movement as a teen and other metal that included non traditional instrumentation, so I naturally wanted to include flute and Jordan also wanted to include his saxophone. When Lauren joined the band and Dreadnought began, we found that keyboards really gave space for other instrumentation.

Q3: DREADNOUGHT は、ドラムとサックス、ギターとフルート、ベースとマンドリンといったようにマルチプレイヤーが多いところも魅力ですよね?

【KELLY】: そういった木管楽器やマンドリンは二次的なものだったの。私たちは以前別のメタルバンドでプレイしていて、ギター、ベース、ドラムスというトラディショナルなメタルらしい編成でやっていたの。だけどメンバーのうち2人が人生の大半を木管楽器をプレイしてきたから、作曲の中に盛り込みたいと考えたのね。
私は10代の頃に、フォークメタルムーブメントや民族楽器を使用するメタルバンドからインスピレーションを得ているからフルートを楽曲に取り入れたいと思うのは自然なことだったわ。同様に Jordan もサックスを取り入れたかったの。
そうして Lauren が加わり DREADNOUGHT が始まると、キーボードが他の楽器を繋げる素晴らしい潤滑油だと気づいたのよ。

Q4: Sometimes you are called like prog-doom, or progressive post-blackdoom band, haha. What’s your perspective about the tags?

【KELLY】: We recognize it is difficult to put our music in a box, we aren’t precisely prog doom or post black doom, but we have elements of prog, black metal, doom metal. We are progressive in our songwriting, but the tags do not describe us fully and are limiting. People who read any of these terms will automatically have an idea in their head of what it sounds like, but we don’t really fit into that box. I would prefer that people listen to us without considering those blanket terms, but I understand it is also difficult to describe a band without them. Jordan likes to think of us as space metal, but even that term may give someone the wrong impression. Music is expanding more and more beyond genre descriptions these days, there is a lot of mixing and experimentation so perhaps these genre terms should only be taken as a rough guideline.

Q4: DREADNOUGHT にはプログドゥームとか、プログレッシブポストブラックドゥームなどのタグが付属しています (笑)。

【KELLY】: 1つの箱に私たちの音楽を閉じ込めるのは難しいわね。私たちは正確には、プログドゥームでもポストブラックドゥームでもないのよ。だけどプログ、ブラックメタル、ドゥームの要素を持っているのは確かね。
作曲にかんしてはプログレッシブなバンドだと思うわ。だけどプログのタグが私たちの音楽全てを表現しているとは思わないし、限定的よね。リスナーはそういったタグを読めば、自動的に頭の中にその典型的なサウンドを思い浮かべるはずよ。だけど私たちの音楽はそのどれにもフィットしないのよ。
リスナーのみんなには、そういった一義的な用語に惑わされず私たちの音楽を聴いてほしいわね。とは言え、ジャンル名を使用せずバンドの音楽を語るのも難しいのだけど。
Jordan は “スペースメタル” という表現が気に入っているようね。だけどその言葉にしたって誰かには誤った印象を与えてしまうかもしれないわね。
近年、音楽はジャンルの表現を超えて日々拡大していっているわ。交配と実験が重ねられているの。だからもしかしたら、ジャンル用語自体、大まかなガイドラインとして受け止められるべきなのかもしれないわね。

Q5: OK, let’s talk about your newest record “Emergence”. As the artwork shows, it seems this record resonates with elements of flame, right? Could you tell us about the concept or lyrical themes of “Emergence”?

【KELLY】: You are correct! It does resonate with elements of flame. The album is about transforming oneself through trials and tribulations. We begin the record with a catastrophic event, then telling the tale of all the emotions we may feel when enduring an event so emotionally heavy, specifically anxiety, shock, and resentment. As the album moves forward, the theme moves forward towards a place of understanding. Instead of resentment and anger, we now tell the tale of feeling acceptance and ownership. The album closes with a song of reflection and forward motion. We can now move forward, create a new path for ourselves, and transform from where we once came.

Q5: では最新作 “Emergence” について話しましょう。アートワークが示すように、炎のエレメントに焦点を当てたアルバムのようですね?

【KELLY】: その通りよ!アルバムは炎のエレメント (変化する色、成分) をテーマとしているの。
つまりこの作品は、試練と苦難を通して自分自身を変えることについて書かれているのよ。レコードは人生における壊滅的な出来事から始まって、次に感情的に重い出来事、特に不安、ショックに耐える時に感じる全ての感情についてのストーリーへと移行するの。
それからアルバムが進むにつれて、テーマは理解へと向かって進むのよ。怒りのかわりに、受け入れること、所有することを感じる場所へとね。そうしてアルバムは内省と前へ進むための歌で幕を閉じるの。
アルバムを聴き終えると私たちは前進し、自分自身のために新たな道を作り、かつて来た場所からの変革を果たすことができるのよ。

Q6: Ten minutes over “prog heaven” is kind of trademark of Dreadnought. “Emergence” includes 3 ten minutes over songs. Is it natural for you to make long epics?

【KELLY】: It is natural, we write a piece until we feel it is complete regardless of how long or short it may end up being. 10 minutes just happens to be the average song length we end up with.

Q6: 10分を超えるような”プログヘブン” な楽曲は DREADNOUGHT のトレードマークと言えますが、今回は3曲も収録されていますね。

【KELLY】: 楽曲が10分を超えるのは、私たちにとって自然なことよ。なぜなら完璧だと感じるまで楽曲を書き続けるから。長くても短くても関係なくね。10分が平均的になったのもたまたまそれが完成形だったからよ。

Q7: I think this is the most powerful and most eclectic record in your works. Also, this is a “time machine” of rock music, because we can find from Kate Bush to Karnivool. It seems you covered long history of rock. But what made you mix classic rock and modern metal?

【KELLY】: Thank you! I don’t think we ever intended to mix the two together, but we happened to due to our backgrounds and musical tastes. Some of us grew up with classic rock and prog rock as well as modern metal and by having those influences, we automatically include them both without really thinking too much about it.

Q7: 先程エクレクティックと仰いましたが、同時に Kate Bush から KARNIVOOL まで長いロックの歴史をカバーするタイムマシンのようなアルバムだとも感じました。

【KELLY】: ありがとう!意図してクラッシックロックとモダンな要素をミックスしたわけじゃないんだけどね。だけど私たちのバックグラウンドや音楽的嗜好がそうさせたと思うのよ。
何人かのメンバーはモダンメタルと同時にクラッシックロックやプログロックを聴いて育ったからね。そういった影響を持っているから、あまり考えることなく自然と両者を融合させているんでしょうね。

Q8: When I had an interview with Larissa from Venom Prison, she said “I don’t like the term “female fronted” though because it creates some sort of sub-genre that is solely based on the gender of the front person disregarding the kind of music is being produced by bands that have female vocalists. I find it quite limiting and counterproductive.” Do you agree with her?

【KELLY】: I do agree with her. The term “Female Fronted” continues to separate women from men in the music industry instead of bringing us together as equals. It is counterproductive, as it brings focus to the bands gender rather than their music. I can see how the intention of using that term may have originally been to raise the status of women in the community of metal musicians, that it was trying to bring to light that there are talented women in metal, that it isn’t only a boys club, but instead, the term sensationalizes women and turns us into a gimmick. We are all human beings creating sound and gender shouldn’t be the focal point.

Q8: 先日、VENOM PRISON の Larissa にインタビューを行ったのですが、彼女は 「私は “フィーメールフロンテット” って言葉が好きじゃないの。だってこの言葉はただフロントを務める人物のジェンダーのみによって、サブジャンルのようなものを形成してしまうから。その女性ボーカルを擁するバンドたちが生み出す音楽関係なしにね。その行為はとても限定的で、逆効果だと思うの。」 と語っていました。

【KELLY】: 彼女に同意するわ。フィーメールフロンテットという用語は、音楽業界では女性を男性から分離し続けているの。平等に扱うかわりにね。バンドの音楽ではなく、性別に焦点を当てているから逆効果よね。
この用語を使用にかんしては、元々は、メタルミュージシャンのコミュニティにおいて女性の地位を向上させる意図があったのはわかるのよ。メタルシーンにも才能のある女性がいることを明らかにしようとしていたんじゃないかと思うの。ただメタルがボーイズクラブじゃないって表明するためにね。
だけど一方で、この用語は女性を特別で、センセーショナルにする、つまり私たちをギミックに変えるのよ。私たちはみんな音を作り出す人間であって、性別を焦点にすべきではないのよね。

THREE ALBUMS THAT CHANGED KELLY’S LIFE

MOONSORROW “V: HAVITETTY”

OPETH “GHOST REVERIES”

ULVER “BLOOD INSIDE”

When I was younger, Linkin Park, Children of Bodom, Behemoth, Cradle of Filth, and Dimmu Borgir were heavy influences on me and part of the reason why I explored further into heavy music.

MESSAGE FOR JAPAN

Haha yes! We love Zelda, that is no secret. Thank you our Japanese friends for taking the time to read this and listen to our music! We look forward to performing for you one day!

私たちはゼルダの伝説を愛しているのよ!秘密でも何でもないわ。日本の友人のみなさん、時間をとってインタビューを読み、私たちの音楽を聴いてくれてありがとう!いつか日本でプレイする日を楽しみにしているわ!

KELLY SCHILLING

DREADNOUGHT Facebook Page
DREADNOUGHT Official Site
DREADNOUGHT Bandcamp
PROFOUND LORE RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!