18519435_1711649978852914_2567418735373834200_n

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【XANTHOCHROID : OF ERTHE AND AXEN ACT I & Ⅱ】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH SAM MEADOR OF XANTHOCHROID !!

18518132_1712836618734250_485832773851021512_o

More Extreme, Yet More Delicate. More Vast, Yet More Intimate. Xanthochroid’s “Of Erthe and Axen” Attempts To Further Broaden The “Cinematic Black Metal” Horizons !!

DISC REVIEW “OF ERTHE AND AXEN”

プログレッシブエクストリームのイノベーションを志望する、南カリフォルニアの野心的なカルテット XANTHOCHROID が至高なる2枚組の新作 “Of Erthe and Axen” をリリースしました!! “ロードオブザリング” や “ゼルダの伝説 時のオカリナ” にインスピレーションを得たというその壮麗かつ耽美なファンタジックワールドは、”シネマティックブラックメタル” の呼称に相応しいロマンとイマジネーションを運びます。
ブラックメタル、プログメタル、プログロック、シンフォニック、フォーク、クラシカル。XANTHOCHROID のカラフルで奥深いタペストリーは、OPETH, EMPEROR, ENSLAVED, JETHRO TULL, RENAISSANCE の豊潤なるミックスなどとも評されます。ただし、デビュー作から続く壮観なコンセプトストーリーをベースとした、大作映画や RPG のサウンドトラック的なアプローチは確かにバンドの確固たるアイデンティティーとなっているのです。
XANTHOCHROID が紡ぐ “Etymos” の物語は、王の血を引く Thanos と Sindir (後に Ereptor) 兄弟による闘争憚。”Of Erthe and Axen” では、”Incultus”, “Blessed He With Boils” 以前、二人の子供時代の出来事を、愛、嫉妬、魔法、戦争、そして欺瞞のエッセンスを交えつつ克明に描いているのです。
“Etymos” のエピック第一幕は、壮大なオーケストレーションと繊細でフォーキッシュな二つの小曲で幕を開けます。作品の全体像を暗示するような意を異にする二つのイントロダクションは、多彩な楽器の導入と新加入の女性シンガー Ali Meador の美麗なる歌声を披露し、共にバンドの拡がる可能性を伝えていますね。
不穏で不気味なディストーションサウンドが静寂を切り裂く “To Higher Climes Where Few Might Stand” はまさに XANTHOCHROID の真骨頂。EMPEROR や OPETH の面影を、クワイアやシンセサイザーで大仰にドラマティックに味付けしたシアトリカルな8分間は、Sam の邪悪なグロウルと伸びやかなクリーンを羅針盤に、ジギルとハイドの如く静と動を行き来します。6拍子のフォルクローレが、ホーンとストリングスを伴って鮮やかにメタリックな華を満開とする中盤の超展開は筆舌に尽くし難いほど見事です。
“To Souls Distant and Dreaming” で DREAM THEATER の遺伝子を垣間見せた後、Sam のパーカッシブギターは進化の証である “In Deep and Wooded Forests of My Youth” を導きます。マンドリンやアコーディオン、フルートを取り入れた JETHRO TULL をも想起させるフォーキーでロマンチックなデュエットは、朗々とした Ali と Sam の歌声でリスナーを月明かりが差し込む深き森、木々の騒めきへと誘うのです。
「”Act Ⅱ” は “Act I” に比べてメタルの要素が強調され、より長いアルバムになっているね。」 とSam が語るように、アルバムの第二幕はアートワークの変化も伴って、大円団に向けてその硬質と絢爛を増して行きます。
男声と女声のクワイアとピアノの流麗な響をイントロとしたあまりに豪壮でドラマティックな “Through Chains That Drag Us Downward” はその象徴でしょう。Sam の背徳的アジテイトや時折挿入されるブラストビートは、確かにバンドのルーツを示しますが、とは言えあまりに拡大された楽曲全体のデザインを鑑みれば、Sam が 「自分たちをブラックメタルと呼んでいるのはジョークのようなもの」 と語ることにも頷けます。
実際、Sam の歌唱が Hansi Kursch を思わせる “Of Aching Empty Pain” などではシンフォニック/シネマティックメタルのパイオニア BLIND GUARDIAN の領域、絢爛さにまで接近しているようにも思えます。
アルバムは、クラッシックなオペラの如く華麗で重厚な11分の大曲 “Toward Truth and Reconciliation” で濃密でダイナミックな作品をリトレイスするかのように幕を閉じました。
今回弊誌では、ボーカル、ギター、キーボードを担当する Sam Meador にインタビューを行うことが出来ました。今回も Jens Bogren がマスタリングを担当しています。全てを DIY で賄っているため知名度こそ低いものの、そのクオリティーは最上級。どうぞ!!

19959358_1787200591297852_1024487884777074018_n

XANTHOCHROID “OF ERTHE AND AXEN ACT I & Ⅱ” : 9.8/10

INTERVIEW WITH SAM MEADOR

PIC

Q1: First of all, Xanthochroid combines many styles into your own sound. So, first of all, could you tell us about your musical background? What kind of music did you listen to and what musical instruments were played when you were growing up?

【SAM】: Sure! I started playing piano when I was 9 years old. My younger sister had a toy piano that I used to figure out melodies and stuff by ear. I took lessons for a few years, and excelled pretty quickly, but reading music was never my focus, I was always trying to figure things out by ear. During that time I would always say “I don’t like music”, “I hate singing”, etc… hahaha I don’t really know why. I think I just didn’t like pop music, how people would fall in love with pop stars and not care about their musical abilities. Obviously I grew out of that mindset! When I was 14 I picked up a guitar, I just taught myself and always gravitated towards classical and fingerstyle stuff. I do play electric, but not nearly as much, especially these days, it’s just a totally different approach. Understanding the guitar helped me to write and arrange for Xanthochroid when we first started in 2005. By the time I was 16, I was already teaching piano and guitar lessons myself at a small music shop in California. I worked there for 10 years, I went to college for music composition while studying Piano and Classical guitar. Teaching music also helps you learn and grow as a musician, in fact, one of my students is the reason I learned how to play percussive guitar! I started listening to metal when I was 14 (Children of Bodom, Moonsorrow, Finntroll, Opeth, Dimmu Borgir, Cannibal Corpse, Immortal, Elenium, Abyssos) before that I listened to music almost exclusively from ocremix.org, a video game music remixing community. I think that pretty much explains why Xanthochroid sounds the way it does!

Q1: XANTHOCHROID の音楽はカラフルで多様な音楽性に彩られています。まずは、あなたの音楽的なバックグラウンドについて話していただけますか?

【SAM】: 勿論!僕は9歳の時にピアノを始めたんだ。元々、妹がオモチャのピアノを持っていて、それでメロディーをなぞったり、耳コピはしていたんだけどね。何年かレッスンを受けて、とても早く上達したよ。だけど譜面を読むことに全く興味はなかったね。いつだって耳で何とかしようとしていたんだ。
その期間は何故だか分からないんだけど、いつも “音楽が好きじゃない” とか、”歌うのは嫌いだ” とか言っていたんだよ。(笑) おそらく僕はポップミュージックが好きじゃなかっただけなんだ。音楽の才能を気にもかけず、ポップスターと恋に落ちる人たちもね。まあ、明らかに僕はそういった物の見方で育ったんだよ!
14歳の時にギターを手に取ったんだ。自己流で学んだんだけど、いつもクラシカルなフィンガースタイルで弾いていたよ。エレキギターも弾くんだけど、そんなに沢山って訳じゃないよ。特に最近は全く異なるアプローチを取っているんだ。ギターを理解することは、2005年に僕たちが初めて XANTHOCHROID を結成した時の作曲やアレンジで役に立ったね。
16になるまでに、僕はカリフォルニアの小さな楽器店で、ピアノとギターの個人レッスンを始めていたんだ。結局、僕はそこで10年間働いたんだけどね。ピアノやクラッシックギターを学ぶ傍らで、作曲のために大学にも通ったよ。音楽を教えることで、ミュージシャンとしての自分自身も成長し、学ぶことが出来るんだ。実際、僕がパーカッシヴギターを学んだのは、一人の生徒がきっかけだったからね!
メタルを聴き始めたのは14歳の時さ。Children of Bodom, Moonsorrow, Finntroll, Opeth, Dimmu Borgir, Cannibal Corpse, Immortal, Elenium, Abyssos なんかをよく聴いていたね。それ以前は、ビデオゲームのリミックスコミュニティ、OC remix.org にハマっていたよ。そういった下地が今の XANTHOCHROID を形作っていると思うよ。

Q2: Of course, there are many bands making concept albums or fantasy works, but there are few bands that build a fantasy world and reflect the world view on every album like you. I feel it’s definitely “Cinematic Black Metal”, like you say. What kind of cinema or video games inspired you to find “Etymos” world?

【SAM】: Some time around late 2009/2010, I was inspired to create a setting for a Xanthochroid-themed video game. I knew nothing about creating a video game, or building a fantasy world, or creating characters, or anything (I still don’t know much); but the responsibility of writing lyrics had fallen to me, and I needed something to write about. I always wanted the music, and now the lyrics to come from a place of pure inspiration. So, I thought, “what do I find inspiring?” I immediately thought of video games like Zelda: Ocarina of Time, movies like Lord of the Rings, the writings of Lovecraft. The way Zelda made music instrumental to the gameplay, the way you think of Frodo and hear The Shire theme, the way Lovecraft paints images and worlds in the mind of the reader. I realized I wanted to stir the same feelings with my music that these works of art stirred in me when I was young.

Q2: 勿論、コンセプトアルバムを制作するバンドは少なくありませんが、コンセプトの背景にあるファンタジー世界まで構築するバンドは決して多くはないでしょう。間違いなく、シネマティックブラックメタルという呼び名に相応しい試みですね!あなたが XANTHOCHROID の世界観を生み出したきっかけについて話していただけますか?

【SAM】: 2009年の後半から2010年辺りに、僕は XANTHOCHROID をテーマとしたビデオゲームを作るというアイデアを得たんだ。ゲーム制作、ファンタジー世界の構築、キャラクター設定なんかの知識は何もなかったんだけどね。
今でもあまり詳しい訳じゃないんだよ。だけど歌詞を書く責任が生じて、何かしら題材が必要だったんだ。僕はいつも音楽を必要としているけど、歌詞はピュアなインスピレーションによって降りて来るものなんだよ。
だから考えてみたんだ。自分が何にインスパイアされているかをね。すぐに思い浮かんだビデオゲームが、”ゼルダの伝説 時のオカリナ” だったんだよ。映画なら “ロードオブザリング” で、小説ならラブクラフトだったね。
例えばゼルダがインストルメンタルミュージックをゲームプレイのために制作するように、Frodo が “The Shrine Theme” を聴くように、ラブクラフトが読者の心をそのイメージや世界観で埋め尽くすように。僕はそれと同じ感情を味合わせたいと思ったんだよ。僕が若い頃にそれらのアートから味わったようにね。

Q3: “Etymos” is the context for a long power struggle between Thanos and Ereptor, two brothers who are heir to a deceased king. In the map of Etymos, “Erthe” is in the east of “Septenria”, and “Axen” is island nation. In the real world, almost five years have passed since you released “Blessed He With Boils”, what story did you draw with your new record “Of Erthe and Axen”?

【SAM】: The story for this album is a prequel to the events in BHWB and Incultus. It tells about the brothers as children, who Xanthochroid is, the legend of the crown, how Sindr becomes Ereptor.

Q3: XANTHOCHROID のストーリーは、王の血を引く兄弟 Thanos と Ereptor の権力闘争です。前作 “Blessed He With Boils” から5年の月日が経ちましたが、今作ではどのようなストーリーを描いたのでしょう?

【SAM】: このアルバムのストーリーは、”Blessed He With Boils”, “Incultus” 以前の話なんだよ。Thanos と Ereptor の子供時代を描き、誰が Xanthochroid なのか、王冠の伝説、如何にして Sindr が Ereptor となったかを語っているよ。

Q4: “Of Erthe and Axen” is consisted in two records. In this first part is reportedly softer, half of a two-part sequence whose heavier counterpart will arrive in October. Do you agree that?

【SAM】: Yes, Act II is quite a bit meatier, more metal elements, it’s longer… it contains some of my favorite pieces I’ve ever written.

Q4: その最新作 “Of Erthe and Axen” は一枚づつ別々にリリースされる2枚組のアルバムです。音楽的には、前半がよりソフトな一面に、後半がよりヘヴィーな一面にフォーカスしているようですね?

【SAM】: そうだね。”Act Ⅱ” は “Act I” より少しだけ充実度が増して、メタルの要素が強調され、長いアルバムになっているね。僕が書いた中でもお気に入りが何曲か入っているよ。

14700802_1417237444960837_5424946162065080035_o

Q5: “Of Erthe and Axen” is definitely great proof which you are the first act to combine black metal, folk, and classical into a cinematic sum. It’s really deep, mostly symphonic and bright tapestries. I love acoustic and folk instruments while newcomer Ali Meador adds a sublimely fresh and fitting layer. So, regarding musical aspects and technique, how do you evolved since your previous release “Blessed He With Boils”?

【SAM】: A lot of our growth came from Matthew’s work as a composer at Hexany Audio. He has become extremely skilled at creating realistic, lush, and dynamic orchestral music, and he taught me a lot this time around. Many of the songs on “Of Erthe and Axen” were written several years ago, but the lyrics and orchestration gave them new life. I asked Ali to sing on a few songs, and luckily for us, she has over 16 years of training as a vocalist, but I wish I had written more parts for her!

Q5: シンフォニックでフォーキー、時にアコースティックな風は、新加入 Ali Meador の美声と共に素晴らしきタペストリーとして “Act I” に刻まれていますね?

【SAM】: Hexany Audio での Matthew のコンポーザーとしての仕事は、大きな成長をバンドに呼び込むこととなったね。彼はリアリスティックで、瑞々しく、ダイナミックなオーケストラ音楽を作ることに非常に熟練して来ているんだよ。
そして、彼は今回僕に多くのことを教えてくれたんだ。”Of Erthe and Axen” の曲の多くは数年前に書かれたんだけど、歌詞やオーケストレーションが楽曲に新たな命を与えたね。
僕は Ali にいくつかの曲で歌うよう頼んだんだ。幸いなことに、彼女はボーカリストとして16年以上のトレーニングを受けていたんだよ。だから、もっと彼女のために多くのパートを書けば良かったと思っているんだ!

Q6: Except for awesome Jens Bogren have been involved in your recording process, Xanthochroid is doing everything in yourself, like promotion, recording, and distribution. You are so high level that you may belong to the big record label, but why do you stick with DIY style?

【SAM】: I think being from Southern California forced us to learn to do everything ourselves. What I mean is, we never fit in any scene here. We would play a show, and people would often have a very positive response, but we were always the “odd band out”, local labels and promotion companies weren’t very interested in us, and at the time 2005-2009, the SoCal “metal” scene was dominated by “core” bands – hardcore, metalcore, deathcore, etc… and we were not in that club. We had to forge our own path, so we booked and promoted our own shows, and built a small following in the local scene. From there, we stepped in to the recording world and released our first EP “Incultus”, we were very interested in getting a label deal and sent promos out to all the mid-level and major metal labels. We received no response. Instead of giving up, or continuing to pursue labels who were not interested in us, we learned the ins and outs of marketing, promotion, press, booking, and more thanks in large part to our friend Rhiis Lopez of Ana Kefr. When we released BHWB, we realized we had reached a worldwide audience of loyal fans, and we were already running the business aspect ourselves. After this, deals/offers did start coming from certain labels, but we were smart and independent enough to know that they were terrible, unfair deals. We knew that if we were going to continue to fulfill our vision as a band, we would have to take 100% responsibility for our own success.
Record labels, especially the bigger ones, are often very interested in trends and fads. Xanthochroid never fits into those categories, we are in it for the long haul.

Q6: XANTHOCHROID はメタルシーンで最も DIY に拘っているバンドの内の一つかも知れませんね?

【SAM】: 南カリフォルニアという場所が、全てを自分たちでこなすバンドの姿勢を決定づけたと思うんだ。つまり、ここでは僕たちはどのシーンにも全くフィットしなかった為なんだよ。ショウをやれば、しばしばとてもポジティブな反応が返って来るんだよ。だけど僕たちはいつも “仲間外れ” だったんだ。
ローカルなレーベルやプロモーターは僕たちに見向きもしなかったね。それに、2005~2009年当時は、所謂メタルシーンがハードコア、メタルコア、デスコアといった “コア” バンドに支配されていたんだよ。僕たちはその “クラブ” には入っていなかったからね。
僕たちは自分で道を開拓しなければならなかったので、ショウを予約して宣伝し、ローカルシーンで小さなファン層を作ったんだ。そこからレコーディング・ワールドに入り、最初のEP “Incultus” をリリースしたんだよ。
僕たちはレーベルとの契約にとても関心があり、中規模およびメジャーなメタルレーベル全てにプロモーションを送ったんだ。だけど何の返答もなかったね。
僕たちは諦めたり、興味も示さないレーベルを追い求める代わりに、マーケティング、プロモーション、プレス、ブッキングなどを徹底的に学んだんだ。ANA KEFR の Lhiis Lopez の助けには感謝しているんだ。
“Blessed He With Boils” をリリースした時に、僕たちは世界中の確固たるファン層にリーチ出来ていて、すでにビジネスを自分たちで回せていると分かったんだ。その後くらいから、レーベルからオファーも舞い込み始めたんだけど、すでに僕たちは彼らが酷く、アンフェアな契約だと識別出来るくらいには賢く、独立していたんだよ。ただ、もし僕たちがバンドとしてそのビジョンを貫くなら、自分たちの成功に100%の責任を負わなければならないことも分かっているつもりだよ。
レコードレーベル、特に大きな会社は、時にトレンドに大きく傾くよね。XANTHOCHROID はトレンドに左右されないし、もっと長いスパンで物事を見ているんだよ。

a2450933752_16

Q7: There are few scenes singing dirty in the new record, aren’t you? You are often compared with Opeth, and off course they also use no growls recently. Sometimes, they are criticized about that. What’s your perspective about the balance between clean vocal and growl?

【SAM】: I don’t think of it as having less extreme vocals (although I realize it does), I think of it having more (and better) clean singing. I have nothing against extreme vocals, I love doing them, and they can be very emotionally powerful when used at the right moments. I think the increase in clean vocals just comes from my own professional life as a musician, I play a lot as an entertainer at restaurants, events, venues, and clubs. Most of those gigs last 3 hours, and I have to sing for most of that time, so in the past few years I have become a much more confident singer and Xanthochroid’s music reflects that. I don’t care much for Opeth’s new music, but that has nothing to do with the lack of growls and everything to do with the music itself.

Q7: “Act I” では、グロウルを使用する場面がかなり減っていると感じます。例えば OPETH はエクストリームなボーカルを封印し、批判も浴びていますね?

【SAM】: 別にエクストリームなボーカルを減らそうと思った訳ではないんだよ。確かに完成してみると減っていたんだけどね。ただ、クリーンボーカルを増やす、もしくはもっと良い歌唱をするという意図はあったんだ。
全然、エクストリームボーカルが嫌になった訳じゃないんだよ。むしろ大好きさ。正しい場面で使用すれば、実にエモーショナルでパワフルな武器となるからね。クリーンボーカルが増えたのは、僕のプロフェッショナルなミュージシャン生活と関連しているんだよ。
僕はエンターテイナーとして、レストラン、イベント、ライブハウス、クラブなどで沢山プレイして来たからね。大体、そういったギグは3時間は続くんだ。僕はその時間の大半を歌って過ごさなければならないからね。だから、ここ数年で僕はシンガーとしての自信を深め、それが XANTHOCHROID に反映されているという訳さ。
OPETH の新作はあまり気にかけていないんだ。だけどそれはグロウルの有る無しではなく、全て音楽性が理由なんだけどね。

Q8: Alter-egos, April fools, gag videos. Along with your big love of video games, Xanthochroid’s sense of humor, and your love for goofing around, is an important part of who you are as a band, right? haha.

【SAM】: Oh yes! We love to joke around, especially when it comes to people who take metal way too seriously. Even calling ourselves a black metal band is almost a joke just to annoy the elitists out there haha. Our favorite thing to do is work on our music for Epic Dragon, the most famous Dragon Metal band from Estonia!

Q8: 母国の設定を変えて別バンドとして振舞ったり、エイプリルフール、ギャグビデオなど XANTHOCHROID にユーモアは欠かせないようですね?

【SAM】: まさに!僕たちはジョークが大好きなんだよ。特にメタルをシリアスに捉えすぎる人についてはね。自分たちをブラックメタルバンドと呼んでいることさえ、ほとんどその筋の人たちをイラつかせるジョークみたいなものなんだから(笑)
僕たちはエピックドラゴンの曲を書くのが大好きだし、エストニアから来た最も有名なドラゴンメタルバンドなんだ!

FIVE ALBUMS THAT CHANGED SAM’S LIFE

MOONSORROW “VIIDES LUKE: HAVITETTY”

Moonsorrow_-_Viides_Luku_-_Hävitetty

EMPEROR “PROMETHEUS: THE DISCIPLIN OF FIRE & DEMISE”

Emperorprometheus

CHILDREN OF BODOM “HATEBREEDER”

Hatebreeder

DIMMU BORGIR “DEATH CULT ARMAGEDDON”

Dimmuborgir_deathcultarmageddon-2

OPETH “STILL LIFE” “BLACKWATER PARK”

Opeth_stilllifeBlackwaterpark

STEPHEN SONDHEIM “SWEENEY TODD”

32708543_350_350

PUCCINI “TURANDOT” “TOSCA”

0028941427427_p0_v1_s1200x63081JuZBl7boL._SX355_

MESSAGE FOR JAPAN

20994240_1847294315288479_5624451535216029218_n

Hi! I really hope to come to Japan one day with the band! It would be great to meet our Japanese fans and perform for you, maybe I’ll even play some percussive guitar. I do have to ask, what platform do people use to buy music in Japan!

やあ!僕は本当にいつかこのバンドで日本に行きたいと望んでいるんだ!日本のファンに会って、君たちのために演奏出来たら素晴らしいだろうな。僕のパーカッシブギターも披露したいよ。
最後に聞きたいんだけど、日本のファンはどんなプラットフォームで音楽を買っているのかな?教えて欲しいな!

SAM MEADOR

XANTHOCHROID Facebook Page
XANTHOCHROID Official Site
XANTHOCHROID Bandcamp

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です