kansas-prelude-implicit

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【KANSAS : THE PRELUDE IMPLICIT】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH PHIL EHART OF KANSAS !!

13517475_10154131027811006_6573989818365774545_o

Legend Is Back!! The Throne Of US Prog Rock, Kansas Has Just Released Their New Masterpiece “The Prelude Implicit” For The First Time In 16 Years !!

DISC REVIEW “THE PRELUDE IMPLICIT”

US Progressive Hard の始祖にして、アメリカにプログロックを根付かせた英傑 KANSAS が何と2000年以来16年振りの新作 “The Prelude Implicit” をリリースしました!!
オリジナルメンバー、シンガー、メインソングライター、つまりはバンドの顔であった Steve Walsh の脱退と、3人の新メンバー加入を経てリリースされた作品は、新たな生命を得たかのような瑞々しさと自信に満ちています。
新しいフロントマン/キーボーディスト、Ronnie Platt の歌唱は、間違いなく作品に強い生命力を与えています。映画 “Rock Star” のように、全く無名だった Lombard のカバーバンドのシンガーは、突如、自身も敬愛するプログレジェンド KANSAS のフロントマンに抜擢されました。そして、JOURNY の Arnel Pineda のように、そのチャンスを見事ものにしたのです。
「僕のゴールは Steve の代わりになることじゃないよ。それは誰にも不可能だからね。だけど、KANSAS の品位を保っていく責任はあるんだよ。」と語る彼のパフォーマンスは、Steve へのリスペクトを提示しながらも、若さと推進力を伴い実に魅力的。
特に、”The Unsung Heroes” での歌唱は傑出しています。インタビューでも語ってくれたように、国のために死んで行った戦士たちへの鎮魂歌は、普遍的なアメリカンシャッフルを、中間部のギター/ヴァイオリンのアンサンブルが素晴らしいとは言え、ほぼ歌唱のみで名曲の域まで高めているという点において、JOURNY の “Lovin’, Touchin’, Squeezin'” と通じるものを感じます。発する極上のエモーションと、凄まじいレンジのハイノートは Walsh の代役以上の個性を間違いなく発揮していますね。
新ギタリスト Zak Rizvi の貢献にも触れておくべきでしょう。共同プロデューサー、共同ライターとしてもクレジットされた彼の才能は、今回インタビューを受けていただいた Phil と2人きりとなったオリジナルメンバーで、長年バンドを支えてきた隻眼のギタリスト Rich Williams をも充分に刺激したようで、”The Prelude Implicit” では、”Masque”, “Leftoverture” 期のようなスリリングなリフを存分に味わうことが出来ますね。
“Visibility Zero” にはまさにその成果が結実しており、こちらも新メンバー、David Manion がもたらすプロギーなハモンドサウンドとギター、そして勿論 KANSAS を象徴する楽器、ヴァイオリンのトリプルデュエルが無上のスリルを生み、70年代中期の KANSAS をイメージさせつつ、よりヘヴィーな現在のサウンドを提示しています。
さらに、プログレッシブという観点から見れば、8分の大曲 “The Voyage of Eight Eighteen” は KANSAS のプログサイドを象徴する楽曲です。多数のマルチプレイヤーが存在することで可能になる濃厚かつ重厚なサウンド、プログロックらしい変拍子やキメの美学、そしてかつてのユーロプログに対するUSからの憧れが、ヴァイオリンを使用したフォーキッシュなメロディーとして表層化した結果、あの “The Pinnacle” を超えるような新たな名曲として仕上がりました。現役プログロックバンドとしての矜持を見事に示したと言えますね。
勿論、KANSAS と言えば、”Carry On Wayward Son” や “Dust In the Wind” のような POP センスも重要な1面ですが、今作はボーカルメロディーがアルバムを通してカラフルかつ非常に充実しており、コンパクトな “Summer” はキャッチー極まりないメロディックハードソングですし、”Crowded Isolation” の哀愁も深く胸に染みます。
傑作 “Leftoverture” 40周年に、堂々たる王者の帰還です。Anderson / Stolt の “Invention of Knowledge” と双璧を成す、今年の Masterpiece of Prog Rock だと信じます。今回弊誌では、ダイナミックなドラミングで作品のエンジンとなった、オリジナルメンバー Phil Ehart にインタビューを行うことが出来ました。どうぞ!!

14364809_10154364030776006_5709768962990044094_n

KANSAS “THE PRELUDE IMPLICIT” : 10/10

【INTERVIEW WITH PHIL EHART】

1308291041580518318_v1

Q1: Hi, Phil! First of all, how was the Japan Tour 2011? I heard you lived in Japan long ago, what do you like Japan?

【PHIL】: The tour of 2011 went very well for us. We love playing in Japan. The music fans there are just fantastic. As a young boy I lived in Nagoya for 3 years.

Q1: まず、 2011年の Japan Tour はいかがでしたか?あなたはかつて日本に住んでいたそうですね?

【PHIL】: 2011年のツアーはとても上手くいったよ。僕達は日本でプレイするのが大好きなんだ。日本の音楽ファンはただただ素晴らしいからね。そうだね、僕は幼いころ、名古屋に3年間住んでいたんだ。

Q2: Your newest album “The Prelude Implicit” is just out now!! Your last studio record “Somewhere to Elsewhere” was released at 2000. So, 16 years have passed. What made you make new record at this timing?

【PHIL】: Certain people in the band did not want to record any new material. After their departure from the band we decided it was time to make a new record. The new people in the band were also very instrumental in creating the new music.

Q2: 遂に新作 “The Prelude Implicit” がリリースされましたね!前作 “Somewhere to Elsewhere” のリリースが2000年ですから、16年振りの作品となります。なぜこのタイミングで新作に取り掛かったのですか?

【PHIL】: バンド内のある人物が (Steve Walshのこと) 新しいマテリアルをレコーディングしたがらなかったからなんだ。
彼がバンドを離れた後、僕達は遂に新しいレコードを作る時が来たと思ったね。バンドの新しいメンバーは新しい音楽を作るのにとても助けになってくれたんだよ。

Q3: Kansas fans are definitely going to love your masterpiece! When you named it “The Prelude Implicit”, what was in your mind? Could you tell us about the concept or lyrical themes of the album?

【PHIL】: The title of the album basically means…..without a doubt, this is a new musical beginning for this band.
The lyrical content of many of the songs are really meant to make you think. Thinking about choices you make that effect your life. Not giving up. Certain dangers in life. And those that died for their country.

Q3: KANSAS のファンは間違いなく新作を気に入るでしょうね!”暗黙の序曲”というタイトルの由来、アルバムのコンセプトについて教えていただけますか?

【PHIL】: アルバムのタイトルは基本的に…疑いもなく、この作品が KANSAS にとって、新たな音楽的幕開けを告げるものだという意味なんだよ。
大半の歌詞の内容は、リスナーにも考えてもらうようにしているんだ。君たちの選択が人生に及ぼした影響、諦めないこと、人生におけるある種の危険、そして国のために死んで行った人々について考えてみて欲しいな。

Q4: So, it can be called “New Kansas”. There are no names of Walsh and Livgren. Did you image that would happen?

【PHIL】: Well, you never know when you make a KANSAS album, what it will be exactly.
It’s true there are no name of Walsh and Livgren, but the new band and the new music is pure KANSAS music that at times, does harken back to the music of the 70’s.

Q4: お話にも出ましたが、今回のアルバムはまさに “NEW KANSAS” と言えますね。Walsh, Livgren という名前もクレジットにはありません。そんな日が来ると想像していましたか?

【PHIL】: KANSAS のアルバムを作る時は、作品が正確にどうなって行くのか予測することは出来ないんだよ。
確かに、ここには Walsh の名も、Livgren の名もないけれど、新しいバンドと新しい音楽は、時にピュアな KANSAS の音楽で、70年代の KANSAS を想起させるものだと思うよ。

12698581_10153809887571006_759599094545554423_o

Q5: How was the contribution of new members? Especially, Zak Rizvi seems to be co-producer and co-writer of “The Prelude Implicit”. How about that?

【PHIL】: The contributions of the newer members was very inspirational to all of us. Ronnie’s lyrics are just so KANSAS sounding in their meaning and Dave Manion’s Hammond B3 adds so much to the sound.
Zak Rizvi did a wonderful job of writing the majority of the music which was no small feat in itself!! He also produced the record.

Q5: 新メンバーの貢献はどうでしたか?特に Zak Rizvi は共同プロデューサー、作曲者としてクレジットされていますが?

【PHIL】: 新メンバーの貢献は、バンド全員に大きなインスピレーションを与えてくれたね。
Ronnie の歌詞はまさに KANSAS のようなサウンドだし、そういった意味では Dave Manion の Hammond B3 も同様の効果をもたらしたと思う。
Zak Rizvi は大半の音楽を書いて、素晴らしい仕事をしてくれたね。本当に際立った功績だよ!彼はレコードのプロデュースも手がけてくれたしね。

Q6: OK, Finally, King Crimson and Yes are still alive and well. Also, lot’s of talented young prog bands are appearing in the scene. So, what’s the goal of New Kansas now?

【PHIL】: We hope to continue the musical legacy that we have with this band. Onwards!

Q6: 最後に、KING CRIMSON や YES といったレジェンドはまだまだ健在ですし、一方で、シーンには新しい才能も現れて来ています。新しい KANSAS のゴールとは何ですか?

【PHIL】: 僕達は、このバンドが持つ、音楽の遺産を繋げていきたいと願っているよ。そうやって前に進んで行くんだ!

【MESSAGE FOR JAPAN】

1556224_10152797198446006_4924967410295345223_o

We love Japan and the japanese people from the bottom of our hearts. See you soon!

日本と日本のみんなが心から大好きだよ。すぐに会おう!

PHIL EHART

KANSAS Facebook Page
KANSAS Official Site
Inside Out Music Official Site
KANSAS “暗黙の序曲” 日本盤

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です