897a76ec-b360-4b1d-96e8-918814dd9e82

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BETRAYING THE MARTYRS : THE RESILIENT】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH AARON MATTS OF BETRAYING THE MARTYRS !!

BETRAYING-THE-MARTYRS-thumb-1200xauto-39682

Paris Heavyweights, Betraying The Martyrs Has Just Released Catchy-Orchestrated New Album “The Resilient” !!

DISC REVIEW “THE RESILIENT”

フランスが生んだモダンメタルの殉教者 BETRAYING THE MARTYRS がバンドのポテンシャル全てを注ぎ込んだ新作 “The Resilient” をリリースしました!!Metalcore, Deathcore, Hardcore をベースにシンフォニックでエレクトロニカな味付けを施したユニークかつ際立った作品は、フレンチメタルレボリューションの中核に位置する重要なレコードとなりました。
“The Resilient” は前作 “Phantom” で提示した、獰猛なヘヴィネスとメロディックなモーメントの華麗な融合をさらに1歩進め、キャッチーとさえ言えるフックをふんだんに使用したチャレンジングなアルバムです。WHITECHAPEL, SUICIDE SILENCE といったデスコアオリジネーターが挙ってオリジナルのジャンルから離れ独自の進化を辿る中で、BETRAYING THE MARTYRS も遂に自らのアイデンティティーを築き上げたと言えるのかも知れませんね。
アルバムオープナー、”Lost for Words” はそのキャッチーな一面を突き詰めたバンドの新たなアンセムであり、アルバムタイトルが示す通り BETRAYING THE MARTYRS がさらなる強さを得て戻って来たことを証明する一曲でもあります。
デスコア由来の激しくクランチするリフワークはバンドの帰還を高らかに告げますが、シンフォニックでキャッチーなコーラスが訪れるとリスナーは、彼らの進化、モダンに拡大する視野を実感することになるでしょう。勿論、シンフォニックな要素は BETRAYING THE MARTYRS に欠かせないものとして存在してきた訳ですが、今作では完全に別次元の劇的な魅力を提示しているのです。
その新たな地平をを象徴するのが “Won’t Back Down” でしょう。ヘヴィーでアンダーグラウンドなルーツを枢要としながらも、美麗で大仰ななオーケストレーションを前面に押し出した楽曲は、バラードとは呼べないまでも明らかにスロウでプログレッシブ。傑出した耽美なドラマ性を誇ります。2015年にフランスで起きたテロに衝撃を受けて書かれたというエモーショナルな一曲は、アルバムに類稀なチェンジオブペースをもたらすと共に、バンドの確かな成長を伝えていますね。
インタビューでも触れているように、この美しくシアトリカルな世界観と獰猛なデスコアサウンドの見事な融合は、クリーンボーカル/キーボード Victor Guillet の果たす役割が飛躍的に増し、その才能が素晴らしく開花したことに由来しています。
オーケストレーション、エレクトロニカだけでなく、シンプルなピアノの響きも効果的に使用する彼の鍵盤捌きは特異かつ至妙。”Take Me Back” を聴けば、ピアノが導く甘美なボーカルメロディーが CREED や LINKIN PARK が持つロマンチシズムと通じることに気づくはずです。
飽和気味で数多のステレオタイプなデスコアアクトと彼らを分かつ無上の武器 Victor の開眼は、同時にアメリカナイズとも呼べるメジャーなポップネスを纏い、アンダーグラウンドなジャンルに革新をもたらす一際印象的なメジャー感を織り込むことに成功していますね。
結果として、BETRAYING THE MARTYRS は共にツアーを行った ASKING ALEXANDRIA の大きな成功をしっかりと目に焼き付け、自らの血肉としながらも、デスコア、Djent という重厚でテクニカルなルーツを忘れることはありませんでした。それは正式メンバーとして加入した CHIMP SPANNER のドラマー Boris Le Gal が繰り出す凄まじきスティック捌き、”Dying to Live” の煽情的なリードプレイ、綿密に構成されタイトに進化したギターリフ、そして猛悪なグロウルとエピカルなクリーンのコントラストが見事に代弁していると言えるでしょう。
今回弊誌ではバンドのフロントマン Aaron Matts にインタビューを行うことが出来ました。アナ雪の “Let It Go” をヘヴィーにカバーしたことでも話題になりましたね。どうぞ!!

Betraying-the-Martyrs-The-Resilient-Album-Art-2017

BETRAYING THE MARTYRS “THE RESILIENT” : 9.3/10

【INTERVIEW WITH AARON MATTS】

14457555_10154388266116638_3375584276469804616_n

Q1: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about your band? What’s the meaning behind your band name “Betraying the Martyrs”?

【AARON】: Martyrs represents those that have died for their cause, those that have given their lives so that others after them don’t have to suffer the way that they did. In today’s world there continues to be suffering and pain, those that contribute to this are in turn betraying the martyrs, it’s a metaphor spin on the horror of what this world can hold, and a hommage to those that gave their lives.

Q1: 本誌初登場です!まずはバンド名 “Betraying the Martyrs” に込められた意味を教えていただけますか?

【AARON】: “Martyr” “殉教者” とは、後に続く者たちが自身と同じように苦しまないために、自らの生命を与え、死んで行く者たちのことだよ。今日の世界は苦しみと苦痛が続いているけど、それに寄与する人たちはつまり”殉教者を裏切っている”訳だよ。
この世界が抱える恐怖を表現する隠喩であり、殉教者へのオマージュでもあるんだ。

Q2: You are contracting with Sumerian Records. Off course, Sumerian is one of the most popular Modern metal label. So, what’s the meaning of being “Sumerian Roster” for you?

【AARON】: It’s a great honour for us, when we were look for a label, Sumerian was the one that we had our sights on, and for them to sign us was a blessing for us, we couldn’t be happier to be on such a prestigious label!

Q2: バンドは最もポピュラーなモダンメタルレーベル Sumerian Records と契約しています。”スメリアンロースター”であることはあなた達にとってどういう意味を持つのでしょう?

【AARON】: 非常に光栄なことだね。レーベルを探している時に、目に止まったレーベルの一つが Sumerian だったんだ。
彼らがサインしてくれたことは正しく僕たちにとって祝福だったね。こんなに名高いレーベルの一員になれたんだから、これ以上幸せなことはないよ。

Q3: France might be famous for its cuisine, fine wines and inventing a type of kissing, but now the world finds the unique metal scene there. Definitely, Gojira and Alcest released the most impressive album of last year. And 2017 is your turn. Anyway, what’s your perspective about the metal scene of France these days?

【AARON】: It’s getting bigger and bigger each year, France is starting to catch up with the western world in terms of modern metal music, and we pride ourselves in playing a part in this evolution!

Q3: フランスはチーズやワインで有名ですが、今はそのユニークなメタルシーンも注目されつつありますね?

【AARON】: うん、シーンは毎年どんどん大きくなっているね。モダンメタルという意味で言えば、フランスはようやく西洋世界に追いつき出したところなんだ。
その進化の一部としてプレイ出来ていることを誇りに思うよ。

Q4: So, your newest album “The Resilient” is just out now! It’s for the first time in three years. How do you feel now?

【AARON】: We feel great! We put our heart and souls into this record and couldn’t be more proud of how it turned out, we love the cd from front to back and are stoked to see that our fans do too!

Q4: では最新作 “The Resilient” について話しましょう。3年ぶりの作品となりましたが、今のお気持ちはいかがですか?

【AARON】: 最高だよ!このレコードには僕たちの気持ちと魂を込めたからね。これ以上誇れるものはないよ。
オープナーから最後の曲まで大好きだし、ファンのみんなもそう思ってくれたら素晴らしいね!

16473545_10154767855041638_6202369520811410731_n

Q5: When you named your third album “The Resilient”, what was in your mind? Could you tell us about the concept or lyrical themes of album?

【AARON】: The title of the album represents us, as a band and as people, we have been thr amazing ups, and crushing downs, but we have ALWAYS bounced back and come back even stronger than ever. This is the case more than ever right now, we have cut our losses, bounced back to our original form, and this is who we are today, btm at its strongest!

Q5: アルバムを “The Resilient” というタイトルに決めたのはなぜですか?併せて作品のコンセプト、歌詞のテーマを教えてください。

【AARON】: タイトルの “The Resilient” “回復” はまさに僕たちのバンド、そして僕たち自身を表しているんだ。僕たちのキャリアは激しいアップダウンを経験して来たけど、いつだって今までより強くなって戻って来ているんだからね。
そして今まで以上に現在こそその状況を体現しているのさ。失ったものを取り戻し、元の形に戻って来たよ。今日の僕たちこそ最強の BETRAYING THE MARTYRS なんだよ!

Q6: The direction of combining crushing heaviness and beautiful melodic moments started from your former release “Phantom”. But, “The Resilient” have included more clean vocals than your past works. “Lost for Words” and “Take Me Back” is two prime examples of this, I think. Do you agree that? What made you go ahead with this approach?

【AARON】: We have never made a conscious effort to put more or less clean vocals, or more or less melodic moments, these moments come from who we are as musicians and our roots, Victor plays a huge part being the clean singer and piano and synth player, and we’ve always welcomed that with open arms, this cd is just a result of us all working equally hard together.

Q6: “The Resilient” は前作 “Phantom” で志向した強烈なヘヴィネスと美しいメロディーの融合をさらに推し進めたレコードだと感じました。過去作よりクリーンボーカルの割合も増えていますよね?

【AARON】: 僕たちは意識的にクリーンボーカルやメロディックな要素を増やしたり減らしたりしたことはないんだよ。そういった瞬間は、僕たちのミュージシャンとしてのルーツから自然と湧いてくるものなんだ。
このレコードでは、Victor がクリーンボーカル、ピアノ、シンセサイザーと多くのパートをプレイしている訳だけど、僕たちはいつだって心からそれを歓迎しているんだよ。このレコードは全員が等しくハードワークした結果なんだからね。

Q7: That is to say, Betraying the Martyrs becomes to have more on the metalcore spectrum than the deathcore one many times throughout the album. The same is true of Suicide Silence, Whitechapel, it seems that major deathcore acts pushing forward their melodic aspects. Do you feel empathy with them?

【AARON】: Not at all, bands like Whitechapel and suicide silence are doing exactly what they want to do, and so are we, our sound perhaps represents a lot less drastic change than theirs does, but that’s where we are in our careers and that’s where they are in theirs. Either way they are both great bands and good friends.

Q7: 言い換えればデスコアを離れモダンなメタルコアに接近したとも言えるかも知れません。SUICIDE SILENCE や WHITECHAPEL も同様にデスコアから離れようとしていますが、彼らに共感を覚える部分はありますか?

【AARON】: 全く感じないね。WHITECHAPEL や SUICIDE SILENCE といったバンドはただ彼らがやりたいことをやっているだけで、僕たちも同じだよ。おそらく、彼らに比べたら僕たちのサウンドの方がドラスティックな変化は少ないだろう。だけどこれは僕たちのキャリアで、彼らには彼らのキャリアがあるんだよ。どの道、彼らは両方とも偉大なバンドだし、良い友人でもあるんだ。

Q8: “Won’t Back Down” symbolize that, the orchestral and keyboard elements are essential elements for Betraying the Martyrs. Initially, what inspired you to mix these element to metal sound

【AARON】: Absolutely, they play a huge role in defining our sound. Victor and his instruments have been there since the very beginning, unlike myself; and the band has always strived to keep this symphony as part of our sound, that’s the way it’s going to stay.

Q8: “Won’t Back Down” が象徴するように、シンフォニックなオーケストレーション、キーボードパートはバンドにとって不可欠な要素です。元々、こういったサウンドをメタルに導入したきっかけは何だったのでしょうか?

【AARON】: 全くその通りだね。そういった要素は間違いなく僕たちのサウンドの中で大きな役割を果たしているよ。
Victor と彼の楽器は非常に初期の頃からバンドに欠かせないものだったね。バンドもこのシンフォニーをサウンドの一部としてキープすることを欲してきたんだ。だから今も重要な要素として君臨しているんだ。

26

【FIVE ALBUMS】

FIVE ALBUMS THAT CHANGED AARON’S LIFE!!

EMINEM “THE MARSHALL MATHERS LP”

The_Marshall_Mathers_LP_second_cover-2

WHITECHAPEL “THIS IS EXILE”

Whitechapel_-_This_Is_Exile

SLIPKNOT “SLIPKNOT”

Slipknot_-_Slipknot2-4

T.REX “THE SLIDER”

T_Rex_The_Slider

BLINK 182 “ENEMA OF THE STATE”

Blink-182_-_Enema_of_the_State_cover-2

【MESSAGE FOR JAPAN】

583F1B6D-betraying-the-martyrs-to-release-the-resilient-album-in-january-lost-for-words-music-video-streaming-image

Thank you so much for your support, we love you all, and cannot wait to come and play for you all in your amazing country!! See you all soon!!

サポートをありがとう!日本のみんなが大好きだし、君たちの素晴らしい国でプレイするのが待ちきれないよ。すぐに会おう!!

AARON MATTS

BETRAYING THE MARTYRS Facebook Page
BETRAYING THE MARTYRS Official Site
SUMERIAN RECORDS Facebook Page
SUMERIAN RECORDS Official Site

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です