タグ別アーカイブ: Slovenia

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【WITHIN DESTRUCTION : YOKAI】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH LUKA VEZZOSI OF WITHIN DESTRUCTION !!

“I Believe The Metal Scene Is Slovenia Is Quite Strong But There Are Practically No Bands That Break Through Internationally Cause Nobody Has The Guts To Do That Important Step Of Saying “Fuck My 9-5 Job, I Wanna Do This For My Living”. You Need a Different Mindset If You Want Your Band To Succeed Internationally.”

DISC REVIEW “YOKAI”

「明らかに僕らは将来的にメインストリームにも進出したいと思っているから、トラップの要素を取り入れてよりメジャーな曲作りをすることは、その方向への第一歩だったんだ。もちろん、僕たちのようにやるには肝が座ってなきゃダメだけどね。人がどう思うかなんて気にしない。 自分たちがやっている音楽が好きであればそれで十分なんだ。」
東欧の小国スロベニアからスラミングデスの残忍王へと上り詰めた WITHIN DESTRUCTION は、バンド名が物語るように激烈な破壊衝動をその身に宿したまま、メインストリームの恍惚へと挑戦しています。
「スロベニアのメタルシーンは非常に強力だと思うんだけど、国際的にブレイクするバンドがほとんどいないんだ。それはね、『9時から5時の仕事なんてもうどうでもいい、メタルで生計を立てていくんだ!』ってガッツを誰も持っていないからなんだ。バンドで国際的に成功したいと思うなら、違う考え方、心の持ちようが必要なんだよ。当然、ハードな努力が必要で、経済的にも社会的にも多くの犠牲を払わなければならないんだよ。」
WITHIN DESTRUCTION に備わった無垢なる狼の精神は、人口200万の世界の狭間に生を受けたその運命と深く関連していました。ここから国際的にブレイクを果たすことがいかに難しいか熟知しているからこそ、WITHIN DESTRUCTION はその暴虐な世界を奔放に拡大していくのです。
「”Yokai” は大部分が日本の幽霊/悪魔である妖怪についてだね。平安末期に鳥羽上皇の寵姫であったとされる伝説上の人物、狐の化身 “玉藻の前” についての楽曲なんだ。彼女の美しさ、知性、そして狡猾さに焦点を当てているよ。あと、”Alone” はファイナルファンタジーの世界をベースにした楽曲なんだ。」
Unique Leader を離れ自らのレーベルを設立し、POLARIS のブレークにも一役買ったプロデューサー Lance Prenc を招聘したのは決意の現れでしょうか。メインストリームなデスコアサウンドやエレクトロニカ、トラップ、プログなどを加えスラミングデスメタルの領域を拡大する一方で、日本やアジアの伝統文化、アニメ、ゲーム, “Kawaii” からの影響を調合することにより、最新作 “Yokai” は邪悪と奇妙を両立させる文字通りエクストリームメタルの妖怪として魑魅魍魎の魅了を手にすることとなりました。
エレクトロニックでジャポネスクな “Yomi” は完璧なる冥府への入り口。そうして続くタイトルトラック “Yokai” で、メタルコアのリフにデスコアのヴァース、残忍なスクリームのコーラス、オリエンタルなメロディーと電子音の洪水を纏って新生 WITHIN DESTRUCTION に漂う妖気を存分に見せつけます。
ラッパーを起用した自殺志願のデスコアパーティー “Harakiri”、ニューメタリックな和の舞踏 “Hate Me” と、任天堂化した WITHIN DESTRUCTION のトラップメタルは彷徨う荒魂が浄化されるが如くバンドの狂骨へと浸透していきます。
そうしてアートの域まで高められたトラップメタルの百鬼夜行は、日本のヒップホップクルー Tyosin, Kamiyada+ が参加する “B4NGB4NG!!!” を皮切りに怪奇映画の終幕へ向けて進軍を始めます。インストゥルメンタルの “Sakura “では、プログメタルのイマジネーションで日本への憧憬を煽り、エレクトロニクスがアンビエントに鳴り響く “Tokoyo-No-Kuni “で文字通りリスナーは古代日本で信仰された不老不死の理想郷 “常世の国” へと導かれました。
今回弊誌では、バンドの心臓でドラマー Luka Vezzosi にインタビューを行うことが出来ました。「僕はゲームやアニメが大好きだから、ツアーで日本にいるときはいつも出来るだけ多くのオタクショップに行っているよ。日本には知られていないような小さなお店がたくさんあって、存在すら知らなかったようなものを見つけることができるからね。唯一の問題は、買ったものをどうやって飛行機で家に持ち帰るかということなんだ。」 どうぞ!!

WITHIN DESTRUCTION “YOKAI” : 9.9/10

INTERVIEW WITH LUKA VEZZOSI

Q1: 1. From the Corona crisis to Black Lives Matter, and big climate change, this world is going through a turbulent time right now. First of all, what’s your perspective about the situation?

【LUKA】: We were never a political band, I personally am very apolitical as well. All I can say is every human being should always strive to do what’s best for all other people and the environment. We’re all equal.

Q1: コロナ危機から Black Lives Matter、そして気候変動が引き起こす災害と、世界は激動の時を迎えていますね?

【LUKA】: 僕たちは決して政治的なバンドではないし、個人的にも非常に政治的とはいえない人間なんだ。
ただ僕が言えることは、全ての人間は常に他の全ての人や環境にとって最善のことをするように努力すべきだということだね。僕たちはみんな平等なんだから。

Q2: This is the first interview with you. So, at first, could you tell us about the band and yourself? What kind of music were you listening to, when you were growing up?

【LUKA】: Within Destruction was created in 2010 by me and Rok (vocalist). We were in a high school cover band together before, but we soon decided we want to make our own music. In the beginning we’ve been listening to a lot of bands like As I Lay Dying, The Black Dahlia Murder, At the Gates, Lamb of God and so on, so we’ve mostly been making melodic death metal, but when we started discovering bands like Suicide Silence, Chelsea Grin, Whitechapel, we knew we wanted to go in that direction. From then on the band has been constantly evolving the sound.
The first bands that introduced me to rock/metal music were The Offspring, Slipknot, Limp Bizkit and CKY.

Q2: 本誌初登場です。まずはたなたの音楽的なバックグラウンドからお話ししていただけますか?

【LUKA】: WITHIN DESTRUCTION は2010年に僕と Rok (ボーカル)が結成したんだ。以前は高校のカバーバンドで一緒に活動していたんだけど、すぐに自分たちの音楽を作りたいと思うようになったんだよ。
最初の頃は AS I LAY DYING, THE BLACK DAHLIA MURDER, AT THE GATES, LAMB OF GOD といったバンドを聴いていたからメロディックなデスメタルを作っていたんだけど、SUICIDE SILENCE, CHELSEA GRIN, WHITECHAPEL を発見した時に、自分たちはその方向に進みたいと思ったんだ。それ以来、バンドは常にサウンドを進化させてきたね。
最初にロック/メタル音楽を紹介してくれたバンドは、THE OFFSPRING, SLIPKNOT, LIMP BIZKIT, CKY だったね。

Q3: I don’t know much about Slovenia, what kind of country is it? Regarding Slovenian metal, we remind MetalDays big festival, is metal thriving in your country?

【LUKA】: Slovenia is a very small country, only 2 million people live here, so you can imagine how hard it is for a band to break through internationally. Other than that it’s very peaceful and nature is the thing everyone cares and talks about the most.
Metaldays is a very awesome festival. If you want to go on a vacation and have some metal along it, you should definitely visit. The scenery there is amazing and it’s unlike any other festival I’ve ever visited.
I believe the metal scene is Slovenia is quite strong but there are practically no bands that break through internationally cause nobody has the guts to do that important step of saying “Fuck my 9-5 job, I wanna do this for my living”. You need a different mindset if you want your band to succeed internationally. It’s something you have to work very hard on and you need to make a lot of financial and social sacrifices if you want to do it.

Q3: スロベニアのメタルといえば、MetalDays フェスティバルが有名ですよね?

【LUKA】: スロベニアはとても小さな国で、200万人しか住んでいないから、バンドが国際的にブレイクするのがどれだけ大変か容易に想像できると思うよ。それ以外ではとても平和で、みんなが一番気にしているのは自然のことだし、話題の大半も自然についてなんだ。
Metaldays はとても素晴らしいフェスだよ。もしバカンスに行って、それとともにメタルを楽しみたいと思っているから、絶対に訪れるべきだよ。景色も素晴らしいし、今まで行ったことのある他のフェスとは違うはずだからね。
スロベニアのメタルシーンは非常に強力だと思うんだけど、国際的にブレイクするバンドがほとんどいないんだ。それはね、「9時から5時の仕事なんてもうどうでもいい、メタルで生計を立てていくんだ!」ってガッツを誰も持っていないからなんだ。バンドで国際的に成功したいと思うなら、違う考え方、心の持ちようが必要なんだよ。当然、ハードな努力が必要で、経済的にも社会的にも多くの犠牲を払わなければならないんだよ。

Q4: You’ve been to Japan twice now. What do you like about Japan? Did that experience lead you to this new album with a Japanese theme?

【LUKA】: I think the question should be what I do not like about Japan haha (before you ask, it’s seafood, I don’t like seafood at all haha). There’s so many things I like about your country. Obviously the culture is at the top, I love gaming and anime stuff, so whenever we’re in Japan I think I visit the most shops on tour.Rok is obsessed with Final Fantasy, if you want to know anything about that game you should ask him haha! I’ve played a lot of old school Super Nintendo games like Mario, Zelda, etc. From newer ones I really like Yakuza series and Ghost of Tsushima.There’s so many obscure small shops where you can find stuff you never knew even existed! The only problem I have later on is how to get all the stuff I buy back home on the plane haha.
Yes, our experience of Japan and asian culture was definitely the main reason why we wanted to do this new album the way we did it.

Q4: WITHIN DESTRUCTION はこれまで日本に二回訪れていますが、その時の経験が今回日本をテーマとしたアルバムに繋がったのでしょうか?

【LUKA】: 日本の好きなところより、好きじゃないところを探した方が早いよね。シーフードだけは全くダメなんだ。(笑)
日本の好きなところはたくさんあるよ。日本の文化はその中でも一番だよね。僕はゲームやアニメが大好きだから、ツアーで日本にいるときはいつも出来るだけ多くのオタクショップに行っているよ。Rok はファイナルファンタジーの大ファンだからゲームのことならなんでも聞けばいいさ。(笑)
僕は昔のスーパーファミコンだね。スーマリとかゼルダとか。新しいのだと龍が如くとか “Ghost of Tsushima” だね。日本には知られていないような小さなお店がたくさんあって、存在すら知らなかったようなものを見つけることができるからね。唯一の問題は、買ったものをどうやって飛行機で家に持ち帰るかということなんだ。
そう、日本とアジアの文化を経験したことが、今回のアルバムをこういう形で作りたいと思った主な理由なんだよ。

Q5: Yokai is, of course, kind of a traditional Japanese ghost. In the MV of “No Way Out”, you use Japanese animation “Kimetsu No Yaiba”, right? haha. What kind of stories did you tell on this album around yokai?

【LUKA】: The song Yōkai holds most references to Yōkai demon-ghosts. It talks about tamamo no mae aka demon fox, her beauty, intelligence and cunningness. Alone for example is based on the Final Fantasy universe. Some songs are not connected entirely to the japanese/asian culture and some have very subtle references that you need to find

Q5: “Yokai” とはもちろん日本の妖怪を指していますよね? “No Way Out” には鬼滅の刃のアニメーションも登場しますし。

【LUKA】: そうだね、”Yokai” は大部分が日本の幽霊/悪魔である妖怪についてだね。平安末期に鳥羽上皇の寵姫であったとされる伝説上の人物、狐の化身 “玉藻の前” についての楽曲なんだ。彼女の美しさ、知性、そして狡猾さに焦点を当てているよ。
あと、”Alone” はファイナルファンタジーの世界をベースにした楽曲なんだ。日本とアジアの文化に完全には関係していない曲もあって、そうやって微妙な関連性を見つける必要のある曲も存在するんだ。

Q6: Also, Ryo from Crystal Lake makes a guest appearance on the album, right? You seem to be very kindred spirits with him, don’t you?

【LUKA】: We love Ryo and Crystal Lake, but unfortunately we haven’t had the chance to see each other in person yet or talk about anything outside the project we were working on. Hope that changes in the future.

Q6: 日本といえば、CRYSTAL LAKE の Ryo さんがゲスト参加を果たしていますね?

【LUKA】: そうなんだ。僕たちは CRYSTAL LAKE と Ryo が大好きなんだけど、残念ながらまだ個人的に直接会って、仕事以外のことを話す機会はないんだけどね。もっと仲良くなれたらいいね。

Q7: “Harakiri” and “Sakura” (Jason Richardson is incredible!) are notable, we can also feel the influence of traditional Japanese music. Do you listen to such traditional Japanese music, Japanese metal and J-pop?

【LUKA】: Yes, I listen to a lot of J-pop (although I’m more fan of K-pop haha), J-rock and Japanese trap. Sadly I haven’t been exposed to enough Japanese metal yet so that’s something I need to explore more (Babymetal is kawaii though). For traditional japanese music I mostly listen to that when I play games or when I work and I need to be calm.

Q7: “Harakiri”, “Sakura” のような楽曲には日本の伝統音楽からの影響も感じられます。普段日本の音楽は聴きますか?

【LUKA】: うん、J-Pop はたくさん聴いているよ。ただし、K-Pop の方がもっと聴いているんだけど (笑) それに J-Rock とトラップもね。残念ながら、日本のメタルはまだ探求できていないから、もっと知る必要があるね。
Babymetal はカワイイよね。ゲームや仕事中、ちょっと落ち着きたい時には日本の伝統音楽を聴くんだ。

Q8: Why do you seek to diversify the genre of slamming death metal without fear of criticism by adding more mainstream deathcore sounds, electronica, hip hop and trap to your music?

【LUKA】: We never bother with what people think. As long as we love the music we do, that’s good enough for us. If people love it as well, that’s perfect!
I think it takes big balls to do what we did, cause a lot of bands make mistakes (according to listeners). Suicide Silence self titled album for example.
Obviously we want to break through into the mainstream as well in the future, so including trap elements and more mainstream songwriting was our first step in that direction. We are confident in what we do and we believe that Yokai was executed perfectly in our minds.

Q8: “Yokai” では、メインストリームなデスコアサウンドやエレクトロニカ、トラップ、プログなどを加えて、スラミングデスメタルの領域を拡大していますね? もちろん批判も存在すると思いますが…

【LUKA】: 人がどう思うかなんて気にしない。自分たちがやっている音楽が好きであればそれで十分なんだ。そうしてみんながそれを気に入ってくれれば、完璧なんだけどね!
もちろん、僕たちのようにやるには肝が座ってなきゃダメだけどね。多くのバンドが(リスナーから見れば)間違いを犯すからね。 例えば、SUICIDE SILENCE のセルフタイトルアルバムのように。
明らかに僕らは将来的にメインストリームにも進出したいと思っているから、トラップの要素を取り入れてよりメジャーな曲作りをすることは、その方向への第一歩だったんだ。
自分たちのやっていることには自信があるし、”Yokai” は自分たちの頭の中が完璧に実行されたと思っているんだ。

FIVE ALBUMS THAT CHANGED LUKA’S LIFE

SLIPKNOT “SLIPKNOT”

SATYRICON “NOW, DIABOLICAL”

TRAVIS SCOTT “ASTROWORLD”

BRING ME THE HORIZON “SUICIDE SEASON”

AS I LAY DYING “SHADOWS ARE SECURITY”

MESSAGE FOR JAPAN

どうもありがとうございます
We love Japan and we can not wait to be back and play some awesome shows for you lovely people <3

どうもありがとうございます。日本を愛しているから、また戻って素晴らしい日本の人たちのためにショーをやるのが待ちきれないね!

LUKA VEZZOSI

WITHIN DESTRUCTION Facebook
WITHIN DESTRUCTION Official
WITHIN DESTRUCTION Bandcamp

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!