タグ別アーカイブ: Progmetal

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【INTO ETERNITY : THE SIRENS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH TIM ROTH OF INTO ETERNITY !!

“As I Was Writing The Sirens, My TV Would Have The News Channel CNN On Just In The Background. After The Fukushima Disaster Happened, It Was On The News Everyday And I Was Just So Inspired To Write a Song Dedicated To Our Wonderful Japanese Fans.”

DISC REVIEW “THE SIRENS”

遺灰の散華は忘却という名の埋葬。しかしカナダのプログメタルミソロジー INTO ETERNITY は、10年の嗜眠から覚め神話の伝承を続開します。
00年代のプログメタルシーンにおいて、メロディーの乱舞、ハイテクニックの応酬にデス/スラッシュの凶暴やブラックメタルの陰鬱を投影した複雑怪奇なメビウスの輪、INTO ETERNITY の投げかけたハイブリッドのイデオロギーは、現代の多様なモダンプログレッシブへと繋がるゲートウェイだったのかも知れませんね。
特に、目眩く豊富なアイデアをシアトリカルに綴る “The Scattering of Ashes” の眩いばかりの完成度は、カタログの中でも群を抜いていました。
ところが、インタビューにもあるように、活動のスピードを落とさざるを得なくなった10年代初頭からバンドの歯車は狂い始めました。何より、七色ならぬ六人の声と顔を使い分ける傑出したシンガー Stu Block を ICED EARTH に引き抜かれたのはバンドにとって大きな痛手だったと言えるでしょう。
しかし、永遠を司る不死鳥は灰の中から蘇ります。「実は僕たちは何人か男性ボーカルをオーディションしたんだけど、最終的に Amanda のルックスと声が最も適していると判断したんだ。彼女は Stu が出していた全てのハイトーンをカバー出来るし、同時に僕等が必要としているデスボイス、グロウルもこなす事が出来るね。」と Tim が語る通り、新たに女性ボーカル Amanda Kiernanをフロントに据えたバンドは、新作 “The Sirens” で再びそのシグニチャーサウンドを地上に響かせることとなったのです。
幕開けは静謐なるピアノのイントロダクション。厳かに奏でられるモチーフは本編へと受け継がれ、決定的にネオクラシカルな響きをタイトルトラック “The Sirens” へ、ひいてはアルバム全編へともたらします。
マスターマインド Tim Roth の煌きは10年を経ても決して色褪せることはありません。ただし、かつて “エクストリームプログレッシブメタル” と称されたハイブリッドの比率は少々変化を遂げています。
確かに以前と比べて長尺の楽曲が増えた一方で、急転直下の場面展開、変拍子を伴うリズムのダンスはより自然体で作品の中へと溶け込んでいます。
もちろん、RACER X や CACOPHONY を思わせるスリリングなギターハーモニー、プログレッシブなデザイン、血湧き肉躍るクリエイティブなコンポジションは健在ですが、10年前と比較してよりパワーメタルへと接近したベクトルは 「”The Sirens” こそ、僕たちのレコードの中で最もヘヴィーメタルのファンにアピールする作品だと思っているよ。」 と語る Tim の言葉を強く裏付けます。
“Fringes Of Psychosis” はその新生 INTO ETERNITY を象徴する楽曲かも知れませんね。リッチなアコースティックギターから Michael Romeo にも迫るネオクラシカルの津波まで封じ込めた Tim のギターワーク、珠玉のメロディーと邪悪なグロウルを行き来する Amanda のウイッチリーなボーカル、エクストリームでブラストのハイテンションまで組み込んだリズム隊の妙。
静と動のダイナミズムに、リリカルで雄々しきドラマティシズム。即効性を持ってメタルアーミーの耳に馴染む、バンドのメタモルフォーゼは Stu が加入した ICED EARTH や “Jugulator” 期の JUDAS PRIEST にも並び得る鋭き牙とエナジーに満ちています。
惜しむらくは、若干チープなサウンドプロダクションでしょうか。インディペンデントでのリリースとなったため致し方ない部分とも言えますが、次作ではよりビッグなプロダクション、充実の制作環境に身を置けることを願います。
今回弊誌では Tim Roth にインタビューを行うことが出来ました。「”The Sirens” を書いている時に、テレビで、確か CNN だったと思うんだけど速報が入ったんだ。そうして、福島の災害が起きた後は、連日のようにニュースとなっていたね。僕はただとても感化されて、僕たちの素晴らしい日本のファンのために捧げる楽曲を書いたんだよ。」 どうぞ!!

INTO ETERNITY “THE SIRENS” : 9.7/10

INTERVIEW WITH TIM ROTH

Q1: This is our first interview with you. So, at first, could you tell us about you and band itself? What kind of music did you listen to, when you were growing up?

【TIM】: Thank you for the interview! We love Japan so much, so it’s an honor for us to be able to speak to you. My name is Tim Roth, I live in Canada and I formed Into Eternity in the Summer of 1996. The original idea was to play Hybrid Metal, which combines the best elements of heavy metal. We employ death vocals, clean vocal, shredding guitar, melodic playing, acoustic pieces, instrumental interludes, fast playing and explosive double bass drumming.
When I was growing up I started off on AC/DC, Twisted Sister, Judas Priest, Megadeth, Metallica, Motley Crue and Ozzy. Basically I was into classic metal, but after I heard Metallica,Testament and Megadeth, I was hooked on thrash metal. After that, I graduated to Yngwie Malmsteen, Death and Dream Theater and from there, our current sound for the band was found.

Q1: 本誌初登場です。まずはあなたの音楽的なバックグラウンドからお話していただけますか?

【TIM】: まずはインタビューをありがとう!僕たちは日本が大好きだから、君と話す事が出来て僕たちは誇らしいよ。僕は Tim Roth。カナダに住んでいて、1996年に INTO ETERNITY を結成したんだ。
バンドのオリジナルアイデアはハイブリッドメタルをプレイすることだったね。メタルに存在する様々な最高の要素、つまりデス/クリーンボーカル、ギターシュレッド、メロディックなパート、アコースティックなピース、インストのインタルード、ファストで爆発的なツーバスのドラミングなんかを融合させるようなね。
メタルは AC/DC, TWISTED SISTER, JUDAS PRIEST, MEGADETH, METALLICA, MOTLEY CRUE, Ozzy から聴き始めたんだ。基本的に僕はクラッシックメタルにハマっていたんだけど、METALLICA, TESTAMENT, MEGADETH を知った後はスラッシュメタルにのめり込んでいったね。
そこから、Yngwie Malmsteen, DEATH, DREAM THEATER といった次の段階へ進み、現在の僕たちのバンドサウンドを発見したんだ。

Q2: What inspired you to start playing guitar? Who was your musical hero at that time?

【TIM】: My original inspiration came from Angus Young of AC/DC, but that quickly shifted to learning Metallica songs and the riffing of James Hetfield/Dave Mustaine. Later on I got into lead playing, so Kirk Hammett was my influence and that led to discovering Yngwie Malmsteen. From that point on, I was hooked on the tight rhythm playing of thrash metal, but I wanted to have the lead chops of a Randy Rhoads or Yngwie Malmsteen.

Q2: あなたがギターを始めたきっかけ、当時のヒーローについて教えて下さい。

【TIM】: 最初にギターを始めたのは、AC/DC の Angus Young の影響が大きいね。だけどすぐに James Hetfield, Dave Mustaine が生み出した METALLICA の楽曲やリフを学ぶことへとシフトしていったんだ。
後にリードをプレイするようになり、Kirk Hammett から影響を受け、そうして Yngwie Malmsteen を発見したんだ。
だからその時点から僕は、スラッシュメタルのタイトなリフに夢中でありながら、Randy Rhoads, Yngwie のようなリードをプレイしたいと思って来たのさ。

Q3: So, ten years have passed since you had released “The Incurable Tragedy”. Off course, “The Sirens” was worth waited for, and there were some single releases, but what was the reason of this long interval?

【TIM】: Yes it has been 10 years since The Incurable Tragedy, but yes we did release early versions of Sandstorm and Fukushima back in 2011/2012. There are many reasons for the delay of The Sirens which include deaths, marriages, life issues and even divorces which took plenty of our time and attention. These days, I’m happy to report that things are going great for us as a band and also great for us as individuals.

Q3: 前作 “The Incurable Tragedy” のリリースから10年が経ちました。もちろん、その間にシングルのリリースはありましたが、非常に長い時間が経過しましたね?

【TIM】: そうだね、確かに “The Incurable Tragedy” から10年の月日が経過したね。ただ、君が言うように2011/12年には “Sandstorm” の初期バージョンと “Fukushima” をリリースしたよね。
“The Sirens” のリリースが遅れたのには多くの理由があるんだ。親しい人たちの逝去、結婚、人生の問題、それに離婚といった事柄が僕たちの時間と労力を大きく奪っていったんだ。
ただ、最近の僕たちは、バンドとしても個人としても、非常に良い方向へと進んでいると報告出来るね。

Q4: Regarding single release, “Fukushima” means a lot to us, Japan. What made you write about Japanese Tsunami, Nuclear disaster, and Japanese people at that time?

【TIM】: Into Eternity toured in Japan in 2008, for the Extreme The Dojo 20. That was a dream come true to perform in Japan. We toured with Mayhem, Dillinger Escape Plan, At The Gates and Pig Destroyer. In 2009 we got asked back to Japan again! That time we toured with Destruction and Cephalic Carnage and the gigs went absolutely incredible. We even had some time to sight see and see a bit of Japan as well. It was a great time in my life that I will never forget.
As I was writing The Sirens, my TV would have the news channel CNN on just in the background. After the Fukushima disaster happened, it was on the news everyday and I was just so inspired to write a song dedicated to our wonderful Japanese fans.

Q4: お話にも出ましたが、”Fukushima” は当時日本で起こった津波、原発事故、そしてそれに対処する日本人について書かれた楽曲でしたね?

【TIM】: INTO ETERNITY が初めて日本をツアーしたのが 2008年だったね。”Extreme The Dojo 20″ だったよ。日本でプレイ出来て本当に夢が叶ったと思ったね。MAYHEM, THE DILLINGER ESCAPE PLAN, AT THE GATES, PIG DESTROYER とプレイしたんだ。
そして翌年、2009年にもまた日本へ来てくれないかと打診されたんだよ!その時は DESTRUCTION, CEPHALIC CARNAGE とプレイし、驚異的なギグになったんだ。観光も出来て、日本について少しは理解出来た気がしたよ。僕の人生の中で素晴らしい瞬間だったし、決して忘れることはないだろうね。
“The Sirens” を書いている時に、テレビで、確か CNN だったと思うんだけど速報が入ったんだ。そうして、福島の災害が起きた後は、連日のようにニュースとなっていたね。僕はただとても感化されて、僕たちの素晴らしい日本のファンのために捧げる楽曲を書いたんだよ。

Q5: In this interval, Stu Block left the band and joined Iced Earth. Also, remaining long time member is only Tim and Troy. What was the story behind the situation?

【TIM】: Yes that is correct. Stu left in 2011, but he did a great job on The Sirens guest appearing on Fukushima and also on Sandstorm. In 2009, after we got home from Japan, the band had to slow down our touring schedule due to the birth of my son Lucca. Stu got the offer to join up with Iced Earth and it’s worked out just perfect for him. He is a perfect fit for that band. We are all still huge Iced Earth fans, so it was so cool he got into their band. I formed the band back in 1996 and Troy has been in the band since 2004, so the core of Into Eternity is still there. It’s been business as usual and we are just so happy to finally have The Sirens released.

Q5: この10年の間に、バンドの看板シンガーだった Stu Block が脱退し、ICED EARTH に加入しましたね?
同時に、長年在籍するメンバーはあなたと Troy のみになりました。

【TIM】: うん、その通りだよ。Stu は2011年にバンドを離れたんだけど、”The Sirens” でも “Fukushima”, “Sandstorm” にゲスト参加して素晴らしい仕事をしてくれたね。
2009年、日本から家に帰った後、僕の息子 Lucca が産まれてバンドはツアーのスケジュールを緩めなければならなくなったんだ。そのタイミングで Stu は ICED EARTH から加入のオファーを受けたから、彼にとっては全てがパーフェクトだったんだよ。あのバンドに完璧にフィットしているしね。何より、僕たち全員が大の ICED EARTH ファンだったから、彼が加入したのは本当にクールな出来事だったね。
僕がバンドを結成したのが1996年。そして Troy は2004年からバンドに在籍しているね。だから INTO ETERNITY の核となる部分はしっかりと存在し続けているのさ。
まあメンバーチェンジはこの業界では良くあることだし、とにかく遂に “The Sirens” をリリース出来たんだから満足だよ。

Q6: Recently, female fronted metal band is really increasing. And it seems Amanda fits the band perfectly, right?

【TIM】: Amanda is such a great girl and yes she fits in perfectly with us. She did such an incredible job on this new record. The band did audition men, but in the end Amanda had the right look and the right voice for us. She can hit all of Stu’s high notes but also do the death growls that we need. Her voice is very versatile from all of the harmonies and clean parts to all the raspy and death voices she can perform. Yes it is a perfect fit!

Q6: 近年、メタルシーンでは女性をフロントに据えたバンドが増えて来ています。そして INTO ETERNITY も Amanda の加入でフィーメールフロンテッドの形態になりましたね?素晴らしくフィットしていると思います。

【TIM】: Amanda は本当に素敵な女性で、君が言うようにバンドに完璧にフィットしているね。”The Sirens” では驚異的な働きをしてくれたよ。
実は僕たちは何人か男性ボーカルをオーディションしたんだけど、最終的に Amanda のルックスと声が最も適していると判断したんだ。彼女は Stu が出していた全てのハイトーンをカバー出来るし、同時に僕等が必要としているデスボイス、グロウルもこなす事が出来るね。
つまり、彼女の声はとても幅広いんだよ。全てのクリーンパート、ハーモニーから、ノイジーなデスボイスまで全てを演じられるんだ。だからまさに完璧な人材だったね!

Q7: Musically, how have you been evolved in this interval? As musician, as guitar player, do you think you are more matured?

【TIM】: The other day I was on Spotify and a track from our first record came on. I was thinking about how much we have matured over the years. This new record could be one of our finer moments and I think we have matured musically over the years. This album is full of melodic playing but also plenty of progressive and death metal moments. I think there is something on The Sirens for most heavy metal fans. I still practice everyday and I still love guitar now more so than ever.

Q7: では、この10年で、音楽家としてどのように進化を遂げ、それを作品へと反映したのでしょうか?

【TIM】: つい先日、Spotify を使っていたんだけど、たまたま僕たちのデビュー作の楽曲が流れて来たんだ。その曲を聴いていると、僕等がそれからの年月でいかに成熟を遂げたか分かったね。実際、この新作は僕たちにとって最良の時に成り得るし、このインターバルで僕たちは音楽的に実に成熟を遂げて来たんだ。
“The Sirens” はメロディックなプレイに満ちているけど、同時にプログレッシブな瞬間やデスメタルの瞬間も多く用意されているね。だから “The Sirens” こそ、僕たちのレコードの中で最もヘヴィーメタルのファンにアピールする作品だと思っているよ。
だって僕は今でも毎日ギターの練習を欠かさないし、これまで以上にギターを愛しているんだから。

Q8: Prog metal subdivide more and more in this decade. Djent and more atmospheric stuff is kind of a symbol of that. What’s your perspective about the scene now?

【TIM】: The scene keeps getting stronger and there are just so many incredible heavy metal bands these days. I think the scene is healthier than ever before. We always just play the style that we enjoy, our Into Eternity style that is all of our own. The scene will change around us and we just continue playing the music that we love to play, Progressive, Melodic and Death Metal.

Q8: INTO ETERNITY は主にプログメタルに分類されていると思いますが、そのシーンもこの10年で大きな変化を遂げていますね?

【TIM】: シーンは日増しに力強さを増しているよ。実際、近年はただただ驚異的なメタルバンドが沢山登場しているしね。つまり、シーンはこれまでよりもヘルシー、健康的になっていると思うんだ。
僕たちはいつだって、ただ自分たちの楽しめるスタイルでプレイするだけだよ。この INTO ETERNITY スタイルはまさに僕たち独自のものだからね。だから僕等を取り巻くシーンの状況が変わっても、僕たちはただ愛する音楽をプレイするだけさ。プログレッシブ、メロディック、デスメタルをね。

SIX ALBUMS THAT CHANGED TIM’S LIFE

MEGADETH “RUST IN PEACE”

JUDAS PRIEST “PAINKILLER”

METALLICA “…AND JUSTICE FOR ALL”

YNGWIE MALMSTEEN “TRILOGY”

DEATH “HUMAN”

DREAM THEATER “IMAGES AND WORDS”

MESSAGE FOR JAPAN

Thank you to all of our long time Japanese fans for supporting us over the years! We were treated excellent the two times that we toured in Japan and for that we say thank you! Please check out our new album, The Sirens. Give us a “like” on Facebook. Thanks again! Keep it Metal!

長くサポートを続けてくれている、全ての日本のファンに感謝を伝えたいね!2回の日本ツアー共に、素晴らしく歓迎されたことは忘れないよ、ありがとう!
新作 “The Sirens” をぜひチェックしてみてね。Facebook のライクも増えたら嬉しいね。とにかくありがとう!Keep it Metal!

TIM ROTH

INTO ETERNITY Facebook Page
INTO ETERNITY Bandcamp
M-Theory Audio

mmmB5dvKwaCcAEznJZ

PLZ FOLLOW US ON FACEBOOK !!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【OBSCURA : DILUVIUM】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH LINUS KLAUSENITZER OF OBSCURA !!

“I Am Missing Innovation a Lot In The Tech Death Scene. When a New Tech Death Album Comes Out, It’s Mostly a Rip Off Of Something That Was There Before. Actually I Prefer The Term Of “Progressive Death Metal” More. “

DISC REVIEW “DILUVIUM”

哲学するプログレッシブデスメタルの巨塔 OBSCURA は、アルバム4枚にも及んだ悠遠かつ考究のコンセプトサイクルを最新作 “Diluvium” で遂に完結へと導きます。Schopenhauer, Goethe, Schelling といった母国ドイツの哲学者にインスピレーションを得た、実存の真理を巡るコスモジャーニーは “Cosmogenesis” のビッグバンから “Diluvium” で迎える終焉まで生命の存在意義を思慮深く追求し描くのです。
或いは、もはや OBSCURA を “Tech-death” という小惑星へと留めることは烏滸の沙汰だと言えるのかも知れませんね。「僕は Tech-death シーンにはイノベーションがとても欠けていると感じていたんだ。実際、僕は Tech-death というタームより “プログレッシブデスメタル” の方を気に入っているからね。」と Linus が語るように、赤と黒が司る終末の物語は皮肉にもバンドに進化を促す未曾有の翼を与えることとなりました。
変化の兆しはオープニングから顕著です。”Clandestine Stars” でバンドは自らのシグニチャーサウンドである複雑にデザインされたポリリズミックなストラクチャー、ハイテクニック、デスメタルのファストなアグレッションと地を這うグルーヴに、エセリアルなメロディーとアトモスフィアを降臨させることに成功しています。
続く “Emergent Evolution” はより顕著にメロディックでキャッチーなバンドの新機軸を投影します。CYNIC のボコーダーをイメージさせる神秘のコーラスワークは、身を捩る狂おしさとひりつく感傷をまとってリスナーの感情へダイレクトに訴えかけるのです。新加入 Rafael Trujillo のロマンティックで時空を架けるリードプレイも作品のテーマやムードと見事にシンクロしていますね。
「今回、僕は本当にバンド全員が同じだけ “Diluvium” の作曲に貢献したと思っているんだよ。だから当然その事実は多様性へと繋がるわけさ。」と Linus が語るように、ある意味バンドのマスターマインド Steffen が一歩引いて民主化を進めることで “Diluvium” の充実度、多様性は飛躍的に上昇したと言えるのかもしれませんね。
Rafael とドラマー Sebastian が共作した “Ethereal Skies” はその確固たる証でしょう。シーケンシャルなクラシカルフレーズが流麗に冒頭を飾る楽曲は、リズムの実験を交えつつテクニカルにエセリアルに深淵から光を放射し、彷徨える空へと救済をもたらすのです。
ブルータルなグロウルと荘厳なるコーラスのコール&レスポンスはすなわち死と生を表現し、Rafael のストリングスアレンジメントはさながら天空へと続く螺旋の階段なのかも知れません。何より OBSCURA のニューフロンティアを切り開くシンフォニックな感覚、鬼才 V.Santura との共同作業は、瑞々しさに満ちています。
さらに終盤、バンドは “The Seventh Aeon” で OPETH の濃密なプログレッシブを、”The Conjuration” でブラックメタルの冷徹なる獰猛を抱きしめ、拡大する可能性をより深く鮮やかに提示して見せました。特に前者で Linus が繰り広げるフレットレスベースの冒険、陰陽の美学は白眉で、アルバムを通してユニークな OBSCURA サウンドを牽引するリードベースマンの存在感を改めて浮き彫りにしていますね。
アルバムは “無限へのエピローグ” でその幕を閉じます。OBSCURA がこの4連作で培った全ての要素はきっとここに集結しているはずです。救済者で破壊者、宇宙の始まりから見守り続けた神と呼ばれた存在は、そうして恒久にも思われた世界が虚無に飲まれるまでを見届けたのでしょうか。一筋の希望、魂の栄光を祈りながら。
今回弊誌では、シーンきってのベースヒーロー Linus Klausenitzer にインタビューを行うことが出来ました!インタビューには弟の話がありますが、実は彼の父は著名なヴァイオリニスト、指揮者の Ulf Klausenitze で今作にもゲスト参加を果たしています。「アドレナリンが身体中を駆け巡り、その感情をオーディエンスとシェアする瞬間は何物にも変えがたいんだよ。」本誌2度目の登場です。どうぞ!!

OBSCURA “DILUVIUM” : 10/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【OBSCURA : DILUVIUM】

WORLD PREMIERE : “AAI” 【AMOGH SYMPHONY】


WORLD PREMIERE: “AAI” FROM “Ⅳ” OF AMOGH SYMPHONY !!

a0515746190_16

FROM INDIA, RUSSIA, US, AND PORTUGAL.INTERNATIONAL PROG METAL OUTFIT, AMOGH SYMPHONY HAS JUST RELEASED FIRST TRACK FROM THEIR UPCOMING ALBUM “Ⅳ”!!

11-300x300

以前弊誌でインタビューを行った前衛的なプログメタルバンド AMOGH SYMPHONY。今年リリースされる新作から新曲を弊誌でプレミア公開致します!! インド、ロシア、USの多国籍バンドは新たにポルトガル人 DERICK GOMES をメンバーに迎えさらにパワーアップ。四人全員がマルチ奏者という異形のラインナップが生み出す、様々な楽器を使用したその音楽は、初期のプログメタルからは遠く離れ JAZZ, ELECTRONICA, EXPERIMENTAL な独特の世界を創造しています。

header-2

Jim Richman : Drums, Engineering/Mixing.
Derick Gomes : Synth, Percussion, Electronics, Engineering/Mixing.
Andrey Sazonov : Accordion, E-Piano, Balalaika and Violin.
Vishal J.Singh : Microtonal Semi acoustic guitar, Tokari(2 strings), Electric Guitar, Guitar synth, Strings orchestration, Engineering/Mixing.
Goregaon Brass Orchestra : Horns(Nandan : Clarinet, Raju : Tenor Sax, Vilas : Alto Sax, Raja : Trumpet)
Deep Saikia : Pepa tribal horn

“Mother is Onamika. The same character from Vectorscan. This time the story has different angles of view : motherhood in animals. Goddess worship in tribes. Unconditional love.”
“IV” is our forth upcoming album. This time instead of joining many songs to tell one story, we decided to treat each song as one story. Because we are already “been there, done that” with darker themes and sci-fi concept albums, this time we focus towards simpler yet ignored stories. Each song is like soundtrack of a short film. We can’t wait to share this album with you guys. Till then, let us know how do you feel about “Aai” and the plan. Email us your feedback at amoghsymphony@gmail.com
“Aai”は “VECTORSCAN” に登場した ONAMIKA の話なんだ。前作とは違った視点で描かれているよ。無償の愛、母性がテーマだね。 “Ⅳ”は僕たちの新作なんだ。今回は前作のようなコンセプトアルバムではなく、各楽曲にストーリーを持たせることにしたんだ。ダークなテーマやSFのコンセプトアルバムはすでにやり終えたからね。だから今度はよりシンプルな方向に向かうことにしたのさ。どの楽曲も短編映画のサウンドトラックの様だよ。君達にシェアするのが待ちきれないね。この楽曲や僕たちのプランについて感想を amoghsymphony@gmail.com まで送って欲しいな。
Tracklist:
1. Good morning.
2. Aai.
3. You have an appointment today.
4. Mujhe bhi joker banna hai.
5. Catch the train before they drop the bomb.
6. Capturing Poltegiest to disturbed forces.
7. Low-Fi life of a Cyborg who loved a Goddess once.
8. Rebelião.
9. Blindness for kindness, never ending run to the sun.
10. Tuponi.

http://www.amoghsymphony.net/
AMOGH SYMPHONY FACEBOOK PAGE

PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【AMOGH SYMPHONY】

SPECIAL FEATURE: “JUGGERNAUT ALPHA” “JUGGERNAUT OMEGA” 【PERIPHERY】


EXCLUSIVE COMMENT FROM MATT HALPERN OF PERIPHERY

Periphery-Juggernaut

MODERN PROG METAL NEW HERO, PERIPHERY SET TO RELEASE THE DUAL ALBUM “JUGGERNAUT: ALPHA” AND “JUGGERNAUT: OMEGA” ON 1/27 !!

periphery2013

PROG METAL/DJENT シーンのニューリーダー、PERIPHERY 待望の新作が来年の 1/27 に発売されます。“JUGGERNAUT: ALPHA” ” JUGGERNAUT: OMEGA”。コンセプトアルバムを2枚同時リリース!!勝負を賭けてきましたね!アルバムの出来如何では 2015 年が PERIPHERY の年になる可能性も充分にあります。MESHUGGAH を原点とした TECH-METAL でありながら同時に EMO, ELECTRONICA, JAZZ-FUSION, PROG, POP といった様々な音楽からのインプットをカラフルに巧みに配置し唯一無二の独自性を構築してきた PERIPHERY。彼らの素晴らしさはミュージシャンをも唸らせるような複雑でテクニカルな演奏、楽曲ながら、ティーンネイジャーが夢中になるようなキャッチーさやロックの原衝動を兼ね備えている点です。今回はタイトル、ジャケ共にポケモンリスペクトでバリバリにティーンを意識し、さらに勝負を賭けてきていますね。そして勿論、ポケモンを意識してきたというのは 2014 年二度に渡って訪れ最高のパフォーマンスでガッチリとそのハートを掴んだわれわれ日本のファンに対する更なるアピールでもあります。PERIPHERY を支える凄腕ドラマー、MATT HALPERN から日本のファンに向けて独占メッセージを公開します!!

pr10858633_10101837988483325_8869572862384305348_n

続きを読む SPECIAL FEATURE: “JUGGERNAUT ALPHA” “JUGGERNAUT OMEGA” 【PERIPHERY】

WORLD PREMIERE: “YOU KNOW YOU’RE TRAPPED” 【GRORR】


WORLD PREMIERE: NEW SONG!! “YOU KNOW YOU’RE TRAPPED” BY GRORR

FRENCH PROG METAL TITAN “GRORR” WILL RELEASE AWESOME CONCEPT ALBUM “THE UNKNOWN CITIZENS” ON 11/14 FROM VICISOLUM RECORDS !!

gg1236678_10154769920735179_4871802282242723041_n
アートワークや音楽に”和”のテイストを取り入れたエスニックなフランス産プログメタルバンド “GRORR” 。彼らの待望の新作、“THE UNKNOWN CITIZENS” が11/14に VICISOLUM RECORDS からリリースされます。バンドから日本のファンに向けたメッセージと新曲 “YOU KNOW YOU’RE TRAPPED” を世界初公開です!!

全曲先行試聴させて頂きましたが前作ANTHILL” の流れを汲んでさらに発展させたような素晴らしい作品になっていると思います。MESHUGGAH, GOJIRA, DEVIN TOWNSEND, TOOL, KING CRIMSON, DJENT・・・。そういったプログレッシブでインテリジェントなバンド達にエスニックな要素を加えたような音楽はコンセプト作という枠組みの中でさらにその唯一無二感を高めていますね。特に今回提供して頂いた曲はそのアルバム内でも一際輝きを放っていました。まるで読経のようなボーカルラインから東欧の民謡のようなヴァイオリンパートへ突入する様は圧巻でまさに和洋折衷メタル。ぜひ試聴してみて下さい!!

Gra3931617906_2

【ABOUT “THE UNKNOWN CITIZENS”】

The Unknown Citizens :
The Unknown Citizens is based on the poem by W.H. Auden, « the unknown citizens”. He relates the fates of three ordinary citizens. Auden writes « Were they free ? Were they happy ? The question is absurd ; if something was wrong, we would have known for sure ». The album takes a closer look at that question.
The Unknown Citizens is a three-parted concept album. Each part is very different from the two others and has its own atmosphere, its own intruments and its own sound shades. In the end, the sum of these three parts forms a whole.
Each life is composed of three tunes. They tell the three important stages of the life of the character.
First there is « the fighter », a WW1 french soldier. After he fought in the trenches then against his demons, he finally finds peace in the oblivion and in death.After war and destruction comes the generation of « the worker ». He dedicates his life to the rebuilding of the destroyed world and sacrifices his personal goals for the legacy he’s leaving to the next generation.
And finally there is « the dreamer » who was born in a « peaceful and comfortable » world. He’s less worried about material matters, but he has to be careful when he comes back down to earth …
There is this kind of fatality in each of these lives. The thread of their existence is mostly determined by the place and the day they were born.
THE UNKNOWN CITIZENS
“THE UNKNOWN CITIZENS” は W.H.AUDEN の詩『無名の市民』に基づいて製作されました。彼はその詩の中で3人の平凡な市民の運命を関連付けました。彼はこう記しています。『彼らは自由だったのだろうか?彼らは幸せだったのだろうか?そんな問いは馬鹿げている。もしも不都合な点があったとしたら、見逃されるはずはないからだ。』 アルバムはこの問いに着目しています。”THE UNKNOWN CITIZENS” は三部構成のコンセプトアルバムです。どのパートも他のパートとは非常に異なっていて、独自の雰囲気、独自の楽器、独自の色合いを持っています。ただ結局はこれら三つのパートが合わさって全体を形作っているのです。どの章(人生)も三曲から成ります。彼らは人生というものが持つ三つの重要な段階を伝えているのです。最初は”THE FIGHTER”。第一次世界大戦時のフランスの戦士です。壕での戦いの後、彼は意識を失い死への狭間で心の平穏を見つけます。戦争と破壊の後、”THE WORKER” の時代が訪れます。彼は人生を壊された世界の再生に捧げ、栄光というゴールを犠牲にしてまで次の世代へと繋げます。そして最後は”THE DREAMER”。”平和と快適”の世界に生まれた世代。彼は物質的にはあまり心配しなくても良いのですが地に足をつけて生きていく事が非常に難しいのです。どの人生も何かしら不幸を抱えています。ただ人生の在り方がほとんど生まれた場所と日にちによって決まるというだけの話なのです。

gr10355020_10154408467580179_6222901232087377709_n

【MESSAGE TO JAPAN】

For The Japanese’s Fans :
Why do we choice to present a song of the “Worker’s life”, to the Japanese auditors ?  When we first thought about the worker, it remind us the Japanese people who have to rebuilt their country after world war 2. We also decide to make our next stop motion video clip based on “You Know You’re Trapped”, he will be finished around January 2015.
So we hope you’ll enjoy this song, and our new album !! We are very proud of it !! We never went to Japan but it’s a dream to do it one day !! Hope to see you soon, cheers from France !!
Grorr
親愛なる日本のファンへ

なぜ今回日本のリスナーの為に”WORKER’S LIFE” から曲を選んだかって?”WORKER” について考える時まず思い浮かぶのが第二次世界大戦から国を復興させた日本の人たちだからなんだ。同時にこの曲を次のビデオクリップにしようと決めたからでもある。来年の一月には完成するはずだよ。この曲と新しいアルバムを楽しんで欲しいな!!この作品をとても誇りに思っているんだ!!日本には行ったことはないんだけどいつか行くのが夢なんだ!!近いうち会えると良いね。フランスからありがとう!!

GRORR

彼らの人気を高めた傑作アルバム“ANTHILL” と彼らのFBページ、レーベル(このレーベルは良いバンドを多く抱えています)のページです。併せてチェックして下さい!!

gra3781815192_2

http://www.facebook.com/pages/Grorr/292298055178

http://www.vicisolum.com/