タグ別アーカイブ: prog-metal

PICK UP ARTIST + PREMIERE: “MUTE” 【NATIVE CONSTRUCT】


WORLD PREMIERE: NEW SONG !! “MUTE” OF NATIVE CONSTRUCT !!

NATIVE CONSTRUCT, YOUNG TALENTED PROG ACT FROM BOSTON, FINALLY SET TO RELEASE THEIR DEBUT FULL ALBUM “QUIET WORLD” ON 4/21 !!

nc409018_315578131819261_229152017128540_944532_1456997212_n

幾多の名ミュージシャンを輩出してきたバークリーからまたしても素晴らしい才能がデビューします。NATIVE CONSTRUCT。デビュー作にしてかのビッグレーベル METAL BLADE からのリリース。大器の予感は十分です。”MUTE” を聴けば判りますがとてもメタルの枠には収まりきらない情報量、正式にアレンジと作曲を学んだ音楽家らしい緻密に構築された楽曲にオーケストレーション、そして勿論見事な演奏テクニックと全てに圧倒されます。おそらく比較対象としては QUEEN, DREAM THEATER, SYMPHONY X, そして DJENT といったところでしょうがラテン系音楽の影響を多く取り入れているのには唸らされるし、個人的にはオペラやミュージカル、映画のサントラをメタル化したような印象を受けました。長らく出る出る詐欺で待たされたバンドですがこれだけのものを提示されるとぎゃふんの一言ですね。

Fueled by a desire to breathe new life into the modern metal genre, Native Construct artfully blends a wide spectrum of compositional influences, ranging from classical all the way to prog metal and musical theatre. The result is a wonderfully unique sonic texture, made up of extended-range guitars, theatrical vocals, and a full complement of symphonic instrumentation. Guitarist and composer Myles Yang’s passion for innovation, coupled with his extensive academic study of arranging and compositional techniques, makes Native Construct a truly distinctive up-and-coming metal act.

モダンメタルに新しい息吹を吹き込むバンド NATIVE CONSTRUCT。クラッシックからプログメタル、ミュージカル音楽まで幅広い影響を芸術的に作曲に取り入れています。結果、多弦ギター、シアトリカルなボーカル、そして管弦楽のシンフォニーといったものから成る素晴らしくユニークな構成が出来上がりました。

【ABOUT “QUIET WORLD”】

“Quiet World is about a guy who loves a girl. The guy is a bit of an odd and eccentric person – an outcast. He’s also a mute, and a little unstable, as it turns out. The girl doesn’t return his feelings, but he can’t bring himself to let go. As his unrequited passion for her devolves into obsession and eventual resentment, his mind begins to slip further and further away. He convinces himself that he can’t be loved because of his condition and abnormalities. So he decides to create for himself a new, fantastic world of which he has complete control – a world where there are no oddballs or outcasts. A world where everyone is surrounded by people who are just like themselves: a much quieter world.

“QUIET WORLD”は女の子を愛した男の話。男は少し変わっていてエキセントリック。鼻つまみ者だね。彼は口が利けなくて情緒不安定でもある。女の子は彼に振り向かないけど彼は諦める事が出来ないんだ。片思いは募り、やがて強迫観念と恨みがどんどん増していく。そして彼が愛されないのは彼の状態とアブノーマルな性格のせいだと確信するんだ。彼は自分で完全にコントロールできる新くて素晴らしい世界を作ろうと決意する。変わり者も鼻つまみ者もいない世界。全員が彼のように口の利けない静かな世界をね。

nc558751_397062383734200_1636089173_n

“It’s at this point that the first track of the album, “Mute,” begins. And it turns out that many of the subjects of his new world are not as content living this way as he is. In the second track we see a new character, the Archon, rise up and unite his people in the clouds with the once distant people in the sea. He leads an opposition to “Sinister Silence,” as the people come to call him. The rest of the album unfolds with events within the “Quiet World” and manifestations of the enduring struggle between the Archon and Sinister Silence. The lone exception is track number four, “Your Familiar Face,” which steps out of this world for a moment to give a closer look at the events prior to the first track and the tragedy of Sinister Silence.”

そこからアルバムのファーストトラック “MUTE” が始まる。彼の新世界の住人の多くは彼のように生きる事に満足していない事が判ったんだ。2曲目で新しいキャラが登場する。アルコンだよ。彼は立ち上がり雲の中の彼の民とかつて別れた海の中の民を団結させるんだ。彼はシニスター・サイレンスと対立していて、アルバムの残りの部分は”QUIET WORLD” の出来事と、アルコンとシニスター・サイレンスの永続的な闘争についての話。唯一の例外は4曲目の “YOUR FAMILIAR FACE”。”MUTE” 以前の出来事とシニスター・サイレンスの悲劇について注目するため少しの間この世界を離れるんだ。

Quiet World – TRACK LISTING
1. Mute
2. The Spark of the Archon
3. Passage
4. Your Familiar Face
5. Come Hell or High Water
6. Chromatic Lights
7. Chromatic Aberration
NATIVE CONSTRUCT FACEBOOK PAGE
PRE ORDER HERE: METAL BLADE RECORDS

mmmB5dvKwaCcAEznJZPLZ PUSH LIKE! ON OUR FB PAGE!! THX!

PICK UP ARTIST + INTERVIEW 【PRYAPISME】


EXCLUSIVE: SHORT INTERVIEW WITH AYMERIC THOMAS OF PRYAPISME !!

pryapisme-sm

STRAVINSKY MEETS ROCKMAN ?? BLACK METAL MEETS CASTLEVANIA ?? FRENCH EXPERIMENTAL / AVANT-GARDE / ELECTRONICA / METAL BAND “PRYAPISME” RELEASE AWESOME EP “FUTUROLOGIE” !!

pra3473002511_2

フランスの音楽は GRORR, CLEMENTO BELIO, POIL と弊サイトでも取り上げてきましたが、どのアーティストも一癖二癖あってコマーシャリズムよりもアートを優先しているイメージがあります。今回紹介する PRYAPISME もまさにそんな精神を持ったバンドと言えるでしょう。弊サイトの重要なテーマの一つにエクレクティックというワードがあります。様々な影響を取り入れるという意味ですが彼ら程そのテーマにピッタリなバンドもなかなかないでしょう。CHIPTUNE という電子音楽をベースに METAL, JAZZ, CLASSIC, EXPERIMENTAL, AMBIENT, AVANT-GARDE そして民族音楽といった音楽からの影響を取り入れ、新しく衝撃的で実に濃密な世界を構築しています。現代のストラヴィンスキーと表現したくなりますね。今回弊サイトではバンドのメインコンポーザーでドラム、キーボード、クラリネットにプログラミングまでこなす多才な人物 AYMERIC THOMAS に新EP “FUTUROLOGIE” や日本の音楽について話が聞けました。

 【ABOUT PRYAPISMI】

pr10447644_796777813689173_3913307456741979609_n

First of all, thank you for being so enthousiactic about our band !
It is hard to explain our music to be honest. Futurologie is our latest EP after two full-lenght albums, an only 8bit/chiptune EP and an OST for a documentary about a tournament of the game Street Fighter II. The purpose of our music is always to create tracks without any boundaries, just composing things we like : metal, electronic, jazz, classical, world or movies/games-inflenced…

まずは僕たちに興味を持ってくれてありがとう!

正直、僕たちの音楽を説明するのは難しいね。”FUTUROLOGIE” は僕たちの最新の EP なんだ。以前には2枚のフルアルバムと 8bit/chiptune オンリーの EP, STREET FIGHTER 2 トーナメントの OST をリリースしているよ。僕たちの目的は好きな音楽を限界なしで製作する事なんだ。METAL, ELECTRONIC, JAZZ, CLASSICAL, WORLD MUSIC, MOVIE/GAME なんかの影響を受けているよ。

【ABOUT “FUTUROLOGIE”】

Futurologie was composed to be a stand-alone long track, with a bonus full orchestral version. This EP is mostly influenced by movies, it is thought to be some kind of a visual song. Usually, we work with a computer for composition and arrangements and then we learn to play some of the tracks for live shows. We are considered like a metal band cause we have electric guitars and some blastbeats but i don’t think we have a true unique music style. We generally speak about « rococo-core » : it means a style with too many music tags, too many different arrangements, and of course too many notes. But we are not confortable with genres in general. We just play the music we like without thinking too much about a concept.

“FUTOROLOGIE”は1曲の長い曲とボーナストラックとしてそのフルオーケストラバージョンが収録されているよ。このEPは主に映画から影響を受けているんだ。そういう意味では視覚的な曲と言えるかもしれないね。普段はPCで作曲やアレンジをしてその中の何曲かをライブ用に覚える感じだね。エレキギターとブラストビートが入っているからメタルバンドと思われがちだけどそうは思わないな。僕たちは真にユニークな音楽スタイルを持っているよ。よく自称するのが “ROCOCO-CORE” って名称。沢山の音楽タグを持っていて沢山のアレンジが施されていて勿論沢山の音が詰め込まれているスタイルだよ。ただジャンル分けされるのはあんまり好きではないんだ。コンセプトについてはあまり考えすぎず好きな音楽をプレイするだけさ。

【ABOUT JAPAN】

pya1047921022_2

About Japan, we are extremely inflenced by Japanese culture, specially music and movies and obviously video games. We all use to listen to a lot of Koenji Hyakkei and Ruinsfor example. Also electronic artists like Ryoji Ikeda and Masami Akita, or even jazz bands like Soil and Pimp Sessions. I’m also a big fan of Japanese movies : directors like Shozin Fukui, Sion Sono, Katsuhito Ishii, Hitochi Matsumoto and Shinya Tsukamoto… All those directors work without compromises, in an extreme way. The movie « Funky forrest » is a perfect example of what i’m talking about : no boundaries, no limits, the explosion of codes from typical movie genres and also lot’s of poetry and humouristic things… For me, Japan is one the most creative country, and of course Japanese artists never stop to influence us. It was also the case for lot’s of 80’s/90’s videogame musics ( we even have a side project band of covers from various retrogames music ). Our babysitters were Megaman (known as « Rockman » in Japan) and Castlevania and the music from these games is fantastic. That explains the heavy use of chiptune sounds in Pryapisme.
We really hope we can travel to play in Japan one day. It’s a goal to reach for us since the beginning of the band. That and making music for a Japanese project ( film or game ). Maybe one day…
AGAIN, THANK YOU VERY MUCH !!

僕たちは日本の文化、特に音楽や映画、そして勿論ビデオゲームから非常に大きい影響を受けているんだ。例えば高円寺百景や RUINS はみんなよく聴いているよ。同時に池田亮司、秋田昌美といったエレクトロニカのアーティストや SOIL AND PIMP SESSIONS のようなジャズアーティストまで聴いているよ。日本の映画も大好きでね。福井ショウジン、園子温、石井克人、松本人志、そして塚本晋也。彼らの仕事は妥協のない究極のやり方だね。石井克人の”ナイスの森”は僕の話している事の完璧な例だろう。境界も限界もなく典型的な映画のジャンルの枠をぶち壊しているね。詩的でユーモアのある表現も沢山入っている。僕にとって日本は最もクリエイティブな国の一つだよ。勿論日本のアーティストには常に影響を受けているね。80/90年代のゲーム音楽についてもそう。僕たちはサイドプロジェクトでレトロゲームのカバーバンドをやっているくらいだからね。僕たちの”ベビーシッター”はロックマンだったし CASTLEVANIA とかそういったゲーム音楽はファンタスティックの一言だよ。これが PRYIAPISME でチップチューンが多用されている理由なんだ。いつか日本に行って演奏したいね。それがバンドを始めてからの目標だからね。あとは日本の映画かゲームに音楽を提供したいんだ。きっといつかね・・・ありがとう!

 AYMERIC THOMAS

PRYAPISME FACEBOOK
APATHIA RECORDS FACEBOOK PAGE

mmmB5dvKwaCcAEznJZPLZ PUSH LIKE! ON OUR FB PAGE!!

WORLD PREMIERE: “ONE THOUSAND YEARS OF RAIN” “THURISAZ DREAMING” 【ENSLAVED】


WORLD PREMIERE: NEW SONG!! “ONE THOUSAND YEARS OF RAIN” OF ENSLAVED !!

ENSLAVED の新作 “IN TIMES” から新曲2曲目、”ONE THOUSAND YEARS OF RAIN” を公開!!同郷 SHINING の “ONE ONE ONE” にも通じるような HARDCORE的 アグレッションで始まりボグレン印のクリーンコーラス、呪術的シンガロングパートと目まぐるしくも創造性に溢れた一曲です!!

enunnamed

“One Thousand Years Of Rain” is by far the most “mythological” song on the album. As the title are hinting towards, we are not dealing with the most positive
aspects of life here. We are rather dealing with the darker sides of human interaction here, and our tragic ability to destroy everything we are trying to build.
On the other hand, things have to be torn down in order to create something new, so the song is in that aspect, about hope too. Enjoy folks!”
“ONE THOUSAND YEARS OF RAINS” はアルバムで最も神話的な曲だよ。タイトルが示すように、僕たちはこの曲で人生の最もポジティブな側面を扱っている訳ではないんだ。人間間の暗い相互作用について、築いた全てを壊してしまうという悲しい性についての話だよ。ただ一方で、新しいものを築くためには物事を壊さなければならない訳で、この曲は希望の側面もあるって事だね。

GRUTLE KJELLSON

en10494654_10152218312867201_3259074089365064689_n

WORLD PREMIERE: NEW SONG !! “THURISAZ DREAMING” OF ENSLAVED !! 

NORWEGIAN PROGRESSIVE EXTREME METAL BAND ENSLAVED SET TO RELEASE THEIR NEW ALBUM “IN TIME” ON 3/6 !!

esunnamed

ノルウェーのプログレッシブエクストリームバンド ENSLAVED。彼らの新作 “IN TIME” が 3/6 に発売となります。個人的に現在のメタル界で最重要バンドの一つと信じて疑わない訳ですが、今回公開するアルバムからのファーストカット “THURISAZ DREAMING” が期待に違わぬ素晴らしい出来です!!ルーツである凶悪なブラックメタルパートで始まり彼ら特有のメロディックなクリーンボーカル移行、高まるカタルシスと共に荘厳なまでのクライマックスを迎えます。前作 “RITIIR” はメタル史に残る大傑作でしたがこの曲を聴く限りでは “IN TIME” はそれをも上回る可能性がありますね。尚、今回もミックスを JENS BOGREN が担当しています。

es1unnamed

“Finally, the first song from the album is released upon the world! This great lyric video is certainly a good way to present the song and the album. “Thurisaz Dreaming” was the first song to be written for the album, and kept the place as the natural opener for the album all the way throughout the entire making of the album. It leaps out of the speaker and grabs you by the throat – it’s a song that makes you take a stand right there during the first seconds of the album: are you up for the journey?! Of course you are!“

遂にアルバムからのファーストカットが公開されたよ!この素晴らしいリリックビデオは曲とアルバムの雰囲気を如実に伝えている。”THURISAZ DREAMING” はこのアルバムのために最初に書いた曲なんだ。自然とアルバムのオープナーになったし始めから終わりまで全体の雰囲気を伝えているよ。アルバムの最初の数秒で君たちは決断を迫られるだろう。この音楽の旅に出るかい?もちろん出るよね!

 IVAR BJORNSON

enslaved-2

“In Times” will be released on March 06, 2015 via Nuclear Blast! Pre-order the album here: http://smarturl.it/ENSLAVED-InTimes

http://www.enslaved.no | www.facebook.com/enslaved

mmmB5dvKwaCcAEznJZPLZ PUSH LIKE! ON OUR FB PAGE!

PICK UP ARTIST + SPECIAL MESSAGE: INMAZES 【VOLA】


EXCLUSIVE: VOLA’S SPECIAL MESSAGE FOR JAPAN!!

HERE IS NEW PROG STAR FROM COPENHAGEN !! VOLA GIVES YOU REALLY ECLECTIC MUSIC BASED ON GROOVE METAL/DJENT. 

SONY DSC

コペンハーゲンから現れた4人組 VOLA。デンマークは伝統的に芸術性の高いアーティストを輩出していますがこのバンドも実にアーティスティック。プログメタル界のフライングタイガーコペンハーゲンであると断言できます。楽曲の骨格であるギターリフは明らかに MESHUGGAH/DJENT を基にした現代的なヘヴィーグルーヴィースタッフ。しかし肉付けの部分が巷の凡百のバンドたちとは全く趣を異にします。煌びやかなシンセ/ピアノサウンドと甘いボーカルメロディーが70~80年代のプログロック、もっと言ってしまうと STEELY DAN, AIR SUPPLY, TOTO, CHICAGO のような雰囲気を醸し出しまくっているのです。さらに言ってしまうと同郷の MEW のメタル版といった感覚もありますね。マスタリングをあのイェンス・ボグレンに依頼し、デンマークの芸術家が手掛けたという前衛的なジャケットやアー写からも彼らが既存のメタルの枠を壊して RULE THE WORLD しようと意気込んでいるのが痛いほど伝わりますし、そうなる予感とポテンシャルは十分です。

vo1888478_10153933687725054_445414180_n

VOLA’s music exists in a borderline area of rock, that is as high-flying and melodically fulfilling as it is itchy and heavy. The band forms quirky trails of distorted bass and guitars, entangling synth lines and constantly groove-driven drums that play up against wide vocal harmonies and deep-blue-textured electronica.

voa4138172011_2

【MESSAGE FOR JAPAN】

Hello Japanese music fans! We are VOLA, a band from Copenhagen, Denmark, who have just released the debut album “Inmazes”. In short Inmazes deals with the subject of being trapped inside a mental maze. We have created 10 songs around this theme, which musically are products of our varied inspirations ranging from 70’s progressive rock to present day electronica, industrial and even extreme metal. We hope that you will enjoy what you hear! We would love to come to Japan and play, so be sure to spread the word about our music if it appeals to you.

日本の音楽ファンの皆さん、こんにちは。僕たちはデンマーク、コペンハーゲン出身の VOLA というバンドだよ。ちょうどデビューアルバム “INMAZE” を発売したところなんだ。簡潔に言うと、 “INMAZE” は精神的な迷宮に囚われてしまう事について扱っているよ。このテーマに沿って10曲作ったんだ。音楽的には70年代のプログロックから今日のエレクトロニカ、インダストリアル、そしてエクストリームメタルといった幅広い分野からインスピレーションを得て完成したね。楽しんでくれたらいいな!ぜひ日本でライブをやりたいからもし気に入ったらぜひ僕たちの音楽を広めて欲しいよ。

VOLA

vo393168_10150925825075054_818734913_n

volaa2055760116_2

VOLA FACEBOOK PAGE

mmmB5dvKwaCcAEznJZPLZ PUSH LIKE! OUR FB PAGE!

FULL ALBUM STREAM: “Ⅸ – EVERYONE, EVERYTHING, EVERYWHERE, END” 【SHINING】


FULL ALBUM STREAM: “Ⅸ – EVERYONE, EVERYTHING, EVERYWHERE, END” OF SHINING !!

WORLD PREMIERE: NEW SONG!! “VILJA & DROM” OF SHINING !!

THIS IS THE NIKLAS KVARFORTH’S MUSICAL EVOLUTION AND EXPERIENCE SO FAR! SWEDISH SHINING RETURN WITH THEIR NINTH RECORD “Ⅸ – EVERYONE, EVERYTHING, EVERYWHERE, END” ON 4/20!!

snKvarforthPromo2

先日初来日を果たしたスウェーデンの所謂 SUICIDAL BLACK METAL、SHINING。ディプレッシブとプログブラックのちょうど中間のような物哀しく知的な音像はここ日本でもファンが多いですね。意外にツインリードなんかはメタルメタルしてて聴きやすかったりもしますが何と言っても狂気をはらんだ天才、NIKLAS のロッカーとしてのカッコよさ、刹那な雰囲気が彼らを唯一無二のバンドにしている気がします。今回弊WEBZINEでは 4/20 にSoMから発売される新作 “Ⅸ- EVERYONE, EVERYTHING, EVERYWHERE, END” からコロコロと猫の目のようにその展開を変える素晴らしい新曲 “VILJA & DROM” を世界初公開致します!!

SOM350-Shining-500X500px-72dpi-RGB

His ninth album, ‘IX – Everyone, Everything, Everywhere, Ends’ is another excellent example of Niklas’ genius. Reaching back to their black metal roots, SHINING simultaneously melt eclectic influences from progressive rock, jazz, even pop and more into deeply emotional laments from the dark side of the soul. Niklas’ vocals come in an even greater variety of expressions which few would suspect in a singer coming from the extreme metal scene. 

新作は彼らのブラックメタルのルーツに立ち返りながらもプログロック、ジャズ、ポップでさえも取り込んで魂のダークサイドに深く、エモーショナルに語りかけるような作品になるそうです。二クラスのボーカルもとてもエクストリームメタルとは思えないほどに表現力を増しているようですよ。


www.facebook.com/shiningofficial
www.facebook.com/seasonofmistofficial
http://shop.season-of-mist.com/predefined-search?id_list=90

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BLACK CROWN INITIATE : THE WRECKAGE OF STARS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH NICK SHAW OF BLACK CROWN INITIATE !!

bc10612556_369533619868283_2354042432920780802_n

“THE WRECKAGE OF STARS” IS ONE OF THE MOST IMPORTANT MODERN METAL ALBUM. YOU WANT TO KNOW WHAT’S FUTURE OF METAL, LISTEN THE AWESOME ALBUM !!

デビュー EP “SONG OF THE CRIPPLED BULL” で US 産バンドとは思えないような叙情性溢れるプログデスサウンドを聴かせ、界隈に衝撃を与えた BLACK CROWN INITIATE 。彼らが 1st アルバム “THE WRECKAGE OF STARS” を発表しました。EP では乱暴に言えば OPETH と DJENT を足してノルウェーに移住させたような音楽を提示していましたが 1st フルでは少し音楽性に変化が見えます。具体的には THE FACELESS, FALLUJAH といった TECH-METAL に近づきましたね。ただ例えば OPETH, EXTOL, GOJIRA, BEHEMOTH といった欧州からの影響は未だに顕著で、さながらアメリカから欧州への回答といった雰囲気を感じさせます。特にクリーンボイスがカットインする際の世界の変わり様には目を見張るものがありますね。今回、弊サイトでは以前インタビューを掲載したマスロックプロジェクト INVALIDS でもベースをプレイする NICK SHAW に話を聞く事が出来ました。

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【BLACK CROWN INITIATE : THE WRECKAGE OF STARS】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SHATTERED SKIES : THE WORLD WE USE TO KNOW】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH IAN ROCKETT OF SHATTERED SKIES

ss10565049_308246349348546_7947444784734572223_n

“THE WORLD WE USE TO KNOW” CHANGES OUR MUSICAL WORLD  WE USE TO KNOW!! IRISH PROG METAL BAND SHATTERED SKIES IS READY FOR RULE THE WORLD !!

アイルランドの4人組プログメタルバンド SHATTERED SKIES の新作 “THE WORLD WE USED TO KNOW” が非常に素晴らしい出来です。正確にはこの PV, “THE END AND THE REBIRTH” を見た瞬間からすっかり魅了されてしまいました。北海道ギターを振りかざしピックをほぼ使用せずスラップとタッピングで DJENTY なフレーズを紡ぎ出す IAN のプレイと、オーセンティックでフック満載な SEAN のボーカル。一見ミスマッチにさえ思えるこの2つが絶妙に調和しモダンなプログメタルの新しい形を投げかけています。例えば最近の DREAM THEATER が選択している方法論を一歩進んで体現出来ているようにも感じました。今回弊サイトではバンドの中心人物 IAN ROCKETT にインタビューを行う事が出来ました。尚、 IAN はバンドの音楽の肝であるキーボードも兼任しています。

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SHATTERED SKIES : THE WORLD WE USE TO KNOW】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【ANGRA : SECRET GARDEN】


EXCLUSIVE !!! INTERVIEW WITH KIKO LOUREIRO OF ANGRA !!!

ag10906094_10152654634507252_6756645854000744304_n

BRASILIAN GUITAR VIRTUOSO, KIKO LOUREIRO TALKS ABOUT ANGRA’S NEW ALBUM SECRET GARDEN, NEW SINGER AND MORE !!

紆余曲折。ブラジルが誇るナショナルトレジャー、 ANGRA 通算8枚目のアルバム SECRET GARDEN はかなりの難産でした。まずオリジナルボーカルでカリスマ的存在だった ANDRE MATOS の後を引き継いで見事にバンドを再生させた EDU FALASCHI が脱退。バンドの歴史の大半在籍した名ドラマー/パーカッションの達人 RICARDO CONFESSORI も脱退。後任としてライブ参加からなし崩し的にあのミスターメロスピ、FABIO LIONE をメンバーに引きずり込み、ギターの RAFAEL, EPICA の SIMONE, DORO PESCH 姉さんといったゲストボーカルの力も借りつつなんとか完成に漕ぎ着け日本先行で発売されました。内容は微塵もそんなゴタゴタを感じさせない充実度です。実際オリコンチャートでも初登場7位を記録!このバンドの肝はやはりメロディー。ボーカル、ギターフレーズ共に前作よりも良いと思いました。勿論彼らならではの技巧、知識を生かしたインテリジェンスも以前より比較的シンプルながら効果的です。日本でも多くのギタリストに崇拝される天才ギタリスト KIKO LOUREIRO が忙しい中、少しですが新作について語ってくれました!!どうぞ。

ag10393177_791065430933665_7315849728479135953_n

【SECRET GARDEN】

ag10384846_876311909075683_1772308504592568955_n

Q1:  “Secret Garden” has just launched only in Japan !! How are you feeling now?

【KIKO】: It is always a great feeling to complete an album. It’s a lot of work to compose and record.  Now  I have a great expectation to hear what the fans will say. We are trying different elements on this album and I’m very curious about  the feedback we will get.

Q1: “SECRET GARDEN” が日本先行リリースされましたね。どんなお気持ちですか?

【KIKO】: アルバムを完成させるのはいつだって最高だよ。作曲やレコーディングに多くを注ぎ込む訳だからね。今はファンからの反応が楽しみで仕方がないよ。このアルバムでは違ったエレメントを試したしフィードバックには本当に興味があるんだ。

Q2: At first, Fabio Lione join the band. Why did Angra choose him? And do you think that is right decision so far?

【KIKO】:  It was a natural choice.  Great singer and great person . Also very experienced to work and tour with.

Q2: FABIO LIONE がバンドに加わりましたね。なぜ彼を選んだのですか?今のところ上手くいっていますか?

【KIKO】: とても自然な決断だったよ。偉大なシンガーで偉大なボーカル。共に働きツアーを行うに充分の経験も積んでいるからね。

ag1958026_837940746246133_5706682651744628069_n

Q3: Speaking of vocal, this album has lots of singers. Simone Simons of Epica, Doro Pesch, and Rafael are singing. Why?

【KIKO】: Rafael had the dream to sing in an Angra album. Why not after so many years? He has a great voice and deserves to fulfill his dream. On Temple of Shadows we had some guests too and we liked   how it come out so this time We wanted to  invite great singers again.

Q3: ボーカルと言えば今回は EPICA の SIMONE SIMONS, DORO PESCH, そして RAFAEL も歌っていますね。

【KIKO】: RAFAEL は ANGRA のアルバムで歌うのが夢だったんだ。なぜこんなに長い年月掛かったのかって?彼は素晴らしい声を手に入れたから夢を叶えるに値するんだよ。”TEMPLE OF SHADOWS” でも何人かゲストに来てもらって気に入ったから今回も偉大なシンガー達を招いたのさ。

Q4: Anyway, “Secret Garden” is one of the best album of Angra. Everything we want is in it. Beautiful melody, progressive aspect, and AWESOME your shredding guitar !! Is this a conceptual album? Which song do you most proud of?

【KIKO】: I always think about the whole processes and the whole work, not in a single song. I really like the final result but  the judgment has to come from the fans. They will tell us if we went to the right direction or not.

Q4: “SECRET GARDEN” は ANGRA の作品でもベストなアルバムの一枚ですね。美しいメロディー、プログの要素、勿論あなたのシュレッドも最高です!!特に気に入っている曲はありますか?

【KIKO】: 僕はいつも曲単位ではなくプロセス全体、作品全体で考えるようにしているんだ。本当に仕上がりには満足しているけど判断はファンによって下されるべきだからね。彼らが正しい方向に進んでいるのかそうでないのか教えてくれるだろう。

ag544951_852531051453769_6637062264442731392_n

Q5: Do you think Jens Bogren is one of the reason that “Secret Garden” become really masterpiece?

【KIKO】: Everyone has a role in producing the album. Composers,  musicians , management, Roy Z and Jens. Definitely Jens was very important for the quality of the songs and album.

Q5: JENS BOGREN の関与は吉と出たようですね。

【KIKO】: このアルバムの製作陣は全員役割を果たしたね。コンポーザー、ミュージシャン、マネージメント、ROY Z に JENS。確実に JENS の存在は曲、アルバムのクオリティーにとって非常に重要だったよ。

【MESSAGE FOR JAPAN】

Thanks a lot !! Also we are looking forward to Japan tour 2015 !! Message for Japan, Please !!

ag10600587_837940666246141_1445725737666755208_n

We all love to go to Japan.  I’m counting the days to go! Looking forward to meet Japanese fans, play for this beautiful crowd, walk on the streets eat the great food, enjoy the country and learn more from such an incredible people Thanks a lot!! Kiko

ANGRA は日本に行くのが大好きなんだ。指折り数えて待っているよ!日本のファンに会って、美しい観衆のためにプレイし、日本をエンジョイしてみんなから色々学ぶのを楽しみにしているよ。どうもありがとう!!

KIKO LOUREIRO

<ANGRAジャパン・ツアー2015>

2015年5月18日(月) 大阪 BIGCAT 2015年5月19日(火) 名古屋 クラブクアトロ 2015年5月20日(水) 東京 Shibuya TSUTAYA O-EAST 2015年5月21日(木) 東京 Shibuya TSUTAYA O-EAST [問]クリエイティブマン http://www.creativeman.co.jp/artist/2015/05angra/

ANGRA FACEBOOK PAGE

DISKUNION: SECRET GARDEN

mmmB5dvKwaCcAEznJZ
PLZ PUSH LIKE! OUR FACEBOOK PAGE!!

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【NE OBLIVISCARIS : CITADEL】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH TIM CHARLES (VIOLIN/CLEAN VOCAL) OF NE OBLIVISCARIS !!

noNe_Obliviscaris_CITADEL_1_2(c)Svartwerk

AUSTRALIAN PROG METAL BAND, NE OBLIVISCARIS WILL COME TO JAPAN IN JUNE !! DON’T MISS THEIR BEAUTIFUL MELODY, INTELIGENCE SOUND, AND AWESOME PERFORMANCE !!

2012年にデビュー作にして傑作、”PORTAL OF I” で彗星の如くシーンに登場したオーストラリアのプログメタルバンド NE OBLIVISCARIS。彼らの勢いは止まる所を知りません。2013年には早くも日本ツアーを成功させ、昨年は 2nd アルバム “CITADEL” をリリース。一部で「舌出る」と呼ばれ親しまれたこの作品、2枚目のジンクスなどどこ吹く風で弊サイトのリーダーズポールでも上位に入った他、海外の権威あるFBのライク何万系のサイトでも軒並み高評価を獲得しました。彼らの素晴らしさはまず楽曲が10分を超えても決して長いと思わせないその構成力。クリーンボーカル、ヴァイオリンを駆使した静と動の駆け引きにメロディーの素晴らしさが相俟って唯一無二の世界観を構築しています。加えて時折顔を覗かせる DJENT やモダンでアトモスフェリックなプログメタルからの影響が白眉で、時代の寵児感と舌が出まくっていますね。6月に行われる2度目の来日公演は見逃せないものになるでしょう。海外の権威あるFBのライク何万系サイトからの取材が殺到したため掲載が遅れてしまいましたが(これはマジです)バンドの要、ヴァイオリン/クリーンボーカルの TIM CHARLES です。どうぞ。

no10605995_10152592277479898_6748307934585965047_n

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【NE OBLIVISCARIS : CITADEL】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SKYHARBOR : GUIDING LIGHTS】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH KESHAV DHAR OF SKYHARBOR

INDIA BASED SUPER PROG/DJENT BAND SKYHARBOR RELEASED THEIR AWESOME NEW ALBUM “GUIDING LIGHTS”!!

Skyharbor042_1

インドの新鋭、DJENT/PROG 界期待の星、SKYHARBOR が待望の 2ND ALBUM “GUIDING LIGHTS” を BASICK RECORDS からリリースしました。 先日レビューにも綴りましたが DANIEL TOMPKINS が正式に加入、バンドも固まって DJENT とアトモスフィアを融合させた POST-DJENT という方向性が明確に定まったモダンメタルの大傑作だと思います。バンドの中心人物の一人 KESHAV DHAR にインタビューを行う事が出来ました。”GUIDING LIGHTS” を紐解き、さらに良く理解するためにぜひ読んでみて下さい。どうぞ。

sha3919737527_2

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SKYHARBOR : GUIDING LIGHTS】