タグ別アーカイブ: Modern Prog

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【EARTHSIDE : A DREAM IN STATIC】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH BEN SHANBROM OF EARTHSIDE !!

10593116_525432327601648_3944837810363086300_n

Incredible New Commer from US!! EARTHSIDE create dramatic “Cinematic Rock” with Orchestra. “A Dream In Static” is one of the important release on 2015 !!

モダンプログシーン、上半期のブライテストホープが NATIVE CONSTRACT だとしたら下半期は間違いなく彼らでしょう。”Cinematic Rock” を指標する期待のUS産4人組 EARTHSIDE がデビュー作 “A Dream In Static” をリリースしました!
実は BUSHWHACK という Post-Djent を掲げていたバンドを母体とするバンド。メンバー全員が音楽の学位を持っているという驚くべき背景を元に、持てる知識と創造性を全て注ぎ込んだ非常に野心的なアルバムです。フックに満ち、カラフルでストーリーを感じさせる作風は、まさに彼らが掲げる”映画”をイメージさせますね。
まず言及すべきはアルバム2曲目の “Mob Mentality” でしょう。なんとモスクワスタジオ交響楽団、つまりオーケストラが楽曲に全面参加しているのです。勿論、オーケストラを起用したロック/メタルバンドはこれまでにも少なくありませんが、メタルの楽曲にチョロっとストリングスを加えたといった程度の生ぬるいものが多かったように思います。彼らのやり方はそれとは根底から異なっており、まずオーケストレーションありきのコンポジションなため、圧倒的な構成力と生き生きとした生楽器の演奏を楽しむことが出来ますね。
EARTHSIDE はこのデビュー作で4人のシンガーを起用しています。”Mob Mentality” では SEVENDUST の Lajon Witherspoon が参加しているのですが、ソウルフルに歌い上げる彼のスタイルが見事にハマッています。他にも TesseracT の Dan Tompkins, SOILWORK の Bjorn Strid, FACE THE KING の Eric Zirlinger といったジャンルもカラーも異なる実力派シンガーたちを適材適所に起用し、様々な”色”を感じさせる作品に仕上げています。
音楽的には、Djent/モダンプログを柱としながらも、アトモスフェリックなポストロックから TOOL 的マス/オルタナティブ、モダンなメロディックデスメタルの要素まで幅広く、彼らのやり方で見事に取り込んで、新しいジャンル “Cinematic Rock” を生み出したとさえ言えるのではないでしょうか?ポストプログ/Djentの雄、 TesseracT を大仰にドラマティックにしたようなサウンドだと感じる人もいるでしょう。KARNIVOOL や TEXTURES のように洗練された繊細なイメージを持つ人もいるでしょう。
ストックホルムまで出向いて Jens Bogren + David Castillo というモダンメタルシーン最高最重要レコーディングチームと制作したことも大吉でしたね。彼らと組むことでさらに最新のメタル/プログを色濃く反映した傑作 “A Dream In Static”。 今回弊誌ではバンドのソングライター/スポークスマンにして驚異的なドラマーでもある Ben Shanbrom に話が聞けました。どうぞ!!

11887882_725603900917822_4648080240917460334_n

MMM RATING

EARTHSIDE “A DREAM IN STATIC” : 9,8/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【EARTHSIDE : A DREAM IN STATIC】

NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SCALE THE SUMMIT : V】


EXCLUSIVE: INTERVIEW WITH CHRIS LETCHFORD OF SCALE THE SUMMIT !!

11075167_567170806718837_5895959050362557921_n

HUSTON’S INSTRU-METAL MAESTRO, SCALE THE SUMMIT HAS JUST RELASED MELODIC, CATCHY, TECHNICAL, AND PROGRESSIVE RECORD “V” !! IT MUST BE REMAINED IN INSTRU-METAL HISTORY!!

ANIMALS AS LEADERS の登場でにわかに注目を集めるようになったモダンプログシーンのインストゥルメンタル部門。彼らの音楽は非常にテクニカルでありながら耳を捉えて離さないキャッチーさも共存していて、それが DJENTY な新しさも伴って人気を集めているのだと思います。今回取り上げる SCALE THE SUMMIT はそういったバンドたちの先駆け的存在です。結成は2004年ですからもう10年選手。2009年には MIKE PORTNOY に認められ DREAM THEATER の PROG NATION ツアーに招かれるなど、4枚の作品をリリースし徐々に人気を高めて来ましたが、記念すべき5作目の新作、その名も “V” が遂にリリースされました!内容的には成功を収めた “THE COLLECTIVE” のメロウでダークな雰囲気と前作 “THE MIGRATION” のメジャー感、プログレッシブさを併せ持ったような作品に仕上がったと感じました。確実にキャリアで最も優れたレコードでしょう。アルバムの大半はヘヴィーでグルーヴィーな演奏に CHRIS LETCHFORD と TRAVIS LEVIER の時にメロディアスで時に驚異的なシュレッドが乗るというスタイル。AAL ほど DJENTY ではなく、CYNIC, DREAM THEATER のようなプログメタルらしい雰囲気も多分に残しているのがポイントです。ただ、このレコードを傑出した出来にしているのは、”SORIA MORIA” と “OORT CLOUD” の2曲です。AAL のデビュー作にも “SORAYA” というメロウでアダルトな魅力を持った1曲が収録されていましたが、まさにそういった役割を果たす優れた2曲です。CHRIS は昨年 “LIGHTBOX” という味わい深いジャズ/フュージョン寄りのソロ作品をリリースしましたがその影響もあるのでしょうか。実に良いアクセントになっていますね。優れた楽曲群の中でも “PONTUS EUSINIS” はヘヴィーなグルーヴとメロウさ、そして複雑な構成を巧みに合わせ込んでいて、今後の彼らにとっても重要な意味を持つ1曲のような気がします。とにかく、表情豊かで聴き所が満載のギタープレイ、楽曲が見事で”インストゥル-メタル”アルバムということを忘れるくらいエモーションに満ちていますね。今回弊誌では、バンドの創立メンバーでモダンプログ界隈で最も注目されるギタリストの1人 CHRIS LETCHFORD にインタビューを行うことが出来ました。8歳からギターを始め、MIとバークリーで学んだ秀才です。エンドース契約を結んでいる新進気鋭のヘッドレスギターメーカー STRANDBERG の使い手としても知られていますね。どうぞ!!

YOU CAN STREAM AND BUY “V” HERE !!

11836668_614796118622972_2051705542921482481_n

MMM RATING⭐️

SCALE THE SUMMIT “V” : 9/10

続きを読む NEW DISC REVIEW + INTERVIEW 【SCALE THE SUMMIT : V】